プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

地獄ハイキング 亀川コース・レポート

 

 

地獄ハイキング 亀川コース・レポート

 

別府温泉地球博物館主催の今年度最初の地獄ハイキングは、平成29年4月22日(土)、温泉マイスター限定で亀川コースでの開催でした。


亀川駅西口に13:30に集合し、ガイドの京都大学地球熱学研究施設の竹村教授、参加者4名と事務局の杉本さんの総勢6名という少人数で勇躍スタートしました。

日豊本線沿いの住宅街を北へ400mほど進むと、目の前に亀川断層の断層崖が聳え立っていました。ここは断層崖の東南端に当たります。

ここから、断層崖の縁沿いに西に400mほど進むと、西念寺の甍が見えてきました。この手前から断層崖を上る九十九折の急な坂道を喘ぎながら550mほど登って行きます。

途中、眼下に国立別府医療センターの広い敷地が見渡せます。この一帯は鉄輪断層崖と亀川断層崖に挟まれた低地で、海抜が2~3mほどしかなく、これまで何度となく津波や高潮の被害を蒙ってきた所ということです。なるほど、津波の避難誘導標識はこの崖を上るよう指示されていました。

また、この断層崖は凝灰角礫岩で出来ており、約30万年前の高平山火山の噴火時の火砕流によって出来たと考えられています。岩を割ってみると角閃石の長く伸びた結晶が見られます。


坂道を登り切るとスパランド豊海の「とんぼの湯」の前に出ました。 ここから丘の頂上付近にある公園まで290mほど登ってゆきますが、ここもかなりの急坂です。公園からは目の前に別府湾から国東半島の山並みが見渡せますが、春霞なのかPM2.5なのか、薄ぼんやりとしていました。

 
 

ここから西に向かって400mほど進むと、今日の最高点のスパランド豊海入口のバス停に着きました。ここに凝結溶解岩の石積みが見られました。これは30万年~9万年前に4度に渡って大噴火を起こした阿蘇山の火砕流が冷え固まってできた岩で、竹田市や豊後大野市に多く見られます。国宝の臼杵石仏や奥豊後の磨崖仏群はすべて、柔らかく加工の容易なこの岩に彫られています。この岩は他所から運び込んだもののようです。

ここからは急な下り350mほどを、内竈集落を目指して進みます。集落の中心には共同浴場の内竈温泉があり、約200mの深さから源泉温度60℃ほどのナトリウムー塩化物泉系の単純泉が湧いています。普段は組合員専用ですが、4月の別府八湯温泉まつりの折には無料開放され、多くの温泉愛好家が訪れます。


この辺りは斜面に張り付くように住宅があり、石垣を積み上げて段々の田畑が作られています。これまで幾度となく、がけ崩れや土石流に襲われて 来た苦労の歴史が偲ばれます。


この辺りでは高平山火山の溶岩が冷え固まった角閃安山岩の一枚岩が見られます。ちなみに別府で石垣によく使われる「別府石」は、朝見川断層と鉄輪断層の間で陥没が起きた後、鶴見岳の噴火が起こり、火砕流や土石流により運ばれた鶴見岳起源の安山岩といいます。この噴火活動は約9万年前からと言われており、比較的新しい火山と言えます。

 ここから平坦な尾根道を1600mほど進み、柴石温泉と血の池地獄の中間あたりで県道218号線に出ました。

ここで興味深いお話しを聞きました。鉄輪のかまど地獄は、かつてはこの辺りにあったという事です。その由来は泉温90℃の噴気で、古来より氏神の竃門八幡宮の大祭に、地獄の噴気で御供飯を炊いていたとの事です。

竈門神社と鉄輪は距離的に遠く、その繋がりに違和感がありましたが、ここであれば納得できます。かつては野村荘(道路沿いに名前の入った門だけが残っている)の裏手にありましたが、徐々に噴気の勢いが弱くなり、昭和30年代に現在地に移転したとの記述がネット上にありました。それにしても、別府地獄めぐりのダイジェスト版が見れる、好都合な代替地がよくぞ見つかったものだと感心します。

ここからゴールまでは500mほど、血の池地獄の前で記念写真を取り、解散となりました。雲一つない好天に恵まれ、2時間30分、全行程4.5kmのハイキングを楽しく終えることができました。



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

杉乃井地熱発電所と大分県における地熱利用

6/11に開催された温泉マイスター限定の「地獄ハイキング」のレポートを転載します。

 平成28年6月11日、別府温泉地球博物館主催の「地獄ハイキング 観海寺2コース」に参加した。当日は梅雨の晴れ間とはいえ、非常に湿度が高い日で、参加者は汗だくになりながら、長い下りのコースを完歩した。また、今回の見どころの一つに「杉乃井地熱発電所」があり、特別な計らいで発電機建屋内の見学ができ、より有意義なものとなった。



 杉乃井地熱発電所は、わが国のホテル業界では初の実用化施設として、昭和55年11月に運転を開始した。当初は3000kw/hの発電量を誇り、ホテル内のすべての電力を賄うことが出来ていた。しかし、地下400mにある蒸気井戸の温度が、当初の200℃から徐々に下がり、現在は135℃程度となり、出力も1900kw/hに低下、ホテルの電力必要量の3割から5割程度となっているということだ。


地熱発電は再生可能エネルギーであり、地球温暖化の原因となるCO²を排出しないクリーンなエネルギーであるといわれている。一方で、設備建築の好適地の多くが国立公園内であることや、蒸気中に含まれる火山性ガスの影響で、機器類が腐食し、耐久性が低いことが問題である。観海寺温泉の泉質は、硫黄分と塩分を含有する単純温泉で、この二つの成分は金属を腐食させるので、その対策が課題となる。ここでは、取り出した蒸気から湿気を取り除く気水分離装置があるとの説明を受けたが、「湿気のない蒸気」とはどんなものか理解が及ばなかった。


また、発電に使った後の熱水は、ホテルに送られ温泉として使われるため、通常の地熱発電所で行われる還元井による熱水の再利用が出来ないことは、資源保護の観点からは一つの課題といえるのではないだろうか。

 

さて、大分県九重町には、地熱発電所として国内最大出力の110,000kw/hを誇る九州電力八丁原地熱発電所がある。ここの特徴は、「二層流体輸送方式」といい、地下のマグマで熱せられた蒸気と熱水を同一配管で輸送し、発電機近くで「気水分離機」で分離し、蒸気だけを利用するというものだ。また、利用されない熱水の一部は、近くの筋湯や湯坪温泉に供給され、旅館・ホテルなどで温泉として活用されている。

かつて週刊ポストが、筋湯温泉を「発電所の工業廃水を温泉と偽装」と取り上げ、大騒動となったことがあったが、これは温泉法でも認めらており、なんら問題はないものだ。そもそも、筋湯、宝泉寺、湯坪、壁湯、川底の各温泉は、成分の含有量が少ないさっぱりとした単純温泉で、この泉質が機器類への悪影響の少ない、地熱発電に好適の泉質であると言えるかもしれない。

 

 

杉乃井ホテルからほど近い堀田温泉郷の日帰り温泉施設「五湯苑」では、小型バイナリー発電機が2014年4月から稼働している。「バイナリー発電」とは、比較的沸点の低い媒体を加熱し蒸発させて、その蒸気で発電する方式で、既存の温泉井の蒸気や熱水が利用できることから、近年注目を浴びている発電方式だ。

6/18(土)に五湯苑での入湯をかねて設備を見学したが、毎時91kwの出力を得ており、180世帯分の年間消費電力を賄うことができるという。堀田温泉も硫黄成分を豊富に含む泉質で、温泉蒸気による発電ユニットの腐食を防ぐため、熱交換機によりエネルギーを取り出しているようだ。


 

別府温泉といえば名物料理として「地獄蒸し」が知られているが、これは古くからの地熱利用の一形態である。現在、大分県の再生可能エネルギーの自給率は全国1位だが、そのほとんどは前記の2発電所と九州電力大岳発電所(出力12,500kw/h)による。最も新しい地熱発電システムである湯けむり発電が、別府市鉄輪の「大分県農林水産センター花き研究所」など県内数カ所で稼働している。これまで取り上げた方式に比べ、更に小型化が可能で、既存の温泉井がそのまま使えることが特徴である。今後、本稿で取り上げたバイナリー発電や湯けむり発電が普及すれば、更に自給率が向上するものと思われる。温泉資源の有効活用と低炭素社会の実現のために大いに期待したいものだ。

 

参考にした情報

 1.「2020年温室効果ガス25%削減のためのエココミュニティ化事業報告書」より

     「大分県の地熱発電・地熱利用(大分県九重町、別府市)」

    http://ecocommunity.jpn.com/wp-content/uploads/2013/01/comm001_22.pdf

  2.株式会社日阪製作所ホームページ 導入事例ページ

      http://www.hisaka.co.jp/case_studies/zoom.html

  3.九州電力株式会社ホームページ 八丁原・大岳発電所の紹介ページ

      http://www.kyuden.co.jp/effort_geothermal_t_hattyoubaru.html

テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

「大分遺産講座」の現地学習会

 

10/17(土)大分学研究会主催の「2015しんけん大分学検定受験講座大分遺産講座」の現地学習会が開催され、国東半島の歴史遺産を見学してきました。参加者は24名、第三回の大分学検定を受験する予定の面々が揃い、国東半島の国東市・豊後高田市・杵築市を巡る有意義なバスツアーでした。同行講師は磨崖仏研究者の山路康弘氏(宇佐市立西部中学校教諭)でした。

 

この日は幸いにも好天の青空に恵まれ、8:30に大分駅を出発、まずは文殊仙寺を目指します。途中、国東市富来より三河明史国東市長が乗り込まれ、国東地区の歴史や自然についてのレクチャーを受けました。

文殊仙寺では住職より当寺の歴史や文化財について詳しく説明を受けました。「天台宗 峨眉山 文殊仙寺」は大化4年(648年)に、中国の五台山から迎えた文殊菩薩を本尊とし、役行者により創建されたとされ、他の六郷満山寺院が仁聞により養老年間(718年頃)創建とされるのに対し、約70年程古い開基で、日本三文殊に数えられる古刹です。御本尊文殊師利菩薩は、一切衆生の知恵の母であり、「三人寄れば文殊の知恵」の発祥地とされています。

境内の急な石段を喘ぎながら登り、本殿で参拝した後、日本一の高さを誇る宝篋印塔などの寺宝を見学しました。また、お茶と手作りの羊羹を頂き、ひととき身体を休めました。






次に一行は国東市鶴川の「レストランZECCO」で花かごランチの昼食をいただきました。ここは平成25年にオープンした古民家レストランで、元自民党副総裁・西村英一氏所有の建物を改装したとの事です。


続いては「三浦梅園記念館」に向かいました。三浦梅園は「豊後三賢」の一人である江戸時代の学者で、「玄語」「贅語」「敢語」の梅園三語を著わして条理学と呼ばれる学問体系を打ち立てた先哲です。

隣接する三浦梅園旧宅は、国指定史跡の茅葺き屋根の建物で、日本各地から多くの門弟が集い、勉学に励んだ様子を忍ぶことができます。


次に向かったのは、国の「重要文化的景観」として選定されている「田染荘小崎の農村景観」です。田染の荘は平安時代に宇佐神宮が荘園として開墾し、今でも当時の集落や水田の位置がほとんど変わらずに残されているものであるそうです。

ここまで、飲料水を買おうと自動販売機を探すが、まったく設置されていません。景観を乱すものとして禁止されているようです。そんな里山風景は、実りの時を迎えた稲穂が、秋の柔らかな陽を受けて黄金色に輝き、懐かしい故郷の風景を見せてくれているようです。



最後は「熊野磨崖仏」、大分県は全国の磨崖仏の6~7割が集中しているといわれ、大分市、豊後高田市、豊後大野市を中心に多数が残されています。

なかでも、臼杵石仏は国内唯一の国宝磨崖仏であり、ここ熊野磨崖仏と、豊後大野市の菅尾石仏が国の重要文化財に指定されています。

この日、同行いただいた山路先生は、磨崖仏の保存・修理に関する研究者で、磨崖仏王国の大分県に専門の研究機関がなく、研究者が少ないことを嘆いていました。

バスを降り、鬼が一夜で築いたといわれる自然石の石段を息を切らして登り切ると、高さ15mほどの岩壁に二体の仏像が刻まれています。向かって左が不動明王像で、高さ8mの半身像で、口元は柔和な笑みを湛えているよです。

向かって右は高さ6.7mの大日如来像で、頭部の上方に三面の種子曼茶羅が隠刻されており、中央を理趣教曼茶羅、右方を胎蔵界、左方を金剛界曼茶羅であると言われています。

熊野磨崖仏は、伝説では養老二年(七一八年)宇佐八幡の化身仁聞菩薩がつくられたと云われていますが、近年の研究により藤原末期の作と推定されています。





この日は偶然にも、杵築市大田村の白髭田原神社の秋季大祭「どぶろく祭り」が開催されており、参加者のたっての希望により、予定を変更して参拝することとなりました。

白髭田原神社説明書より「どぶろく祭りは、当神社の創立と共に 始まる。和銅3(710)の事である。毎年1017,18日の大祭に氏子が濁酒を供えた事に端を発したと言われています。今では、国税庁の許可を得て、境内の醸造庫で作られた濁酒を参拝者に振る舞う全国でも珍しい祭りです。」

初めて頂いた「どぶろく」はかなり酸味があり飲みやすいものではありませんでしたが、年によって味は違うそうで、思いがけなく参拝できたことに感謝しつつ帰路につきました。




テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府八湯温泉まつり

 4/5、「別府八湯温泉まつり」のフィーナーレの「湯かけ祭り」に「NPO法人別府八湯温泉道名人会」が参加することになりました。参加者は法被を揃えることになり、その法被を着て参加するつもりでしたが、「湯かけ」でビショ濡れになることを想定せず、着替えの用意がなかったため、やむなく参加を断念しました。

名人会にちなんで「湯舟」を象った神輿に八木事務局長が乗り込み、勇壮に練り歩きました。ただ、見物の方々に「湯船」に見えたかどうか、次回に向けてもう一工夫する必要がありそうです。参加された名人会の方々、お疲れさまでした。

 せっかく作った「可動式湯舟」ですから、海地獄あたりに持ち込んで、仮設浴槽として利用できれば、名人会の面目躍如となるのではないでしょうか!!

テーマ:大分県情報
ジャンル:地域情報