プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

湯之元温泉

 

2-77

九州温泉道

No.93

宮崎県

湯之元温泉

 

炭酸泉で赤くなる温泉である

 

平成26年9月21日訪問


自宅を6:30に出発して、途中、道の駅宇目(7:35)と川南SA(9:45)で休憩を取り、9:57ここに到着、3:30の行程だ。東九州道の北川ICから延岡南ICまでは無料区間で、宮崎県に入ったあたりから小雨が降りだした。

朝から常連さんらしい入浴客が多く、にぎわっている。高濃度炭酸泉は素晴らしい泡付きだが、湯温が22℃ほどで長く浸かっていられないのが残念だ。


外の中濃度炭酸泉は32℃ほどで、弱い泡付きがある。加温浴槽は鉄分が発色してオレンジ色やや熱めで、よく温まってから冷泉に入るのに最適だ。炭酸水素イオン・遊離炭酸ともに1300mgを超える素晴らしい炭酸泉だ。



含二酸化炭素-マグネシウム・ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩冷鉱泉、21.6℃(43℃加温)、PH5.8、
成分総量3252mg、8.7L/分

¥500


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

ひがしせふり温泉 山茶花の湯

 

2-76

九州温泉道

No.126

佐賀県

ひがしせふり温泉

山茶花の湯

 

 

 

平成26年7月20日訪問


この日最後に立ち寄ったのがここ、小高い丘の上にそびえるご立派な施設で、市外からの入浴者は¥720というちよっと驚く料金だ。

広々とした館内には、様々な浴槽があるが、天然温泉を使っているのは2つの浴槽だけで、残りは湧水を加温したもの。しかも、温泉浴槽も循環・消毒・加温の三点セットで、論評に値しないものだ。

 


それでも大勢の入浴客が詰めかけており、これで満足の人も多いということだろう。

確かに眺めはよいが、それだけが売り物になるのはいかがなものか。本日の7湯中3~4湯は九州温泉道レベルに達しておらず、選考基準の再考を願いたい。

アルカリ性単純泉、43.2℃、PH8.50、
成分総量614mg、161L/min、
弱黄褐色・微混濁・無味・微硫化水素臭 2004.5.21

¥720


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

熊の川温泉 熊の川浴場

 

2-75

九州温泉道

No.15

佐賀県

の川温泉

の川浴場

 

ヌル湯で長く入って万病を治す療養泉

 

平成26年7月20日訪問


高速を使えばここまで50分ほどの予定だったが、途中、ヘリコプターが出動する事故があり、90分ほどかかったため、古湯の鶴霊泉の受付に間に合わず断念した

ここは「ぬる湯」で有名で、この季節には人気の施設となるようで、あまり広くない浴室に大勢の入浴客があった。


浴室には大中小の浴槽があり、大はぬるめの加温漕、中は湯底から源泉が噴き出す源泉漕、小は熱めの加温漕となっている。源泉は32.9℃とぬるく、温まる湯ではなく、長く浸かってラドン効果を頂く療養泉のようだ。福島原発問題で放射線が大きく取り上げられているが、放射能泉とはどれくらいの被ばく量に当たるのか。鳥取県の三朝温泉のラドン濃度は1立方メートル当たり約2000ベクレルで、年実効線量として約30ミリシーベルトに相当するそうだ。
誰もが長く浸かっているため、早い時間には料金が割高となる。泉質は弱放射能泉とのこと、溶け込んだ成分は179mgのサラッとした湯だが、空気を巻き込んで湧き出るため、泡付きが楽しめるのが面白い。飲泉にも向くようで、入浴者は10Lまで無料で汲めるとか。

単純弱放射能泉、30.7℃、PH9.29、成分総量148mg、無色・澄明・無味・無臭 H3.1.4

¥700


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

嬉野温泉 シーボルトの湯

 

2-74

九州温泉道

No.14

佐賀県

嬉野温泉

シーボルトの湯

 

昔の元湯を再現した洋風建築の温泉

 

平成26年7月20日訪問


嬉野温泉のシンボルとして平成22年にオープンした市営の公衆浴場。館内は広々として開放感があるが、湯は加水・循環・消毒でわずかにツルツル感が残ってはいるが、「美肌の湯」というほどでもない。


公営施設で¥400、石鹸もシャンプーもなしとは驚きだ。おしゃれな外観だけを楽しむ施設のようだ。

 


嬉野温泉観光協会「伝説によると、その昔、神功皇后が戦いの帰りにこの地に立ち寄られ、川中に疲れた羽根を浸していた白鶴が、元気に飛び立つ様子をごらんになったそうです。そこで、戦いで傷ついた兵士を入れてみたところ、実は温泉が沸いていて、たちまち兵士の傷が癒えたのだとか。それを大変喜ばれた皇后が、「あな、うれしいの」と言われたことが、嬉野の地名の起源と伝えられています。 」

ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉、73.4℃、PH7.68、成分総量1792mg

¥400


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府ホテル清風 - 3つの源泉を持ち、オーシャンビューの露天風呂

 

8-22

678

別府八湯温泉道

No.27

別府

別府ホテル清風

 

80年の歴史を感じる海辺の老舗ホテル

 

平成26年8月22日訪問


この日の最後はここの屋上露天風呂。目の前に広がる別府湾、高崎山、大分市の臨海工業地帯が一望できる絶景の露天風呂だ。


源泉「すみゑの湯」は無色・透明の炭酸水素塩泉で、かすかに黄色味を帯び、ほのかな塩味がある。以前はジャグジーが付いていて「循環」と掲示されていたが、このところジャグジーは止まっている。


後付で作られたためだろうか、脱衣所が狭く、込み合うことがあるのが残念だ。

ここには他にも「実篤の湯」「忠康の湯」という源泉があり、「展望岩風呂」や「豊後の湯」などの大浴場がある。

ここは昭和6年「清風荘」の名で、現在の場所に黒田藩の下屋敷を移築したものを買い取って開業したそうだ。堂々とした屋敷建築の写真が残っており、この建物が今に残っていればとすこし残念に思う。

ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉、55.1℃、PH8.2
成分総量2202㎎、
無色・澄明・微塩味・微硫化水素臭 H16.9.14

¥0

(七段無料券)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

ホテルニューツルタ - 由緒ある二条泉は析出物が見どころ

 

8-21

677

別府八湯温泉道

No.26

別府

ホテルニューツルタ

 

ヨットハーバーを望む歴史ある二條泉

 

平成26年8月22日訪問


ここの湯は「二条泉」と呼ばれるが、大正4年発行『別府大観』によれば「別府温泉中二条泉とは字北浜乾液泉から一丁余り北の方に在り。抑も本泉は図の如く構造完備して、浴客多し。本泉は曾て二条公の御入浴せられたる事のありたるを以て夫れから二条泉と称へたるものなり」とされている。また、大正4年『通俗別府温泉案内』には「浴場の二階を説教所として絶へず真宗の説教があるから、療養の旁ら信心が出来る、所謂霊と肉とを保養し得る特種の温泉である」とあり、珍しい浴場であったようだ。


この日も無色・透明のやや熱めの湯が掛け流され、浴槽の湯が流れ出す辺りの析出物の景色が見どころだ。



ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉,55.6℃,PH7.7
成分総量1576mg、無色・澄明・無味・無臭 H16.9.27

¥0

(七段無料券)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

ホテル別府パストラル - ゆったりと広い内湯は落ち着けます

 

8-20

676

別府八湯温泉道

No.88

別府

ホテル
別府パストラル

 

閑静な立地で開放感にひたれる

 

平成26年8月22日訪問


今回のテーマは「脱衣所にエアコン」。残暑厳しき折、別府のアチチ湯は軟弱な我が身には堪える、ならば脱衣所にエアコンがあるホテル湯でという訳だ。

ここは荘園の閑静な住宅地に6000坪の敷地を持つホテルで、松や桜の大木がのびやかな雰囲気を醸し出している。ここのフロントの対応はいつもながら丁寧で、ありがたい。

 


長い渡り廊下の先に浴室があり、脱衣所・浴槽ともに広々とした開放感と、手入れの行き届いた清潔感がある。内湯は別府でも指折りの大きさで広々としているが、この折は贅沢にも貸し切りだった。


無色・透明の炭酸水素塩泉はほとんど特徴を感じさせないが、毎時87,000
の豊富な湧出量で、19,000の浴槽を掛け流しで提供しているのは素晴らしい事だ。



ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉、51.2℃、PH8.0、
成分総量1253㎎、無色・澄明・無味・無臭 17/5/20

¥0

(七段無料券)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

嬉野温泉 嬉泉館

 

2-73

九州温泉道

No.12

佐賀県

嬉野温泉

嬉泉館

 

嬉野温泉のつるつる源泉掛け流しの湯

 

平成26年7月20日訪問


またも30分ほどの移動で嬉野温泉に着いた。ここは嬉野では珍しい自家源泉で、掛け流しのツルツル湯だ。


嬉野は湯量の減少のため、多くの旅館が集中管理方式の配湯に頼っていると聞くが、ここは敷地内に源泉があり、そのままチョロチョロと掛け流されるので、ツルツル感が強く、これぞ「日本三大美肌の湯」といえそうだ。
石造りの浴室は薄暗く、落ち着いた雰囲気。手前の大き目の浴槽は39℃で、奥の小さ目が40℃と大きな違いはない。かすかな黄色味と塩味、湯を大切に扱う事にかけて一級品の宿だ。



ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉、84.0℃、PH8.4
成分総量1399mg H4.10.22

¥500


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

黒髪の森温泉 天童乃湯

 

2-72

九州温泉道

No.141

佐賀県

黒髪の森温泉

天童乃湯

 

緑の山々に囲まれ、とろみのある心地よい美肌の湯。

 

平成26年7月20日訪問


ここも車で30分ほどの場所だが、場所が分かりにくく、黒髪山の山麓にひっそりと佇む秘湯の感がある。


5×10mほどの浴槽があるだけのシンプルな施設で、循環・加温のツルツル温泉だ。建物自体がチープで、黒ずんだ浴槽といい、あまり良い印象ではなかった。

ナトリウム-炭酸水素塩泉、40.8℃、PH8.2、
成分総量1,464mg、187.5L/min、
無色・澄明・無味・無臭 H19.1.15

¥400


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

鶴川温泉

 

106

その他の温泉

大分県

鶴川温泉

 

玖珠郡玖珠町太田川底3935-5

 

平成27年8月16日訪問


深耶馬渓からここへは直通の道路がなく、一旦玖珠町の中心部から、別の谷を山奥深く分け入った場所に位置している。幹線道路からも急な坂道を下った先にこの集落があり、「川底」という地区名もうなずける。

浴槽は内湯と露天の2つで、内湯は浴槽内に源泉口があり、泡を伴ってジェットバスの様に勢いよく湯が供給されている。


47℃の源泉は全く手が加わっておらず、新鮮そのものだが、この時期には少々熱すぎる。が、加水しようにも水道の蛇口もない潔さだ。わずかに黄色味を帯びた湯はツルツル感がある。そのためか浴室の床が滑りやすく、オーバーフローした湯は浴室を流れることなく排出される様、工夫されている。(これが循環を疑わせたのだが)


露天はぬるめになっておりゆっくりと浸かれるが、男湯は開放的過ぎて道路から丸見え状態で、体を沈める場所を慎重に吟味する必要がありそうだ。

単純温泉、47.2℃(詳細不明)

¥300


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行