プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道第118代永世名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯検定準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

鷺来ヶ迫鉱泉 俵屋旅館 - 入浴は叶わず、飲泉しただけ

 

 

その他の温泉

大分県

鷺来ヶ迫鉱泉

俵屋旅館

 

臼杵市大字藤河内六ケ迫1827−1

 

入浴は叶わず、飲泉しただけ

 

平成30年7月16日訪問


 坂ノ市から臼坂バイパスを通り臼杵市を目指します。バイパスの終点から、熊崎川沿いの細い道を2kmほど遡った先に、六ケ迫鉱泉があります。

 

臼杵市のHPによれば、「六ヶ迫という名の由来は、定かではありませんが、言い伝えによれば元文年間(173640)に、一羽の白鷺が足を痛めてこの谷に飛んで来て、谷川に十七日間浴し、傷癒えて飛び去ったことにちなみ、この名が付いたと伝えられています。(中略)時に寛延三年(1750)、臼杵藩主泰通公(九代)が病に伏しておられたので、(多福寺七世を継いだ西江)禅師はこの鉱泉を奉納したところ、たちまち全快したということです。泰通公は、西江禅師に命じて薬師堂を建立し、湯治場とするに至ったということです。」とありました。



 

 この薬師堂があるのが俵屋旅館ですが、訪ねてみると立ち寄り湯が16:00からに変わっていました。館内にはもう一つの源泉の「鷺来ヶ迫鉱泉 白鷺源泉」があり、これを薪ボイラーで温めた湯に入れます。


 下流の水汲み場の隣に「しらさぎ荘」という旅館がありましたが、今は廃業しています。という訳で、今回は入浴は叶わず、飲泉しただけに終わりました。「ろっかさこ」には2つの表記がありますが、開湯伝説からは「鷺来ヶ迫」が相応しく感じますが、記述しやすいので「六ヶ迫」が使われているのかもしれません。いずれにせよ、古くからの飲泉湯治場は、存亡の曲がり角にあるようです。



テーマ:温泉旅行・温泉宿
ジャンル:旅行

ホテルトパーズ大在駅前 黄玉の湯 - 成分総量17g超の塩化物泉は強烈

 

135-2

228

その他の温泉

大分県

ホテルトパーズ

大在駅前 黄玉の湯

 

大分県大分市横田1-21-8

 

成分総量17g超の塩化物泉は強烈

 

平成30年7月16日訪問


 次に訪ねたのはJR大在駅前のビジネスホテル「トパーズ大在駅前」の黄玉の湯です。12:00のオープンまでロビーで少々待ち、清潔感のある脱衣所から浴室に通ると、薄暗い明りの下に黄褐色の濁り湯が湛えられていました。


 成分総量17g超の塩化物泉は強烈で、顔をぬぐうと塩分が目に沁みます。キシキシの浴感の源泉は迫力がありますが、ビジホの湯としてはちょっと個性的過ぎるかもしれません。


 大分市に湧出する温泉は非火山性温泉で、地下600~800mの平地部の深層に貯留する深層熱水で、大分市は「大深度地熱温泉」と呼んでいます。塩素イオンを主成分とする強塩化物泉と、コーヒー色や薄い黄色のモール炭酸水素塩泉があります。大分県の発表によれば、源泉数は238、湧出量17,063l/分(H28.3.31現在)は全国でもトップ10に入るほどです。

ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉、47.7℃、PH6.9、成分総量17928mg H28.6.9

¥450


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

舞子浜温泉センター - 鉄分たっぷりの冷鉱泉は夏場にピッタリ

 

8-4

227

その他の温泉

大分県

舞子浜温泉センター

 

大分市政所1丁目430

 

鉄分たっぷりの冷鉱泉は夏場にピッタリ

 

平成30年7月16日訪問


 7/5~8に西日本を襲った豪雨は、11府県に大雨特別警報が出され、7/17 12:58時点での死者は13府県で216人、安否不明者が4県で15人にもなり、未曽有の被害をもたらしました。その後は一転して、気温が35℃を超す猛暑日が続き、被災地では熱中症で救急搬送される住民やボランティアの方々が続出しています。被災者の皆様には心よりお見舞い申し上げます。

 この猛暑に熱い湯に浸かるのは浴後の汗が止まりませんので、冷泉で体を癒したいものです。という訳で、この日訪ねたのは泉温20℃の冷泉のあるこちらです。


 オープンの11:00には同浴者はなく、終始貸し切り状態でした。メインの浴槽は成分総量9g超の食塩泉で、黄金色の透明湯ですが、この時期の眼目は円形浴槽に掛け流される冷鉱泉です。鉄分たっぷりの冷水が洗い場を流れ下り、石張りの床を黒く染めています。湯上りはサッパリして、この季節にはお薦めですよ。



ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉,44.5℃,pH8.3,成分総計9681.6mg/kg

¥350



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

大分大深度地熱温泉 天然町温泉 -  モール泉らしい強いツルツル感

 

117-3

226

その他の温泉

大分県

天然町温泉

 

大分市明野北5-1-43

 

モール泉らしい強いツルツル感

 

平成30年5月13日訪問


 次に訪れたのは明野団地内にひっそりとあるこちら。高層マンションの敷地の奥に、一軒の戸建て住宅があり、その敷地の一部に小さな湯小屋が佇んでいます。


 入浴料を払うと開くドアの先に、小さな脱衣所があり、その先に浴槽一つだけのシンプルな浴室があります。


 薄い紅茶色のモール泉が掛け流され、洗い場を流れ下っていました。この季節だとやや熱めの湯で、モール泉らしい強いツルツル感がありました。


 あまりにも地味な存在のためか、ネットで検索してもほとんど情報はありませんが、人の手が何も加えられていない「そのままの湯」で好感が持てます。

 前回は洗い場が滑りやすく危険な感がありましたが、今回はそれもちゃんと解消されていました。

ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉、51.9℃、
PH8.9、成分総量1034mg 
弱黄褐色・微弱白濁・殆ど無味・微弱硫化水素臭・微弱鉱物臭 H26.10.30 メタケイ酸181

¥300


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

ぶんご温泉 高田の湯 - 真夏の時期だけでも源泉掛け流しになれば

 

98-2

225

その他の温泉

大分県

ぶんご温泉

高田の湯

 

大分市下徳丸36-1

 

真夏の時期だけでも源泉掛け流しになれば

 

平成30年5月13日訪問


 大分市を流れる大野川と乙津川の三角州に高田地区があり、輪中集落がある事で知られています。

 大分合同新聞刊「おおいた遺産」によれば、「古くから高田地区に住みついた人々は大野川とともに暮らしてきた。「母なる川」は多くの恩恵を与えてくれたが、その半面、たび重なる洪水で人々を痛めつけた。そのため住民は江戸時代以降、中州を堤防で囲んだ。高田輪中集落の誕生である。」とあります。


 その高田地区にあるスーパー銭湯がこちらで、大浴場や乾湿2種類のサウナ、露天風呂、気泡風呂、打たせ湯、電気風呂、水風呂を備えています。露天風呂を除く浴槽は循環・消毒・加温の3点セットで食指は動きませんが、露天風呂は二酸化炭素・重曹泉です。源泉は35.9℃のややぬるめのため、熱交換で45℃ほどに加温されているので、せっかくの炭酸味が感じられません。真夏の時期だけでも源泉掛け流しになればと願わざるを得ません。



含二酸化炭素-ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉、35.9℃、PH6.6、成分総量4908mg、
無色・微弱白濁・中炭酸味・弱金気味・炭酸による刺激臭 H24.3.8
CO
²1090 炭酸水素イオン4908 メタケイ酸201 Fe7.1

¥350


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行