プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道第118代永世名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯検定準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

別府温泉 海門寺温泉 - アボイド・エリアという新発想で温泉資源を守る

 

12-17

1049

別府八湯温泉道

No.3

別府

海門寺温泉

 

アボイド・エリアという新発想で温泉資源を守る

 

平成30年6月16日訪問


 次に訪れたのは中心街にある市営温泉のこちら。

 分析書の泉質は炭酸水素塩泉ですが、ちょっと前までは「ナトリウム-塩化物泉」だったはずです。


 

 今年5/31の「日経エネルギーNext」に、『別府市が温泉発電に「待った」、条例に込めた意思-FITが呼び込んだ開発ラッシュ、地域の資源を取り戻す戦いが始まった-』と題する記事が掲載された。

 「別府市が実施した源泉調査データの結果は、別府市・温泉発電等対策審議会で精査し、分析・評価を行った。この審議会の座長は、日本の温泉研究をリードしてきた由佐悠紀・京都大学名誉教授が務める。日本一の泉源数と湧出量を誇る別府には、京都大学大学院理学研究科附属地球熱学研究施設があり、由佐会長は30年前の源泉調査も手がけている。

 今回、30年前の調査時と同じ源泉を調査したところ、約7割で熱量が低下。掘削し直した源泉でも約半数で熱量が低下していた。また、掘削し直す際には、以前の源泉よりも深く掘らないと、同程度の泉温が確保できない状況であることが分かった。」

 「審議会は、源泉調査のデータを基に、熱源である伽藍岳と鶴見岳に近い明礬温泉の一帯や鉄輪温泉の一部地域などを、アボイド・エリアに指定。このエリアで温泉発電を開発する事業者に対して、FIT申請や県への掘削手続き、かねて条例で定めている市への事前協議の届出を行う前に、温泉発電審議会の事前審査を受けることを義務付ける。」というものです。

 

 ここの自家源泉においても、より深く掘削しても泉温は47.3℃と温泉として使えるギリギリの温度で、含有する塩分量が減り、炭酸水素塩泉に変化しているのです。



ナトリウム-炭酸水素塩泉、47.3℃、PH7.5
成分総量1204㎎、無色・澄明・無味・無臭 22/1/27

100円


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府鉄輪温泉 夢たまて筥 - 箱蒸し湯は5分もすれば体中から汗が噴き出してきます

 

12-16

1048

別府八湯温泉道

No.42

鉄輪

夢たまて筥

 

箱蒸し湯は5分もすれば
体中から汗が噴き出してきます

 

平成30年6月16日訪問


 ホテル風月の外湯という位置づけの施設で、平日は7:00翌2:00、休前日は24時間営業と、いつでも使える有り難い施設です。


 ここには箱蒸し湯がありますが、サウナとの違いは、頭を出して身体だけを蒸すので息苦しくないことでしょう。久しぶりに試してみましたが、さながら人を「地獄蒸し」にするようなものですから、噴気の熱量は絶大で、5分もすれば体中から汗が噴き出してきました。


 敷地の奥の平田川沿いに源泉があり、激しく噴気を立ち昇らせていますが、気液分離装置には塩分がこびりつき、「地獄」と呼ぶにふさわしい様相を見せています。鉄輪地区ではテレビアンテナはわずか1年、エアコンの室外機は2年ほどで錆びて使えなくなるそうで、この界隈の空気中の塩分濃度が高いことが伺えます。

ナトリウム-塩化物泉、99.5℃、PH3.4、
成分総量3924㎎、無色・澄明・微弱塩味・無臭 17/6/22

0円

(七段無料券)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府堀田温泉 立ち寄り湯 夢幻の里春夏秋冬 - 造成泉も面白いなぁと思った

 

12-15

1047

別府八湯温泉道

No.193

堀田

立ち寄り湯 

夢幻の里春夏秋冬

 

造成泉も面白いなぁと思った

 

平成30年6月3日訪問


 NPO法人「別府温泉地球博物館」のメルマガで、「温泉マイスターおすすめの温泉」というコーナーがあり、記事の寄稿を依頼されているのですが、今月はここを取り上げさせてもらおうと思い、確認したい事があってお尋ねしました。

 今はちょうどホタルの舞う季節なので、受付の際に訪ねてみると、今年はホタルの数が少なく、昨夜も数匹程度だったという事でした。数年前に敷地内を流れる朝見川の護岸の改修工事が行われた事が影響しているのかなと思ったのですが、「夢幻の里」に相応しいホタルの乱舞を見てみたいものです。


 男性大浴場の「虹の湯」は先客がありましたが、すぐにあがって行かれたので、その後は独占となりました。時折、木の間越しに太陽の光が差し込み、青白い湯面にスポットライトを当てたようでした。少しぬるめに調整されていて、心地よく湯を堪能しました。


 浴後にロビーで若女将を捕まえて、疑問点をお尋ねしました。分析書の泉温138℃は源泉の噴気の温度であるという事、源泉は噴気のみで湯は湧いていない事、PHや成分量の数値は浴槽内で造成された湯の分析値である事が確認できました。


 明礬温泉の湯の花小屋を思い浮かべると解りやすいのですが、硫黄成分を含む噴気は地表近くのごく浅い所で発生しており、そこにはわずかな水分しかないため、噴気だけが湧き出すことになるようです。

 噴気の吹き込み量の調整で、泉温や濁り具合はかなりの精度で調整できるそうで、これを聞いて造成泉も面白いなぁと思った次第です。

単純硫黄泉、138℃、PH6.6、
成分総量399mg

260円

(名人会割引)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府温泉 ホテルシーウェーブ別府 熊八の湯 - 閉塞感のある浴室が、とろみを感じさせる泉質にはぴったり

 

12-14

1046

別府八湯温泉道

No.196

別府

ホテルシーウェーブ別府 熊八の湯

 

閉塞感のある浴室が、

とろみを感じさせる泉質にはぴったり

 

平成30年5月24日訪問


 別府駅まで戻り、ラストは駅前のビジネスホテルのこちらです。ここは、1階の露天風呂付浴室と、3階の内湯が男女日替わりで利用できます。


 今日は3階が男湯で、天井が低く窓もなく薄暗い、ちょっと閉塞感のある浴室ですが、とろみを感じさせる泉質にはなぜかぴったりで、これはこれで気に入っています。宿泊客で込み合う時間帯かと危惧しましたが、夕食時なのかガラガラに空いていて、ゆっくりと湯を味わう事が出来ました。


 

 この後は、別府温泉地球博物館主催の「別府温泉の過去・現在・未来」と題した、由佐悠紀先生のご講演を聴講しました。由佐先生は別府市温泉発電等対策審議会の会長を務められ、今年3月に長野別府市長に答申書を提出されています。答申では、「現在の別府市地域の温泉資源(温泉帯水層)は全体的に減衰傾向にある」と結論づけ、温泉発電において地域との共生を図る条例が必要だと強調されています。

ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・塩化物泉、
58.3℃、PH6.9、成分総量1178㎎、
無色・澄明・微弱金気味・殆ど無臭 H26.9.18 メタケイ酸193.0

0円

(温泉本無料券)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府観海寺温泉 向原温泉 ー 巨大な鬼の石像2体の正体は?

 

12-13

1045

別府八湯温泉道

No.207

観海寺

向原温泉

 

巨大な鬼の石像が2体の正体は?

 

平成30年5月24日訪問


 次に訪ねたのは観海寺温泉のこちらで、ここは市営給湯の堀田泉源からの引き湯で、明瞭に硫化水素臭が感じられるのが魅力です。


 3人のご老人が声高に大相撲の予想を語っておられました。今日の大一番「白鵬、栃の心」戦は、栃の心有利との見方の様で、一戦に備えていつもより早めに湯に来たようです。

 建物は比較的新しく見えるのですが、半地下式の浴室はかつては自家源泉であった名残のようです。


 

 ここから観海寺入口を過ぎて、「鶴見地獄北」の交差点に、巨大な鬼の石像が2体安置されています。手前は小さく、奥は2m平方もありそうな巨像で、親子の鬼のように見えます。なぜここにこれが置かれているのかは不明ですが、1925年(大正14年)に開園し、「九州一の大遊園地」を自称した鶴見園の跡地ですから、そこに置かれていたものかもしれません。今では雑草に囲まれて、車の往来を寂しげに眺めているように思えます。


 

 昭和9年発行の紀行文集『絵の国豊前豊後』に鶴見園の記述があり、「別府にも少女歌劇がありますぜ。見に行きませうか。歌劇場は大して広くはない。が、観客は相当に入って居る。冬枯時の今でさへ、これだけ客が入って居るのだから、時候の好い時には、屹度満員続きだらう。相当に成功して居ることが頷ける。ここの歌劇が、やがて宝塚の名を凌ぐやうになるのも、あまり遠くはないだらう。」などと誇大広告ともいえる感想を載せています。

単純泉、78.0℃、PH6.4、
成分総量854mg

100円


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行