プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

長者原温泉 オーベルジュコスモス - 鉄(Ⅱ)を7.5mg含み、赤みの強い濁り湯となっている

 

57-3

199

その他の温泉

大分

長者原温泉

オーベルジュコスモス

 

玖珠郡九重町大字田野228-1

 

()を7.5mg含み、

赤みの強い濁り湯となっている

 

平成29年2月19日訪問


九重町の長者原まで戻ってここを訪ねた。昨年11月に行われた「しんけん大分学検定」の参加賞に九重町の温泉無料券を頂き、2月末が期限だったので、そいつを使おうとの目論見だ。

浴室に入ると黄土色の内湯が目に入る。ここの湯は「長者原源泉」といい、近くの「法華院温泉別館 花山酔」と共用のようだ。鉄()を7.5mg含み、赤みの強い濁り湯となっている。


露天風呂に出ると、やわらかな冬の陽光が燦燦と差し込んで、目にも鮮やかなオレンジ色の湯が湛えられていた。




「おんせん県おおいた」で赤い湯といえば、まずは「血の池地獄」が思い浮かぶが、残念ながら足湯のみで入浴する事はできない。由布市の下湯平地区に「下湯平温泉 幸せの湯」という名湯があったが残念ながら閉鎖されてしまった。臼杵市の「鷺来ヶ迫温泉 俵屋旅館」の加温浴槽も見事なオレンジ色の濁り湯だ。また、九重町の「筌ノ口温泉 共同浴場」の湯や、竹田市久住の「レゾネイトクラブくじゅう 紅殻の湯」、由布市の「高崎山温泉 おさるの湯」の紅茶色の湯などがあげられる。

単純泉、45.7℃、PH7.0、成分総量1015mg、

無色・澄明・中金気味、弱金気臭、微弱硫化水素臭 H20.2.5

0円

「大分学検定」参加賞)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

川底温泉 螢川荘 - 歴史ある名湯の価値が損なわれるのが残念でならない

 

30-2

196

その他の温泉

大分県

川底温泉 螢川荘

 

玖珠郡九重町菅原1453

 

歴史ある名湯の価値が

損なわれるのが残念でならない

 

平成29年2月19日訪問


ようやく寒さも緩み、冬タイヤ規制もなくなったようなので、今回は九重、小国方面の湯巡りと相成った。最初に訪れたのは昨年7月に再開したこちらで、これまでと同じ位置に新築の湯小屋が建てられていた。


九重町のHPによれば、「延喜元年(9018月、菅原道真が大宰府に左遷される途中に刺客をのがれて菅原の白雲山浄明寺に身を隠した折、この川底温泉を開いたと言われています。 安政3年(1856)本村の庄屋菅原元徳が村人のために温泉開発を行い、現在の石畳の浴槽を造り、湯小屋・宿屋を建てたと伝えられています。」とある。つまり、ここの石畳の浴槽は160年前に作られたものだそうだ。


川沿いに3つの浴槽が縦に並び、上段中段の2つの浴槽の底からは湯や水が足元湧出しており、入る場所によって温度が違うというもので、そのために以前は混浴となっていた。

H23.9.9の画像

再開場にあたり営業許可を申請したところ、警察が混浴での営業を許可せず、画像の様に上段と下段の半分を男湯に、中段と下段の半分を女湯に仕切らざるを得なかったという事だ。

訪ねた折は女湯に入浴者はなく、女将さんの計らいで仕切り戸を開けてもらえたので、中段の湯にも浸かる事が出来た。


歴史ある名湯がこんな事で、その価値が損なわれるのが残念でならない。

単純泉、81.7℃、PH7.4、成分総量838mg、
70L/min 20/4/24

¥500


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

大分温泉物語 三川の湯 - 浴槽の縁や洗い場は赤く染まっている

 

11-3

195

その他の温泉

大分県

おおいた温泉物語
三川の湯

 

大分県大分市三川新町1-1-11

 

浴槽の縁や洗い場は赤く染まっている

 

平成29年1月28日訪問


地元情報誌「シティ情報大分」の温泉割引券が一枚残っていたので、混雑を覚悟の上でここを訪ねた。

ここはいわゆるスーパー銭湯で、泡風呂・ジェットバス・寝湯・薬湯・サウナ・低周波風呂・岩風呂と何でもありだが、男女日替わりで露天風呂があるのは片方だけだ。

ここの湯は成分総量8g超のかなりの強塩泉だが、露天風呂には別の源泉が使われているいう。アンモニウムや臭化物が含まれているので、個性的な香りがありそうだが、かすかに感じられる程度だ。ただ、鉄味は明瞭でオレンジ色の湯の花が舞うこともあり、浴槽の縁や洗い場は赤く染まっている。


さすがにこの塩分濃度だと、湯上りにややベタつく感があるが、湯冷めのないあたたまりの湯だ。

ナトリウム-塩化物泉、43.2℃、PH7.3、
成分総量8363mg、29L/min、
無色・澄明・塩味・無臭 H26.9.26 
メタケイ酸140.0 アンモニウム20.4 臭化物イオン0.7

¥100

(CJO割引券)



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

長湯温泉 湯屋 天音 ー 冬将軍の襲来でさすがに露天風呂は寒すぎる

 

135

194

その他の温泉

大分県

長湯温泉

湯屋 天音

 

大分県竹田市久住町大字栢木6532-1

 

冬将軍の襲来でさすがに露天風呂は寒すぎる

 

平成29年1月22日訪問


長湯温泉の「お湯の駅 あすかの湯」が突然、閉店となり、いい湯だっただけに残念に思っていたら、最近になって「湯屋 天音」として再開場したとの情報を得て早速訪ねた。

男女別大浴場と家族湯8室は以前のままだが、家族湯は新たに各室ごとに駐車場が付いていた。大浴場は広い内湯と、渓流を見下ろす露天風呂が2つに変わりはない。


ここには2つの源泉があり、内湯に使われているのは炭酸イオンが3290mgの高濃度炭酸泉だが、53.4℃の湯温ではかすかに炭酸成分が感じられる程度だ。露天風呂は46℃程のため、むしろ炭酸成分が明瞭で、湯口からボコボコと音を立てて湧き出している。


冬将軍の襲来でさすがに露天風呂は寒すぎるが、温かい季節には川風が心地よい事だろう。

その後、久住高原に足を延ばし、白銀の景色を眺めてきたが、赤川あたりから先はチェーン規制があり、途中で引き返して帰宅した。



マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉、53.4℃、
PH6.9、成分総量5892mg、54L/min、
弱黄色・澄明・中金気味・微弱金気臭、
炭酸イオン3290mg

¥300

(会員割引)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府鉄輪温泉 ホテル鉄輪 - いわゆる「青湯」である可能性が高い


 

38-4

193

その他の温泉

大分県

別府鉄輪温泉

ホテル鉄輪

 

大分県別府市鉄輪御幸3組

 

いわゆる「青湯」である可能性が高い

 

平成29年1月20日訪問


地元情報誌CJOの割引券でここを訪ねた。天井の低い不思議な通路を通り抜け、浴室のドアを開けると、湯気が充満した中に、ぼんやりとほの青い湯が見えた。


ここの源泉は泉温97℃の沸騰食塩泉で、PH8.9のアルカリ性であれば、いわゆる「青湯」である可能性が高い。

実は平成23年12月に初めて訪れた折、見事な「青湯」に遭遇している。その日の記録によれば、「透明ポリ波板の天井から太陽光が差し込み、青みを帯びた透明な湯の色を輝かせる。」と書き残している。


                                                   平成23年12月11日の画像


ただ、確信が持てないのが、メタケイ酸の含有量が192mgとやや少ない点と、湯口の析出物がシリカ特有の真っ白ではなく、土類泉のような茶褐色をしている事だ。


さておき、鉄輪らしいダシ塩味と、独特の芳香、そしてはっきりとしたツルツル感があり、なかなかの良泉だ。

ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉、97.2℃、PH8.9、
成分総量2255mg

¥100

(CJO割引券)



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行