プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

別府 野湯 鶴の湯

 

32-2

その他の温泉

大分県

別府温泉

野湯 鶴の湯

 

大分県別府市鶴見

 

平成26年5月6日訪問


ここは3度目の訪問になるが、最も整備されているのと、道中に不安要素がないので最も人気が高いようだ。とはいえ、車を止めるのは、毎回ちょっと心配になる。


晴天の下、透明度の高い湯が流れ下ってゆく贅沢、しかも薫り高い硫黄泉。時に白濁することもあるようだが、この日は透明湯に微粒の白い湯の花が舞っていて、香りもやや薄め。湯温は第一槽が47℃の劇熱で浸かれず、第二漕が44℃のやや熱めである。三々五々入浴者がやってきて、それぞれのペースでゆったりと過ごしている。


周囲は緑の絨毯を敷いたような草原が広がり、まさに薫風の候だ。

硫黄泉(詳細不明)

¥0


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

堀田温泉 夢幻の里春夏秋冬

 

2-66

九州温泉道

No.144

大分県

堀田温泉

夢幻の里 

 

自然と一体化した乳白色の温泉。

 

平成26年5月6日訪問


別府3大野湯制覇を終え、堀田温泉郷の奥まった場所にあるここを訪ねた。今年4月から新たに加盟、昨年11月の施設復活から異例の速さでの指定で、湯の良さが認められたものだ。


受付から渓流を渡った対岸に露天風呂「虹の湯」があり、白濁の硫黄泉が湛えられている。露天のためか香りは控えめ、湯口からは源泉とともに噴気が噴き出ているため乳白色がいっそう濃いようだ。口に含むと酸味は薄く、わずかに苦みを感じた。


新しい経営者は若く明るい女将さんで、接客が丁寧なのが好ましい。5月末からはホタルが舞い始めるそうで、まさに「夢幻」の舞台になるようだ。

硫黄泉、110.0℃、PH6.0

¥700


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府 野湯 へびん湯

 

81

その他の温泉

大分県

別府温泉

野湯 へびん湯

 

大分県別府市鍋山

 

平成26年5月6日訪問


次の目的地は鍋山に向かう道を途中で左に折れ、林の中を進んでゆくが、この道は狭いながらも舗装されている。道が谷川沿いになると、まもなく警告板があり、ここがへびん湯の駐車場だ。石段を渓谷に向かって降りてゆくと、素朴で小さな脱衣所が見えてくる。


浴槽は5つあり、一番上に源泉と湧水が注がれ44℃でやや熱め、その下は42℃、次は40℃で、一番下が39℃の湯温。無色透明無味無臭で、さっぱりとした癖のない湯だ。浴槽の底には大小の岩や砂があり、岩の一部には藻がついてヌルヌルするが、これは仕方のない事、ここまで整備をしてくれた方々の努力と愛情に感謝したい。


木々に囲まれた渓谷の湯が、心を癒してくれる。また、車でのアプローチが比較的良いので、おすすめの一湯だ。

単純泉(詳細不明)

¥0


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府 野湯 鍋山の湯

 

80

その他の温泉

大分県

別府温泉

野湯 鍋山の湯

 

大分県別府市鍋山

 

平成26年5月6日訪問


ゴールデン・ウィークの最終日は爽やかな晴天に恵まれ、別府3大野湯を巡ることにした。まずは2010年9月に殺人事件が発生し、一時閉鎖となっていた鍋山の湯へ。噂にたがわぬデコボコ道を進むと、鍋山の入り口に到着、ここで車を止めて、ガレ場を10分ほど上ると、通称「黒湯」についた。


別府湾を一望する見晴らしのいい場所に上下2段の小さな浴槽がある。上はかなり熱く、湧水を加えてもなかなか温度が下がらない。下は41℃でややぬるめ、泥交じりの灰白色の濁り湯だ。


辺り一面に硫化水素ガスが噴出しており、硫黄臭が漂っている。更に奥に「泥湯」があるはずだが、どうしても見つけることができず断念した。道中のダートの荒れ様といい、ガレ場を上るアプローチといい、目的地の眺望の良さといい、「秘湯」と呼ぶにふさわしい場所だ。

硫黄泉(詳細不明)

¥0


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

長湯温泉 山の湯かずよ

 

2-65

九州温泉道

No.143

大分県

長湯温泉

山の湯かずよ

 

炭酸やミネラルなどを豊富に含んだ源泉は肌触りの良い「美肌の湯」

 

平成26年5月4日訪問


平成26年4月に新たに指定された。ここの湯の濃厚さと、湯づかいの丁寧さは選出に値するものである。来るたびに浴室の景色が凄みを増している。湯口近くでは炭酸の微細な泡で白く濁って見える。この季節は、外気と湯の温度差が小さいため、湯面の幕はできないようだ。


立ち寄り湯は火曜・金曜以外とは、この濃厚湯のメンテナンスのためとか、いい湯とはやっかいなものだ。



マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉、52.1℃、
PH7.0、成分総量5927mg、
無色・澄明・炭酸味・殆ど無臭 22/6/22

¥400


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行