プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

「せーので測ろう! 別府市全域温泉一斉調査」参加レポート

 

 

「せーので測ろう! 別府市全域温泉一斉調査」

参加レポート

 

 総合地球環境学研究所(京都市)主催の第二回「せーので測ろう! 別府市全域温泉一斉調査」が、平成29年11月18日(土)に全国から地球環境問題の研究者を集め、温泉愛好家の協力の下に行われました。

 今季一番の寒気の襲来で由布岳・鶴見岳は初冠雪をまとい、時折、小雨交じりの肌寒い一日でしたが、集合時間の午前9時には総勢50名の参加者が、別府市中央公民館一階講座室に勢ぞろいしました。


 本調査の案内パンフレットには、「別府市の生活や観光に欠くことの出来ない温泉。湯量や泉質はもちろん、温度も大切なポイントです。湯のまち別府の「財産」をしっかりと運用・管理するためには、継続的に記録を取りながら変化の有無を確かめることが重要です。一緒に温泉の科学とフィールド調査を体験しませんか。」と、その趣旨が記載されています。

 

 11に分けられた各班でメンバーの自己紹介の後、今日の調査源泉の場所を確認し、事務局からの調査に当たっての注意点を確認したうえで、市内各所に向かって出発しました。




 我が6班は、「別府温泉地球博物館」の由佐館長を班長とし、薬剤師会の宮川さん、東京都市大学馬場研究室の3年生の伊藤君と國井さんの総勢5名です。

 6班の調査源泉は、ジモ泉共同浴場の「吉弘第二温泉」、宿泊施設の「別府パストラル」と、石垣東の個人宅、上人南の個人宅の4カ所です。

 まずは「吉弘第二温泉」を目指しますが、事前に配られた地図の読み方が悪いのか、目的地になかなか到着できません。通行中の方にお尋ねると、すぐそこだったのですが、ジモ泉のため表に看板などもなく、冷や汗をかいてしまいました。浴舎に入るとご老人がお一人で入浴中、ご挨拶をして採湯させていただきました。ここは今年新たに加わった調査源泉のです。ちなみに温泉名は近くにある戦国時代の大友宗麟配下の名将「吉弘統幸」を祀る吉弘神社に由来するようです。

 2番目の調査地点は上人南の個人宅です。ここは昨年も調査させていただいた所で、個人宅8軒が共同で所有されています。車も入れない狭い路地の奥に貯湯タンクがあり、直下の源泉から63.3℃(昨年の観測では63.7℃)の弱アルカリ性単純泉が、地下250mから汲み上げられています。人懐っこい白いワンちゃんが我々を歓迎してくれました。


 由佐先生と私が計測し、宮川さんが調査結果を報告用紙に記入、WEBでの本部への報告は学生の伊藤君がテキパキとやってくれます。國井さんも器具や容器をタイミングよく渡してくれ、チームワークもばっちりです。

 次は石垣東の個人宅で、宅地の奥まった場所に独立した浴舎がありました。1m×1mぐらいの小さく深い浴槽で、浴槽への注ぎ口で測定しましたが、昨年が55.5℃で今年は46.2℃は測定に誤差が生じているのかもしれません。所有者の方にお話を伺っていたら、おばあちゃんが突然、由佐先生を「ブラタモリに出ちょった人やなぁ」とおっしゃいました。さすがは人気番組と感心した一幕でした。この時点で11:30を過ぎていましたので、急いで次の場所に向かいました。

 最後は東荘園の「別府パストラル」で、ここは今年から調査地点に加わった宿泊施設です。フロントの担当の方にご挨拶すると、メンテナンスを請け負っている会社の方を呼んで下さいました。温泉棟の隣に大きな貯湯タンクがあり、2本の自家源泉の湯をここで混合して、浴槽に流しているとの事でした。分析書によれば「ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉、51.2℃、PH8.0、成分総量1253㎎」ですが、この日の測定温度は47℃ぐらいでした。


 横浜からわざわざ手伝いに来てくれた若い2人のリクエストで、大分名物のトリ天定食の昼食を取って、公民館にもどり電気伝導率の測定を行いました。いずれも150ms/前後で、成分量の少ない泉質であることが確かめられました。

 

 午後からは主催者の総合地球環境学研究所の遠藤 愛子 準教授の挨拶、別府市副市長の阿南寿和氏の挨拶に続き、由佐先生の「別府温泉の源(もと)」と題するご講演を拝聴しました。次に大分県生活環境部保護推進室の担当者による「温泉資源監視基礎調査事業の概要」に関する説明と、3地点のモニタリング状況の推移の報告がありましたが、この担当者は……。


 最後に龍谷大学の山田講師より、今回の調査結果の速報報告がありました。その中で、温泉井戸の水深と温度、泉質の分布を示す3Dグラフが興味深く、今後のためにも「深さ」の視線は重要だと強く感じました。


 最後に夜の懇親会での、九重町の温泉湧出量は数年後には、別府市を抜く事になるという驚愕の話題を聞きました。平成28年3月末の県の統計では、別府市が87,347㍑/分で、九重町が83,742㍑/分で、すでに由布市を抜き、別府市に肉薄しています。現時点で地熱発電のために九重町に届出が出されているのは、資源調査段階にあるもの5件、掘削段階にあるもの6件、発電所建設段階にあるものが2件となっていました。

 地熱発電で利用されるのは熱水ではなく、噴気です。未利用の熱水を地中に戻すなどの対策を講じて、温泉資源の枯渇などという憂慮すべき事態にならないことを願うばかりです。そして、今回の調査の様な、継続的なモニタリングを通じて、温泉資源の保護対策を実施しなければならないと思います。



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府明礬温泉 湯屋えびす - 写真展「猫べっぷ展」会場の白濁硫黄泉

 

11-25

965

別府八湯温泉道

No.65

明礬

湯屋えびす

 

写真展「猫べっぷ展」会場の白濁硫黄泉

 

平成29年11月19日訪問


前夜は車を置いて帰宅したので、翌朝JRで別府駅まで来て、その足で明礬のここを訪ねた。前夜の冷え込みで鶴見岳は初冠雪をいただき、明礬界隈は真冬さながらの冷え込みだ。

写真展「猫べっぷ展」の3つ目の会場で、看板猫ライムの特製スタンプをゲットしようとの目論見だ。3階の休憩室には九州各地の温泉の看板猫の写真が展示され、朝日の差し込む明るい部屋はほっこりとした気配に包まれている。


ここの男湯は奇数日が2階の内湯「石の小道と癒しの洞窟」で、こんな日はむしろありがたい。開湯早々とあって数人の同浴者があるだけで、つまりは貸し切り状態だ。


PH2.8の酸性硫黄泉で、舌にかなりの酸っぱさを感じるはずだが、この日はそれほどの刺激はなく香りもマイルドなのは、時間帯的に噴気による成分の溶け込みがまだ少ないためだろうか。


明礬で唯一の市営温泉の鶴寿泉が一時休業となって随分になる。これまでも湯量や湯温の低下で何度となく休業してきた。明礬地区は自然湧出泉が原則で、新規の温泉掘削が禁止されているのだから、噴気造成泉に切り替えるなどの抜本的対策に切り替えるべき時期に来ているのかもしれない。

単純酸性硫黄泉(硫化水素型)、64.5℃、PH2.8
溶存物質計587mg10L/min(自然湧出) 、
弱白色、弱混濁、強硫化水素臭

¥700

(割引券利用)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府鉄輪温泉 鬼石の湯 - 「鉄輪」の地名の由来の一つに、金輪奈落(地獄)がある

 

11-24

964

別府八湯温泉道

No.125

鉄輪

鬼石の湯

 

「鉄輪」の地名の由来の一つに、
金輪奈落(地獄)がある

 

平成29年11月18日訪問


「別府市全域温泉一斉調査」の終了後、懇親会の開始まで3時間ほどの時間があったので、ここで温まる事にした。午後4時を回った時間で混み合うかと思ったら、数人の先客があるだけで、ゆったりとお湯を味わえる、のんびりとした様子だった。


2階の露天風呂からは源泉のセパレーター(気水分離装置)が目前に見えるが、シューシューという音と共に大量の噴気が空に立ち上っている。ここの湯は弱酸性の塩化物泉で、弱い金気味があり、典型的な鉄輪の湯といえる。残念ながら加水があるようで、分析表どおりの個性は感じられない。


「鉄輪」の地名の由来の一つに、「仏教の宇宙観で説く地獄は地の下。そこに金輪奈落(地獄)があると考える。金輪際という言葉があるように、そこは世界の果て。 その金輪(おおいた遺産HPより)」からとの説があり、地獄との関連で捨て難い説ではなかろうか。

ナトリウム-塩化物泉、88.6℃、PH3.2、成分総量4896㎎、
無色・澄明・弱金気味・弱塩味・無臭 H24.3.23 
加水、メタケイ酸619.0

¥400

(名人会割引)



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府温泉 「油屋ホテル」手湯 - 熊八像と駅前手湯が現代美術の作品に

 

11-23

963

別府八湯温泉道

臨時

別府

「油屋ホテル」手湯

 

熊八像と駅前手湯が現代美術の作品に

 

平成29年11月12日訪問


別府駅前に現在美術家の西野達氏による「油屋ホテル」という作品が展示されている。これは現在美術フェスティバルの「混浴温泉世界」の後継企画として誕生した、「in BEPPU」のという別府市を舞台に開催する個展形式の芸術祭の出品作だ。

今回の作品について西野氏は、「メイン作品の1つ『油屋ホテル』は現代の別府の基礎を作った油屋熊八をモチーフに、ひいては別府の歴史を具現化しようとするホテル型作品です。JR別府駅前の油屋熊八のモニュメントをレセプションで宿泊客を迎える像として作品に取り込み、同じく別府駅前の手湯を露天風呂に転化し、113年続いた別府の老舗『花菱ホテル』の客室の備品などを活用して寝室を再現します。」と述べている。


期間中、この手湯が温泉道の臨時施設となり、特製スタンプが押せると聞き訪ねた訳だ。無色透明の湯で、露天風呂というにはかなりぬるいようだった。



ナトリウムー塩化物・硫酸塩温泉、44.2℃、ph6.8、成分総計1,393mg

¥0


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府温泉 べっぷ野上本館 - 別大電車と発電所の歴史

 

11-22

962

別府八湯温泉道

NO.33

別府

べっぷ野上本館

 

別大電車と発電所の歴史

 

平成29年11月12日訪問


次は同じく「第二回猫べっぷ展」の会場となっているこちら。2階のロビーが会場となっており、ネコサファリで出会った猫たちの写真が展示されていた。

浴槽には無色透明で柔らかな肌触りの重曹泉が掛け流されており、旧別大電車の敷石で作られた「鍾乳の滝」がその威容を見せていた。今は湯が流されておらず残念だ。



 

別大電車は明治33年に豊州電気鉄道により、別府町~大分町間(7.7km)の、全国で5番目の路面電車だ。同時に電力を賄うための発電所が別府市中浜(現在のゆめタウン前のローソンの場所)に建てられ、明治37年には別府町・浜脇町に電灯および電力供給事業を開始したという。明治39年には大分水電㈱を買収し、明治43に豊後大野市に沈堕発電所を完成させ、別府に次いで大分町にも電灯電力を供給した。このため、雪舟が水墨画を残した「沈堕の滝」は、一次往時の景観を失う事となったという来歴がある。

ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉、55.8℃、PH7.2、成分総量1225㎎、無色・澄明・無味・無臭、H15.11.4

¥0(七段無料券)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行