海心堂の温泉逍遥

日本一のおんせん県おおいた(別府八湯温泉道、奥豊後温泉文化伝)を中心に、九州の温泉(九州温泉道)の入湯記録

長湯温泉 温泉療養文化館 御前湯

Posted by 海心堂 on   0 


173
 奥豊後温泉文化伝 No.18

長湯温泉 温泉療養文化館 御前湯

 

♨夏場になると「すずなりジジイ」が出現します♨

 

令和元年7月28日訪問

 

 もう一つ冷泉に浸かるつもりでこちらを訪れました。



 ここの冷泉は重炭酸土類泉で、泉温が29.7℃ありますので、それほど冷たくはなく、Co2の含有量も243.9mgと少なめなので、身体への泡付きはありません。



 冬場は空いていて、サウナの上がり湯に使う人がいるくらいですが、夏場になると「すずなりジジイ」が出現します。広くもない冷泉浴槽を数人のご老人が1時間以上も占拠して、他の方々の入浴を阻みます。



 たまりかねて交代をお願いしましたが、一人分を場所を空けてくれただけで、占拠を止めようとはしません。30分ぐらいたったら一旦出て他の浴用に浸かり、その後でもう一度冷泉に浸かるなどの配慮がほしいものです。

 

 「奥豊後温泉文化伝」なるスタンプラリーは、第5弾が平成28年4月1日から平成31年3月31日まで終了し、次のスタートが告知されていません。このまま終了してしまうのでしょうか。竹田市は温泉を通して観光ツーリズムを盛り上げようとしてきたのですが、ソフト面では現在版湯治としての「温泉療養保健制度」を提唱し、ハード面では直入荘跡に「クアパーク長湯」を完成させました。予算が尽きてしまったのでしょうか、再開が待たれるところです。

 

【分析書データ】①マグネシウム・ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉、46.8℃、PH7.5、成分総量4817mg、炭酸水素イオン2584.9mg、遊離二酸化炭素918.4mg

②マグネシウム・ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉、29.7℃、PH7.3、成分総量2251mg、炭酸水素イオン1183.8mg、遊離二酸化炭素243.9mg

 

入浴料 500円

長湯温泉 長湯歴史温泉伝承館 万象の湯

Posted by 海心堂 on   0 


172
 奥豊後温泉文化伝 No.26

長湯温泉 長湯歴史温泉伝承館 万象の湯

 

♨「ぷくぷく水風呂」が露天にも新設されていました♨

 

令和元年7月28日訪問

 

 台風5号の通過後、蒸し暑さがあまりにも半端なく、熱い湯に浸かる気になれません。大分市大在の舞子浜温泉センターの冷泉に浸かろうと、ネットで開店時間を調べていたら、閉店されたとの情報です。熱めの食塩泉と金気たっぷりの冷泉のコラボが夏にピッタリだったのですが、実に残念です。

 それならと、改装工事が終わって再オープンしたばかりのこちらに向かいました。



 駐車場からアプローチ、ロビー、受付あたりに大きな変化はありませんが、長く停止していた「顔湯」が復活していました。浴室に入るとガラス越しに露天風呂が見えて、濁り湯の浴槽がずいぶん大きくなり、「ぷくぷく水風呂」が露天にも新設されていました。石灰華で浅くなりすぎていた内湯も、リニューアルされてほどよい深さに。



 この季節にありがたい「ぷくぷく水風呂」は、泉温26℃で冷たすぎず、露天の泡付きがかなりよく満足できました。実はこの冷泉は井戸を掘ったら、偶然に湧き出したものなのです。



 レストラン棟もリニューアルされて、フレンチとスペイン料理のバイキングになりましたが、ランチで¥1,700はおいそれと手が出せません。浴後にラーメン隼で昼食、ここで食事をすれば入浴料が¥200になるようです。

 

【分析書データ】マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉、43.9℃、PH6.6、成分総計3360mg、187.2L/min

 

入浴料 500円

長湯温泉 やすらぎの宿 かどやRe

Posted by 海心堂 on   0 


171
 奥豊後温泉文化伝 No.36

長湯温泉 やすらぎの宿 かどやRe

 

♨遊離二酸化炭素が1020mgの二酸化炭素泉♨

 

令和元年6月8日訪問

 

 改めて分析書データを見ると、ここは二酸化炭素泉なのですね。遊離二酸化炭素が1020mg、炭酸水素イオンは2740mgですが、湯温が51.3℃と高いので、それほど炭酸味は感じられません。



 露天風呂もあるのですが、これは混浴です。4室だけの小さなお宿とはいえ、温泉旅館としては物足りない感があります。


 露天に入ってみて吃驚、浴槽の床がヌルヌルしており、湯面には湯垢のような物が漂っているのです。内湯は清掃されている様でしたが、露天は数日は洗われていないのではと疑いました。



 

【分析書データ】含二酸化炭素-マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉 51.3℃、PH7.0、成分総量5412mg、HCO3-2740mg、弱黄色・弱白濁・微弱金気味・殆ど無臭、85L/min 20/4/30

 

入浴料 150円(湯めぐりパスポート半額)

七里田温泉 木乃葉の湯

Posted by 海心堂 on   0 


170
 奥豊後温泉文化伝 No.5

七里田温泉 木乃葉の湯

 

♨湯面にはカルシウム成分が冷え固まったものが浮遊していました♨

 

令和元年6月8日訪問

 

七里田温泉といえば「日本一の炭酸泉」との呼び声の高い「下の湯」で、「木の葉の湯」に入らせてもらうのはずいぶん久しぶりです。

 浴室に入ると無人で、不思議な形をした浴槽に重炭酸土類泉が掛け流されています。湯面にはカルシウム成分が冷え固まったものが、浮遊していました。寒い季節には薄氷状態となり、足で踏み割る感触がたまりません。





 屋外には露天風呂とうたせ湯があります。清掃が行き届いていないのか、コケが浮いていて興ざめしました。




 ここをはじめ重炭酸土類泉は石灰華が特徴で、付着した様子が汚く見えなくもないので、徹底した清掃が必要ではないでしょうか。

 

【分析書データ】マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉 54.2℃、PH6.8、成分総量4390mg、黄濁色沈殿・金気臭・金気味 1997.02.26 HCO³2080 CO₂572

 

入浴料 300円


長湯温泉 長生湯

Posted by 海心堂 on   0 


169
 奥豊後温泉文化伝 No.37

長湯 長生湯

 

♨洗い場の床には析出物は付いていません♨

 

平成31年4月29日訪問

 

 長湯温泉の竹田市営温泉のひとつで、芹川に面して立ち、目の前に長湯名物の「ガニ湯」があります。

 鄙には稀な建物は、建築家山口隆史氏の設計で、ドーム状の屋根や三角形の窓などお洒落なものです。

 浴室はほの暗く、高窓から差し込む光で湯面が照らされていました。

 湯は成分総量4.5gの重炭酸土類泉で、炭酸水素イオンが2141mgmも含まれています。暗い緑色の湯が大量に注がれ、贅沢なほどの掛け流しになっています。




 浴槽の側面は石灰華が付着して、ザラザラガサガサ状態になっていて、成分の濃さを物語っています。ただし、浴槽をオーバーフローした湯は側溝に流れ出し、洗い場に流れる事はないので、床には析出物は付いておらず、この工夫は好ましいものです。



 

【分析書データ】マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉、42.5℃、PH6.8、成分総量4492mg、炭酸水素イオン2141.8mg

 

入浴料 200円

このカテゴリーに該当する記事はありません。