プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

天ケ瀬温泉 浮羽別館 新紫陽 - 77℃の源泉には湯力があり、よくあたたまる良泉だ

 

150

223

その他の温泉

大分県

天ケ瀬温泉

浮羽別館 新紫陽

 

日田市天瀬町桜竹瀧の下357

 

77℃の源泉は湯力があり、よくあたたまる良泉だ

 

平成30年1月21日訪問


天ケ瀬温泉といえば「川湯」で、大小の石がゴロゴロする玖珠川の河原に5カ所の共同浴場がある。いづれも混浴露天風呂で、料金は¥100、ほんのり硫黄の香りのするアルカリ性の硫黄泉だ。5つも共同浴場があるのなら、日替わりで男女別々にすればよいのにと思うのは、よそ者のたわ言なのか。地元の方々にはいつもの湯にいつもの時間に入りたいのだろうなぁ。

こちらは川沿いの旅館街からは少し外れた、高台のバイパス道路沿いに建っている。建物2階に内湯があり、浴室のドアを開けるとほのかに硫黄の香りがあった。内湯にはジャグジーが付いており、私の好みから言えばちょっと落ち着かない。嵌め殺しのガラス窓の向こうに露天風呂があり、川沿いの旅館街を見下ろすことができる。




この階の一番奥のドアを開けると、「あじさい橋」と名付けられた長い廊下があり、その先に男女別の露天風呂と2つの家族風呂がある。加水ありとの掲示があったが、ここは源泉そのままが掛け流されていた。はっきりとしたツルツル感があり、綿ぼこりの様な湯の花が無数に舞っていた。それにしても77℃の源泉には湯力があり、よくあたたまる良泉だ。



ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉、77.1℃、
PH8.1、成分総量1000mg H8.11.1 
メタケイ酸133.9 加水

¥100

(CJO割引券)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

琴平温泉 ゆめ山水 - 川の対岸の滝を眺めながらの入浴

 

149

222

その他の温泉

大分県

琴平温泉

ゆめ山水

 

日田市琴平町1571-1

 

川の対岸の滝を眺めながらの入浴

 

平成30年1月21日訪問


次に訪れたのは同じ琴平温泉で、高瀬川沿いを500mほど遡った先にある、同じ系列の立ち寄り入浴施設のこちら。細長い敷地には男女の大浴場や家族風呂、手打ちそばや焼肉などの飲食店も併設されている。同一グループの施設として黒川温泉の「黒川荘」や、天ケ瀬温泉の「山荘天水」、前掲の「かやうさぎ」などがある。

大浴場は「あうんの湯」と「のらりの湯」の2つの露天風呂があり、いずれも高瀬川の清流を望むことができる。「あうんの湯」は3つの露天風呂があり、川の対岸の滝を眺めながらの入浴となる。先に行くほど滝に近くなり、一番下の浴槽は川岸の作られていて、川に手が触れそうな近さだ。




一番上の浴槽で最も湯の特徴が感じらるが、重曹泉らしいツルツル感があり、ふんだんに掛け流されているので湯は新鮮だ。

季節がら植栽の木々も河原の草もみどりはなく、首の長いサギが餌を狙ってジッと佇んでいる様が、思索にふける姿に見えた。新緑の頃に再訪してみたいと思わせてくれる良泉だ。



ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉、46.6℃、
PH7.1、成分総量2559mg、88L/Min H57.8.26 
メタケイ酸61.1

¥600


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

琴平温泉 旅籠 かやうさぎ - ややスベスベ感のある重曹泉がなみなみと注がれている

 

148

221

その他の温泉

大分県

琴平温泉

旅籠 かやうさぎ

 

日田市琴平町1529-1

 

ややスベスベ感のある重曹泉が

なみなみと注がれている

 

平成30年1月21日訪問


はじめに訪ねたのは、国道210号線の日田バイパスを南に下り、三隈川の支流の高瀬川沿いを進んだ先にある、落ち着いた雰囲気の和風旅館のこちら。植栽の下の苔むした飛び石を進み、築120年の堂々たる古民家の母屋で受付する。別棟の大浴場は男女日替わりで、この時間は露天風呂付き「岩魚(いわな)」が男湯だった。


農家の蔵を改装したような浴舎は古いガラスが使われており、丁寧に整えられた脱衣所はヒーターが稼働していた。引き戸の先が内湯で、湯気が充満して真っ白だが、それもこの雰囲気にはピッタリだ。


檜の浴槽の内湯は4~5人用の広さで、ややスベスベ感のある重曹泉の源泉がなみなみと注がれている。石造りの露天風呂は鉄分で洗い場が赤く染まり、冬枯れた木々の間から寒空が見えていた。


それほど特徴のある湯ではないが、市街地から離れた立地で、全13室の小さな宿なので、お忍びで利用するのに最適かもしれない。

ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉、46.8℃、
PH6.8、成分総量2376mg H17.9.13 メタケイ酸75

¥100

(CJO割引券)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

由布院温泉 御宿 一禅 - 時間の経過とともにコバルトブルーに変わる

 

19-2

220

その他の温泉

大分県

由布院温泉

御宿 一禅

 

由布市湯布院町川上1209-1

 

時間の経過とともにコバルトブルーに変わる

 

平成30年1月17日訪問


瀟洒な茅葺の門を潜った先には苔むした小庭にあり、飛び石づたいに奥に進むと別棟の大浴場が姿を見せる。浴槽は屋根付きの露天だが洗い場は屋内で、冬でも寒すぎない工夫がされている。


こちらは前掲の「泰葉」からの引き湯で、時間の経過とともにコバルトブルーに変わる全国的にも珍しいナトリウム-塩化物泉の「青湯」として知られている。「時間の経過とともに」というのが厄介な所で、鮮度がよければ色付きは薄く、古い湯になれば美しい色を呈するという事なのだ。されば、こちらの様な大きくはない浴槽に、常時源泉を注いでいれば青くならない事になる。


あれっと思った事があった。浴槽の底に酸化鉄を思わせる湯の花が沈んでいた事だ。浴槽の右の廃湯口の床も赤褐色に染まっていた。ツルツル感もほとんど感じられず、泉質が変化したのか、清掃後の湯だめ時に鉄分の強い水で冷ましたのか、謎は解けないままだ。



ナトリウムー塩化物泉、98.4℃、PH9.0、
成分総量2007mg(メタ珪酸567mg)
無色・澄明・殆ど無味・微弱硫化水素臭、
532m自噴 23/3/9

¥100

(CJO割引券)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

由布院温泉 小鳥のたより - メタケイ酸を豊富に含みツルツル感がある

 

35-5

219

その他の温泉

大分県

由布院温泉

小鳥のたより

 

由布市湯布院町川上上丸尾544

 

メタケイ酸を豊富に含みツルツル感がある

 

平成30年1月17日訪問


次に訪れたのは由布院から塚原に向かう道路沿いにあるこちら。

気候の良い時期なら快適に過ごせそうな、中庭のデッキスペースを通り抜けた先に、元はハーブを育てるためのガラス温室だった浴舎がある。なんだか無駄に広く殺風景な脱衣所から浴室に足を踏み入れると、高温の源泉が大量の湯気を発生させて白く煙っていた。


一番奥に湯口があり、激熱の源泉が湧き出しているが、このまま浴槽に注いだのでは熱くて入れないので、湯冷ましスペースに流した後に、上の浴槽に注がれるが、46℃はありそうな熱湯だ。下の浴槽は仕切りに開けられた穴で繋がっており、こちらは42℃ほどの適温だ。メタケイ酸を豊富に含みツルツル感が感じられる。


この大浴場は24時間営業の立ち寄り湯施設になってから、頻繁に湯を入れ替えるようになったのか、かつてのコバルトブルーの美しい湯に出会えなくなっているのが残念だ。

ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉、98.2℃、PH8.64、
成分総量1489mg、H23.4.17 メタケイ酸298.6mg

¥100

(CJO割引券)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行