海心堂の温泉逍遥

日本一のおんせん県おおいた(別府八湯温泉道、奥豊後温泉文化伝)を中心に、九州の温泉(九州温泉道)の入湯記録

茶房たかさきの湯

Posted by 海心堂 on   2 

 

2-40

九州温泉道

No.41

大分県

浜脇温泉

茶房たかさきの湯

 

お宅の風呂におじゃまします感覚はおもしろい。お湯もマスターもあたたかい♪

 

平成25年6月21日訪問


「松葉屋」に電話を入れると、15:00以降にとの事で、ここで時間調整。心なしかマスターが元気がなく、四方山話も盛り上がらず、早々に湯をいただく。


やや熱めの湯は「雲泉寺貯湯タンク」からの引き湯で、そういえば遊園地のラクテンチの麓駅が「雲泉寺」だ。その昔、市営の温水プールがここにあり、今も変わらず豊富な湯量を誇る源泉だ。

アルカリ性単純泉,62.0℃(43℃),PH8.5

成分総量750mg(雲泉寺タンク)

無料(喫茶利用者)


ラムネ温泉館

Posted by 海心堂 on   0 

 

2-39

九州温泉道

No.16

大分県

長湯温泉

ラムネ温泉館

 

建物、浴室など全てに配慮とセンスが行き届く温泉施設のお手本。

 

平成25年6月9日訪問


いつも混み合っている印象があって、つい足が遠のいてしまうが、この日も駐車場はほぼ満杯だ。屋外のラムネ湯は4~5人がのんびりと浸かっていたが、後からやって来る客の中には「ぬるい」とすぐに出ていく人もいる。


そうこうするうちに貸切となった、日曜日にこんなこともあるのだ。湯口付近に人が集まるので、慣れていない人は遠慮して遠い所に入ろうとするようだ。途中、雨脚が強くなり、屋根代わりの布がたわんできたが、広場のむこうの笹は青々と美しい。家族湯は2時間待ちの大盛況である。

ラムネ湯:含二酸化炭素-マグネシウム・ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉、32.3℃、PH6.5、
成分総量3662mg、
184L/min

内湯:マグネシウム・ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉、

41.2℃、成分総量4328mg

\0(奥豊後温泉マイスター無料券)

 

該当の記事は見つかりませんでした。