プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

明礬温泉 豊前屋旅館 - 弱酸性の濃厚硫黄泉

 

8-45

701

別府八湯温泉道

No.161

明礬

豊前屋旅館

 

地蔵泉をホウフツさせる白濁硫黄泉

 

平成27年10月25日訪問


やはり硫黄の香りを嗅ぎたくて、ここを訪れた。

別府で最初に明礬を製造したのは、肥後八代の渡辺五郎衛門と言われていますが、はじめはその精製法がわからず、長崎の唐人からそのやり方を学んだとされています。一方で、豊後玖珠森藩の記録には、渡辺五郎右衛門が湯の花を煮ている鍋の中に、誤って煙草の灰を落とし、明礬の純白な結晶を作るのを発見したと記されているという。唐人から学んだことを隠したかったのだろうか。


ここの湯は弱酸性の硫黄泉で、湯中に無数の硫黄の細粒が舞うタイプで、硫黄香も強い。ただし、湧出時は無色透明で、空気に触れると湯の花の結晶を作るようだ。



単純酸性・硫黄泉(硫化水素型),66℃、PH5.1、成分総量398mg、自然湧出、無色・微弱混濁,殆ど無味,強硫化水素臭 21/11/11

¥350


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

鉄輪温泉 小倉薬師温泉丘の湯 - 温泉組合加入者が多い秘密は

 

8-44

700

別府八湯温泉道

No.84

鉄輪

小倉薬師温泉

丘の湯

 

硫黄香るライトでクリアな湯

 

平成27年10月25日訪問


ここは今は無き「神丘温泉」や「原爆センター」、そして名湯の誉れ高い「豊山荘」にほど近く、敷地内の噴気を山水に当てて作った噴気造成泉とか。

どこの共同浴場も組合員の減少が悩みの種だが、ここは組合員がそこそこ多いようだ。同浴の方に聞いてみると、地区外の組合員が多く、この方も扇山から通ってこられるとの事で、一人月2,000円だそうだ。しかも、小倉地区には照湯・新湯・ここの3つの共同浴場があり、組合員になればどこでも入れると聞いたことがある。


木枠の浴槽と天草石の洗い場、硫黄の香りがほとんどないのが残念だが、掛け流しの湯がザアザアと流れ出し様を見ていると、実に贅沢な気分になれる。



単純泉(詳細不明)

¥100


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

浜脇温泉 日の出温泉 - 砂浜の風情はよみがえるのか

 

8-43

699

別府八湯温泉道

No.37

浜脇

日の出温泉

 

日の出が拝めそうな海に近い湯

 

平成27年10月25日訪問


この日の最初は、幹線道路沿いのここ、かつては目の前が海岸線で、入浴中に日の出が眺められたという。


もともと別府の海岸線はすべて天然の砂浜で、明治4年に別府港ができるまでは船が停泊できる港すらなかったそうだ。温泉地として発展するに従い、土地の狭さを解消するため、海岸の埋め立てが始まったのは明治43年だ。

市報べっぷ「以前は別府にも白砂青松の魅力あふれた海岸線が続き、海辺に砂湯が湧き出て、湯治客や海水浴客が訪れて賑わっていました。しかし、高度成長時代に産業の発達や災害の防止、あるいは道路を作るために、自然の海浜を埋め立て、無粋な護岸を造り、消波ブロックを敷き詰めたため、海岸の風情が失われていきました。」

そして現在、かつての砂浜を取り戻そうと、北浜地区、餅ヶ浜地区、上人が浜地区で工事が進んでいる。



ここは熱めのアルカリ性単純泉で、湯の鮮度がよく、かすかにスベスベ感があり、浴後に汗が引かないほどよく温まる湯だ。

アルカリ性単純温泉、62℃、PH8.5
成分総量750mg(雲泉寺タンク)

¥100


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

「大分遺産講座」の現地学習会

 

10/17(土)大分学研究会主催の「2015しんけん大分学検定受験講座大分遺産講座」の現地学習会が開催され、国東半島の歴史遺産を見学してきました。参加者は24名、第三回の大分学検定を受験する予定の面々が揃い、国東半島の国東市・豊後高田市・杵築市を巡る有意義なバスツアーでした。同行講師は磨崖仏研究者の山路康弘氏(宇佐市立西部中学校教諭)でした。

 

この日は幸いにも好天の青空に恵まれ、8:30に大分駅を出発、まずは文殊仙寺を目指します。途中、国東市富来より三河明史国東市長が乗り込まれ、国東地区の歴史や自然についてのレクチャーを受けました。

文殊仙寺では住職より当寺の歴史や文化財について詳しく説明を受けました。「天台宗 峨眉山 文殊仙寺」は大化4年(648年)に、中国の五台山から迎えた文殊菩薩を本尊とし、役行者により創建されたとされ、他の六郷満山寺院が仁聞により養老年間(718年頃)創建とされるのに対し、約70年程古い開基で、日本三文殊に数えられる古刹です。御本尊文殊師利菩薩は、一切衆生の知恵の母であり、「三人寄れば文殊の知恵」の発祥地とされています。

境内の急な石段を喘ぎながら登り、本殿で参拝した後、日本一の高さを誇る宝篋印塔などの寺宝を見学しました。また、お茶と手作りの羊羹を頂き、ひととき身体を休めました。






次に一行は国東市鶴川の「レストランZECCO」で花かごランチの昼食をいただきました。ここは平成25年にオープンした古民家レストランで、元自民党副総裁・西村英一氏所有の建物を改装したとの事です。


続いては「三浦梅園記念館」に向かいました。三浦梅園は「豊後三賢」の一人である江戸時代の学者で、「玄語」「贅語」「敢語」の梅園三語を著わして条理学と呼ばれる学問体系を打ち立てた先哲です。

隣接する三浦梅園旧宅は、国指定史跡の茅葺き屋根の建物で、日本各地から多くの門弟が集い、勉学に励んだ様子を忍ぶことができます。


次に向かったのは、国の「重要文化的景観」として選定されている「田染荘小崎の農村景観」です。田染の荘は平安時代に宇佐神宮が荘園として開墾し、今でも当時の集落や水田の位置がほとんど変わらずに残されているものであるそうです。

ここまで、飲料水を買おうと自動販売機を探すが、まったく設置されていません。景観を乱すものとして禁止されているようです。そんな里山風景は、実りの時を迎えた稲穂が、秋の柔らかな陽を受けて黄金色に輝き、懐かしい故郷の風景を見せてくれているようです。



最後は「熊野磨崖仏」、大分県は全国の磨崖仏の6~7割が集中しているといわれ、大分市、豊後高田市、豊後大野市を中心に多数が残されています。

なかでも、臼杵石仏は国内唯一の国宝磨崖仏であり、ここ熊野磨崖仏と、豊後大野市の菅尾石仏が国の重要文化財に指定されています。

この日、同行いただいた山路先生は、磨崖仏の保存・修理に関する研究者で、磨崖仏王国の大分県に専門の研究機関がなく、研究者が少ないことを嘆いていました。

バスを降り、鬼が一夜で築いたといわれる自然石の石段を息を切らして登り切ると、高さ15mほどの岩壁に二体の仏像が刻まれています。向かって左が不動明王像で、高さ8mの半身像で、口元は柔和な笑みを湛えているよです。

向かって右は高さ6.7mの大日如来像で、頭部の上方に三面の種子曼茶羅が隠刻されており、中央を理趣教曼茶羅、右方を胎蔵界、左方を金剛界曼茶羅であると言われています。

熊野磨崖仏は、伝説では養老二年(七一八年)宇佐八幡の化身仁聞菩薩がつくられたと云われていますが、近年の研究により藤原末期の作と推定されています。





この日は偶然にも、杵築市大田村の白髭田原神社の秋季大祭「どぶろく祭り」が開催されており、参加者のたっての希望により、予定を変更して参拝することとなりました。

白髭田原神社説明書より「どぶろく祭りは、当神社の創立と共に 始まる。和銅3(710)の事である。毎年1017,18日の大祭に氏子が濁酒を供えた事に端を発したと言われています。今では、国税庁の許可を得て、境内の醸造庫で作られた濁酒を参拝者に振る舞う全国でも珍しい祭りです。」

初めて頂いた「どぶろく」はかなり酸味があり飲みやすいものではありませんでしたが、年によって味は違うそうで、思いがけなく参拝できたことに感謝しつつ帰路につきました。




テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

立ち寄り湯 夢幻の里春夏秋冬

 

8-42

698

別府八湯温泉道

No.193

堀田

立ち寄り湯

夢幻の里春夏秋冬

 

青色濁り湯で硫黄分は以前より濃厚

 

平成27年10月12日訪問


この日の3湯目はここ、こちらも「名人会」の会員特典として、入浴料が¥260となる。

ここの湯は、138度の源泉蒸気を山水に吹き込んで温泉成分を溶かし込んだ噴気造成泉で、青白濁の単純硫黄泉だ。そのため、湯の花が舞うタイプではなく、まんべんなく白濁し硫黄香はやや弱いタイプだ。湯船に身を沈めていると森の奥深く迷い込んだようなで、野鳥の甲高い鳴き声が聞こえてくる。




前回の訪問時は県による渓流の護岸工事の真っ最中だったが、今回はその工事も完了して、元の静かな佇まいを取り戻していた。受付兼休憩所には音量を絞ったスタンダートジャズのナンバーが流れ、デッキに出ると谷川のせせらぎが耳に心地よい。

2013年に経営を引き継いだ女将さんと娘さんが、いい温泉にしようと情熱を傾けているのがひしひしと伝わってくる素敵な場所だ。

硫黄泉、110.0℃、PH6.0

¥260

(名人会割引)



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

みかゑり温泉

 

8-41

697

別府八湯温泉道

No.43

鉄輪

みかゑり温泉

 

金気の香りうれしい食塩泉

 

平成27年10月12日訪問


この日の二湯目はこちら、事前にタマゴ・ジャガイモ・サツマイモを準備しての訪問だ。中庭に出て、芋を地獄釜にセットしていると、いつも通りにシューシューと音を立てて、源泉の噴気が青空に立ち上っている。


広い露天風呂は貸し切りで、うすい塩味があり香りは感じられないが、内湯でははっきりとした金気臭が感じられる。

わずか¥300で内湯、むし湯、露天風呂が楽しめて、そのうえ地獄蒸しが無料とはお得感満載だ。

 

【閑話休題】この近くに「新別府」という地区があるが、そもそも大正4年に一区画300坪の温泉付き高級別荘地として開発されたものだ。開発に携わったのは竹田出身の千寿吉彦氏で、ここに温泉を引くために「海地獄」を買い取ったという。同年の広告文に、「泉源は海地獄より引用して各戸に供給す、泉量無限豊富にして透明無色而して効能至大、極寒時の最低温度百六十度から下らず。」と記されており、松の木をくりぬいた木管で送湯したそうだ。

ナトリウム-塩化物泉 82.0 PH=? 溶存物質計2833mg

¥300



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府のお宿 加賀屋 - 露天風呂も間欠泉

 

8-40

696

別府八湯温泉道

No.198

別府

別府のお宿 加賀屋

 

3種類(檜、岩、露天)のお風呂が楽しめる

 

平成27年10月12日訪問


「NPO法人別府八湯温泉道名人会」の会員特典として、ここの入浴料が割引になることになったので早速訪れた。受付してくれたのは松坂桃李似のイケメンで、FBによればシンジ君20歳のようだ。


ここには3つの浴室があるが、今回は未湯の露天風呂を所望した。ごく小さな露天風呂だが、浴槽の縁は析出物が付着し、いい景色を見せている。ここの源泉口もボコボコと音を立てて噴出しており、まるで間欠泉のようだ。


新しいオーナーご夫妻が、宿の経営に情熱を傾けているのが伝わってくる。行ったことはないが、和倉温泉の「加賀屋」は顧客満足度日本一の宿と聞いているが、同じ名前の「別府のお宿 加賀屋」さんにエールを送りたい。

ナトリウム・マグネシウムー炭酸水素塩・塩化物泉、52.0℃、PH7.5、成分総量1918mg、
微弱黄色・澄明・無味・無臭 H27.5.22

¥260

(名人会割引)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

パルクラブ 大地の湯 - 社会福祉農業法人の重曹泉

 

 

奥豊後温泉文化伝

No.8

久住

パルクラブ

大地の湯

 

地下900mから湧く緑色の炭酸泉

 

平成27年10月10日訪問


この日の最後はここ、HPによれば「『野菜夢工場 パルクラブ』は社会福祉法人博愛会が運営する福祉工場です。観光部・食肉部・農生産部があり、雄大な久住高原の大自然の元、知的障害のある人たちがそれぞれの「夢」と「希望」を持ち、地域の人たちとも触れ合いながら、自立した生活を送っています。」大分市内にも、レストラン「久住屋」や県立美術館のcafé Charité(カフェ シャリテ:フランス語で「慈悲」「博愛」という意味) などもここの関連施設だ。


「大地の湯」は地下900mから自噴する温泉で、緑色がかった濁り湯が豊富に掛け流されている。肌触りの柔らかい湯で、ぬるめの露天風呂をゆっくり楽しみ、最後に熱めの内湯でしっかり温まるのがお勧めだ。



田んぼの稲穂が黄色に色付き、首を垂れる様子を眺め、美しい日本の秋を満喫した。



ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・塩化物泉、56.1℃、
PH6.9、
成分総量2827mg
54.4L/min(掘削自噴900m)

¥150

(「久住の日」半額)



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

ザ・ガンジーホテル&リゾート - 高原リゾートの緑色笹濁りの湯

 

75-2

その他の温泉

大分県

ザ・ガンジー

ホテル&リゾート

 

大分県竹田市久住町久住4028-1

 

平成27年10月10日訪問


本日の3湯目はこちら、「くじゅう花公園」から少し北へ行ったところにあり、客室数わずか15室のリゾートホテルだ。

浴室は地下にあり、御影石張りの小さな浴槽一つとサウナ室があり、小さな庭が眺められるが、阿蘇五岳に続く高原の風景を眺められるご自慢の眺望はない。


湯は源泉かけ流しの炭酸水素塩泉で、HPには「エメラルドグリーン」と表記されているが、それほど鮮やかではない笹濁りの緑色で、底には褐色の湯の花が沈んでいる。清潔で落ち着いた雰囲気があり、ホテルの風呂らしい風情があった。



ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉

\250

(「久住の日」半額)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

久住高原ゴルフ倶楽部 - 高原のゴルフ場の掛け流し温泉

 

111

その他の温泉

大分県

久住高原

ゴルフ俱楽部

 

大分県竹田市久住町大字白丹3866番地

 

平成27年10月10日訪問


次はゴルフ場が付属の温泉を立ち寄り湯として開放している珍しい施設で、HPには「遠く南に祖母山、西に阿蘇山を望み、北にくじゅう連山を拝す雄大なロケーション。 標高680mから760mという緩やかな南斜面に開けた面積約123haの広大なフィールド。コース設計は、この立地条件を最大に活かすことにポイントを置きました。テーマは、”空と大地”そして”大地と水辺”。のびやかな草原と水辺の林が織りなすコントラストにヒントをえたものです。小川のせせらぎ、美しい池や草が潤いのアクセント。」との記述がある。


受付から階段を下ったロッカールームの先に広い脱衣所があり、浴室はほの暗く落ち着いた雰囲気だ。内湯と露天風呂があり、いずれもヒノキの浴槽で、まだ真新しいようだ。湯は柔らかな炭酸水素塩泉で、適温に調整されていた。浴槽の先は林が続いており、眺望のないのが残念だが、さすがの高級感とアメニティーの充実に心地よく過ごすことができた。



ナトリウム‐炭酸水素塩・硫酸塩泉、47.9

\250

(「久住の日」半額)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行