プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

じんわり温泉道 硫黄泉

硫黄泉
【この記事は勤務先の社内HPに投稿したものを転載しました。】

「じんわり温泉道」の第18回は「硫黄泉」です。
 温泉水1㎏中に総硫黄(遊離硫化水素
(H²S)、硫化水素イオン(HS)、チオ硫酸イオン(S²O₃²⁻)の総和)を2㎎以上含有するものを「硫黄泉」といいます。温泉成分の残存物質総量が1g未満の場合は「単純硫黄泉」となり、1g以上の塩類泉の場合は「含硫黄-XXXX塩泉」と表記されます。また、総硫黄のうちに遊離硫化水素が主成分になる場合は泉質名の後に「(硫化水素型)」と附記する事になっています。温泉地を尋ねると独特の臭いが漂っていますが、これが硫化水素の香りで、「ゆで卵の(腐った)臭い」とも言われます。よく茹でられた卵の黄身の表面が黒ずんでいる事がありますが、白身の硫化水素と黄身の鉄分が反応して硫化鉄が出来た事により、温泉と同じ臭いに感じられるといわれています。

代表的な温泉地として、青森の酸ヶ湯温泉、群馬の草津温泉、静岡の箱根温泉、大分の別府明礬温泉がよく知られています。

 

最初に紹介するのは、長崎県雲仙市の雲仙温泉「雲仙いわき旅館」です。雲仙温泉は1934(昭和9)年に日本で初めて国立公園に指定され、そのため温泉の採掘が厳しく制限され、今でも地獄の源泉を引く旅館・ホテルがほとんどです。

「雲仙いわき旅館」は雲仙地獄のすぐ近く、大通り面して建つ中規模ながらも風情ある和風旅館です。湯は44℃やや熱めの白濁硫黄泉で、「雲仙温泉唯一、敷地内に湧出する100%天然の豊富な湯量が自慢です」との掲示物が目に入ります。アルミニウムを含むPH2.4の酸性硫黄泉は、酸味と共にそれほど強くはないエグミがありました。

 



 
に紹介するのは鹿児島県霧島市の霧島温泉「霧島新燃荘」です。霧島温泉街からえびの高原へ向かう上り坂の途中にあります。ここは新燃山麓の標高920mにあり、一時、新燃岳の噴火で休業を余儀なくされていました。

脱衣所の先に内湯があり、青白濁の湯が湛えられています。露天風呂は混浴ですが、濁り湯のためあまり気になりません。足元から湧き出しているようで、浴槽のあちこちから泡が立ち上っています。濃厚湯で硫化水素ガスの発生が多いため、15分以内の入浴を勧める掲示があり、湯の濃さを存分に感じることができました。

 

 


 
最後は大分県別府市の明礬温泉「旅館若杉」です。崖にへばりつく様に建つ本館の玄関で案内を乞い、別棟の浴室へ向かうと、玄関を入った途端に硫黄臭が漂い、半階ほど降りた浴室は、噴気孔を石垣で囲い、その上に湯屋を立てたもので、石壁は噴気が結晶して景色をなし、これだけでもワクワクしてしまいます。

湯は43℃でやや熱め、口に含むと苦さがおそってきますが、すっぱさはありません。湯口が2つあり、高温と中温の湯が注がれています。白濁の湯は細粒の湯の花が無数に舞っており、がっつり来る湯です。

 

 


その他には、足元湧出源泉の「すずめの湯」で有名な熊本県阿蘇郡南阿蘇村の

地獄温泉「清風荘」、


 

紫尾神社の社殿の下から湧き出す「神の湯」を引いた鹿児島県薩摩郡さつま町の

紫尾温泉「旅籠しび荘」


 

5月末からホタルが舞い始め、まさに「夢幻」の舞台になる大分県別府市の

堀田温泉「夢幻の里 春夏秋冬」

 

などが挙げられます。

 

 

雲仙温泉 雲仙いわき旅館

 雲仙市小浜町雲仙318

 0957-73-3338

 含硫黄-アルミニウム-硫酸塩泉(硫化水素型)

 1200-1500

 ¥500

 

霧島温泉 霧島新燃荘

 霧島市牧園町高千穂3968

 0995-78-2255

 単純硫黄泉(硫化水素型)

 700-2100

 ¥500

 

別府堀田温泉 夢幻の里 春夏秋冬

 別府市堀田6

 0977-25-1126

 硫黄泉、110.0℃、PH6.0

 10:0020:00 10:0018:00(冬)

 ¥700

 

テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

じんわり温泉道 含鉄泉

含鉄泉
【この記事は勤務先の社内HPに投稿したものを転載しました。】

「じんわり温泉道」の第17回は「含鉄泉」です。

温泉水1㎏中に総鉄イオン(鉄Ⅱまたは鉄Ⅲ)を20以上含有するものを「含鉄泉」といいます。陰イオンによって炭酸水素塩型と硫酸塩型に分類され、湧出して空気に触れると、徐々に酸化が進み赤褐色になる特徴があります。また、アルミニウムイオンを含むと「緑礬泉」と呼ばれます。かなり珍しい泉質で、兵庫県の有馬温泉の「金泉」が有名です。別府の「血の池地獄」は、酸化鉄より赤く発色するとされていますが、鉄分は意外にも少なく、むしろマグネシウムやカルシウムを多く含み、「含鉄泉」ではありません。

 

最初に紹介するのは、大分県由布市の塚原温泉「火口乃泉」です。ここは鉄イオンの含有量が日本一で、つまり日本一の「含鉄泉」という事になります。この日は、ようやく春の訪れを思わせるうららかな日で、塚原高原にもやわらかな日差しが降り注いでいました。受付で露天風呂が利用できるか尋ねると、今日なら湯温は問題ないとのことで、貸切で露天を味わいました。おかげでいつもは薄暗くてよく解らない湯の色が、わずかに緑味を帯びた透明の湯と確認できました。硫黄も含まれていますが、その痕跡を嗅ぐことはできず、強い酸味と苦み・渋みが個性を主張しています。

 

 

次に紹介するのは大分県竹田市の長湯温泉「水神の森」です。手作り感のある広めの浴室は、源泉が投入されている熱め浴槽とぬるめの浴槽の二つ。ここは独特の特徴を持つ泉質で、湯口からは炭酸を多量に含んだ源泉がゴボゴボと音を立てています。48℃の湯温では泡付きはありませんが、水没している湯口からは明瞭な炭酸臭が感じられます。長湯温泉では唯一の含鉄()の成分が、「療養泉」としての基準を満たし、貧血などにも効果があり、メタケイ酸を多く含んだ泉質は保湿作用があります。

 

 

最後は熊本県南小国町の黒川温泉「御客屋」です。享保七年創業の肥後細川藩の御用宿としての歴史を持つ老舗のお宿です。浴室は受付から廊下と階段を2階ほど下った先にある「古の湯」に案内されましたが、江戸時代から続く湯で、ph3.3の「酸性-含鉄泉」です。露天はやや熱めで鉄臭があり、内湯「姫の湯」はぬる目でキシキシ感のある湯。露天からは砂防ダムの水音が間近に聞こえ、ゆったりと過ごすことができました。

 

 




その他には、お薬師様へのお賽銭で入れる大分県別府市の明礬温泉「鶴寿泉」、

 

九重星生山の中腹 標高1450mの九州で一番高い所から湧き出ている

酸性緑礬泉の大分県九重町の九重星生ホテル「山恵の湯」、

 

坂本龍馬が日本初の新婚旅行に訪れたという、硫黄谷庭園大浴場で有名な

鹿児島県霧島市の霧島温泉「霧島ホテル」(この画像は硫黄泉の浴槽です)

などが挙げられます。

 

塚原温泉 火口乃泉

 大分県由布市湯布院町塚原1235

 0977-85-4101

 酸性-含硫黄・鉄・アルミニウム-カルシウム-硫酸塩泉

 900-1800

 500円(露天風呂600円)

 

長湯温泉 水神の森

 大分県竹田市直入町長湯2907

 0974-75-3490

 含鉄(Ⅱ)-ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉

 1000-2200

 500円

 

黒川温泉 御客屋

 熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6546(黒川温泉川端通り)

 0967-44-0454

 酸性・鉄()-単純泉(硫酸塩型)

 8:3021:00(最終受付 20:30

 600円

 


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

じんわり温泉道 硫酸塩泉

硫酸塩泉
【この記事は勤務先の社内HPに投稿したものを転載しました。】

「じんわり温泉道」の第16回は「硫酸塩泉」です。
 温泉水1㎏中の溶存物質量が1,000mg以上あり、陰イオンの主成分が硫酸イオン(SO42)のものを「硫酸塩泉」といいます。硫酸塩泉は旧泉質名では「芒硝泉」や「石膏泉」などと呼ばれ、「傷の湯」や「脳卒中の湯」といわれる事もあります。地下の火山ガスには硫化水素や二酸化炭素が含まれ、その蒸気で加熱された水は高温の硫酸や塩酸となり、それが温泉として湧きだすと硫酸塩泉や炭酸水素塩泉になります。硫酸塩泉は比較的珍しい泉質で、代表的温泉地を揚げることが難しいのですが、カルシウムやマグネシウム、ナトリウムなどと結びついた無味・無臭の刺激の少ない湯という印象があります。

 

最初に紹介するのは、大分県豊後高田市の「夷谷温泉」です。山深い「夷耶馬」と称される仙郷に名湯あり。オレンジ色とも緑とも黄色ともいえない複雑な湯色、金気と硫黄とアンモニアの混じりあった複雑な香りがあります。この摩訶不思議さこそ天然温泉の醍醐味でしょう。

こちらは平成2612月にリニューアルされ、新たに露天風呂が作られました。これは建物の裏手にあり、岩と植栽によって構成され、太陽光の下で湯の色がより美しくオレンジ色に見えます。

 





   次に紹介するのは熊本県阿蘇市の阿蘇坊中温泉「夢の湯」です。JR豊肥線阿蘇駅の目の前にある市営の温泉施設で、広々としたロビーと休憩室を通って浴室へ向かうと、大きな内湯とサウナ、水風呂、和風庭園の中に配された露天風呂があります。

 内湯はジェットバスのため部分的に循環されており、塩素消毒も施されています。薄く黄色味を帯びる濁り湯は42℃適温に調整されており、無味・無臭です。露天風呂は消毒・掛け流しで、かなりはっきりとした鉄味とかすかな炭酸味が感じられます。保健所の指導のためでしょうが、320L/分もの湧出量があり素性のよい湯だけに、消毒されているのが残念です。

 

 

最後は鹿児島県湧水町の栗野岳温泉「南洲館」です。幹線道路から林道を数キロほど登った所に一軒宿として立地しており、湯治場らしい雰囲気があります。木造の鄙びた湯小屋「竹の湯」に入ると、石造りの2m四方ほどの小さな浴槽に灰濁色43℃の湯が湛えられています。体を浸すと微粒子の泥が溶け込んでおりで、口に含むとかなり酸っぱさを感じます。PH2.2の強酸性と高温90.0℃のため加水との表示があるとおり、ガツンとくる湯で長湯は禁物のようです。

 





その他には、酸性度の高さ日本第
2位、アルミニウムイオンの多さ日本第2位、

鉄イオン含有量の多さ日本第1位の濃厚湯の大分県由布市の塚原温泉「火口乃泉」、

 

      アルミニウムを多く含むPH1.9の強酸性泉で、泥が溶け込んだような灰白濁の湯の
大分県別府市の明礬温泉「湯元屋旅館」、

 

残念ながら最近閉鎖されていますが、「ケチャップの湯」とか「血の池の湯」とかと命名すれば
インパクト大で、大ブレイク間違いなしの大分県由布市の下湯平温泉「幸せの湯」

 

などが挙げられます。

テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

じんわり温泉道 塩化物泉

塩化物泉
【この記事は勤務先の社内HPに投稿したものを転載しました。】

「じんわり温泉道」の第15回は「塩化物泉」です。
 温泉水1㎏中の溶存物質量が1
,000mg以上あり、陰イオンの主成分が塩化物イオン(CL-)のものを「塩化物泉」といいます。塩化物泉は旧泉質名では「食塩泉」と呼ばれ、汗の蒸発を防ぐ効果があるため「温まりの湯」とされ、殺菌効果があるので「傷の湯」といわれる事もあります。もっともポピュラーな泉質の一つで、大分県別府市の鉄輪温泉や長崎県雲仙市の小浜温泉、鹿児島県の指宿温泉などがその代表です。


 最初に紹介するのは、福岡県久留米市の「あおき温泉」です。久留米市の東のはずれにあり、目の前の筑後川を渡れば佐賀県で、稲作地帯の真ん中にポツンと存在する印象です。
湯はほのかな硫黄香があり、浸かればツルツル感と、はっきりした塩味があり、3つの個性が揃った名湯です。これだけの泉質であれば、人気のあるのも頷けますが、次々と入浴客が訪れ混雑を感じるほどです。源泉が注ぎこまれる小さな浴槽は44℃でやや熱めですが、最も湯の個性が感じられます。熱交換方式により適温に調整しているとは頭が下がります。


 


    次に紹介するのは長崎県雲仙市の小浜温泉「脇浜共同浴場」です。小浜の海岸線からは少し山手側に、崖にへばりつくように古い木造の建物があり、それが1937年創業の別名「おたっしゃん湯」です。「お達者の湯」かと思いきや、先代女将の「おたしさんの湯」だそうです。脱衣所、浴室共に鄙びた風情があり、掲示されている分析書は、昭和33年10月27日の日付です。中へ入ると、目に鮮やかなエメラルドグリーンの浴槽が目に入りますが、これはタイルの色で、奥の浴槽はスカイブルーです。44℃無色透明の湯はやや熱め、朝日を浴びてキラキラと輝き、口に含むとかなりの塩分を感じます。気取らない庶民の湯として、いつまでも残したいものです。



    最後は大分県別府市の鉄輪温泉「もと湯の宿 黒田や」です。鉄輪のやまなみハイウェイ沿いにある大型のホテルですから、すぐにわかります。最近になって、駐車場の奥になにやら大きなタンクが設置され、その横には竹製温泉冷却装置の「湯雨竹」が作られました。案内板によれば、公的な助成により、温泉井戸から湧きだす湯と噴気を分離し、熱交換器で取り出したエネルギーを空調機や乾燥室に使用し、その後に「湯雨竹」でさらに冷やし、浴槽で使うというもののようです。こうして42℃の適温に冷まされた湯は、ほのかな塩味としっとりとした肌触りがあります。内湯・露天ともに大きな浴槽ですが、きちんと管理された湯が使われており、源泉を生かす姿勢に好感が持てます。


その他には、98℃の高温食塩泉の熊本県小国町の杖立温泉の老舗旅館「米屋別荘」、



成分総量31gの強塩泉の大分県杵築市の「山香温泉センター」、



市街地のスーパー銭湯で2つの泉質が楽しめる
大分県大分市の「新川天然温泉SamaSama」


などが挙げられます。

 

テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

じんわり温泉道 炭酸水素塩泉

炭酸水素塩泉
【この記事は勤務先の社内HPに投稿したものを転載しました。】

「じんわり温泉道」の第14回は「炭酸水素塩泉」です。
 温泉水1㎏中の溶存物質量が1
,000mg以上あり、陰イオンの主成分が炭酸水素イオン(HCO3-)のものを「炭酸水素塩泉」といいます。そもそも温泉には3つの塩類泉があり、炭酸水素塩泉、塩化物泉と硫酸塩泉がそれに当たります。塩類泉の定義はとても難しくここでは省略しますが、炭酸が酸性でガス化したものが炭酸ガス(CO2)で、中性~アルカリ性でイオン化したものが炭酸水素イオンです。


 炭酸水素塩泉は旧泉質名では「重曹泉」と「重炭酸土類泉」に分類されており、よく「美肌の湯」「美人の湯」とよばれるのはツルツル感のある重曹泉を指すことが多く、佐賀県の嬉野温泉がその代表です。また、「重炭酸土類泉」は鉱物系ミネラルの溶けだした湯で、苦みやエグミのある濁り湯になることが一般的で、大分県の長湯温泉がその代表です。

 

最初に紹介するのは、鹿児島県姶良郡湧水町の吉松温泉「鶴丸温泉」です。ここのすぐ先は熊本県、となりの京町温泉は宮崎県で、3県にまたがるひとつの温泉地帯のようです。古びた建物を進むと、鮮やかなサギ(鶴丸温泉だから鶴かも)のタイル画の浴室、楕円2漕の浴槽には甘い香りの真っ黒の湯が湛えられています。泉質は純重曹泉で、モール泉と呼ぶこともありますが、その色の濃さは他では類を見ない深いものです。ツルツル感とコーラのような色、甘いモール香が素晴らしく、露天では腐食性の湯の花が多量に舞っています。


 



次に紹介するのは大分県竹田市の長湯温泉「長湯歴史温泉伝承館 万象の湯」です。斉藤雅樹著「続・大分の極上名湯」で「極上名湯」に選ばれたほどに成分の濃厚さは特筆すべきものがあり、浴槽は言う及ばず、浴室全体がコテコテの析出物に覆われています。とはいえ、高圧洗浄機で日々洗い上げた結果であり、清潔感があるのが好ましいですね。露天風呂は芹川越しに田園風景を望み、ややぬるめの湯をゆっくりと味わえます。「ぷくぷく風呂」と呼ぶ炭酸冷鉱泉では弱い泡付きがあり、鉄分とカルシウムが化合した褐色の浮遊物が、ふわふわと舞いおどる様が面白いですよ。



最後は熊本県人吉市の人吉温泉「華まき温泉」です。人吉の市街地から20分ほど山手の田園地帯のただ中にポツンとここがあります。淡い金色の湯は34.1℃の重曹泉で、37℃に加温されていながら、湯口近くではしっかりとした泡付きがあるのは驚きです。鉄分もかなりあり、浴槽は鉄錆色に染まっています。香りはほとんどなく、この泡は二酸化炭素由来ではなく窒素らしいのですが、それでこの泡付きはどういうことなのでしょう。PH8.36はツルツル感が強く、隠れた名湯です。







その他には、福岡県大川市の大川温泉「貴肌美人緑の湯」、

宮崎県都城市の「湯穴(つあな)温泉」、

大分県中津市の錦谷温泉「せせらぎの郷 華じ花」などが挙げられます。


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行