プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

別府温泉 餅ヶ浜温泉 - 鎮西八郎為朝ゆかりの湯

 

8-62

718

別府八湯温泉道

No.174

別府

餅ヶ浜温泉

 

48℃源泉を豊富にかけ流し

 

平成27年11月23日訪問


この日の最後は、ここ餅ヶ浜温泉、この辺りには「餅ヶ浜」「弓ヶ浜」「的ヶ浜」という地名が残るが、鎮西八郎源為朝が若き日に弓の鍛錬をした場所と伝えられている。剛弓の弓を張ったのが「弓ヶ浜」、的を置いたのが「的ヶ浜」で、褒美の餅を食ったのが「餅ヶ浜」という。



浴室には2人の先客があり、そのひとりは肌に絵柄のあるおじさんで、盛んに体操を繰り返していた。湯はかなり熱めで、使っているとジンジンしてくる。かすかに黄色味を感じさせるが、癖のないよく温まる湯だ。



ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉、48.4℃、pH 7.8、成分総量1536mg、無色澄明,無味,無臭

¥100


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府温泉 京町温泉 - 多量掛け流しの共同湯

 

8-61

717

別府八湯温泉道

No.91

別府

京町温泉

 

市街地で圧倒的湯量を誇る

 

平成27年11月23日訪問


次は境川左岸の京町温泉、以前は近くに酒屋さんがあり、スタンプも酒ビンとお猪口の図柄だが、その酒屋は今は無くマンションに建て替えられている。ここは番台におじさんが居て、なにげない会話を交わす。

湯は55℃近い熱めで無色透明、かなりの量が掛け流し状態だ。


細い路地とそこに祀られた仏様、くみ上げポンプの音と貯湯タンク、そして入口の立派なのれん、この風情がなんとなくお気に入りだ。



ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-炭酸水素 塩泉、
54.6℃、PH7.8、成分総量1653mg、
無色・澄明・殆ど無味・殆ど無臭 21/1/29

¥100


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府温泉 若草温泉 - 自家源泉の熱めの湯

 

8-60

716

別府八湯温泉道

No.184

別府

若草温泉

 

黄色いパトランプが目印の共同湯

 

平成27年11月23日訪問


この日は境川流域の共同温泉3湯を巡ることとした。最初に訪れたのは、ここ若草温泉で、H23.9.3以来4年ぶりの訪問だ。交通量の多い国道10号線からすこし山手に入った場所にあり、地区の公民館に併設されている。


無人の番台から狭い脱衣所に降り、さらに階段を数段下った先に小さな浴室がある。浴槽を挟んで手前と向こうに洗い場があり、定員2名といったところだ。湯は成分総量13890mgの炭酸水素塩泉で、わずかに色付きがあるようだ。


独自源泉からの湯は小さな浴槽に熱めで掛け流され、同浴したご近所さんが加水して冷ましてくれた。狭さと穴倉の様な独特の雰囲気を持った湯だ。

ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-炭酸水素塩泉、47.4℃、
PH7.7、成分総量1390mg 21/9/2

¥100


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府温泉 竹瓦温泉 - 男湯、女湯、砂湯それぞれに専用源泉を持つ

 

8-59

715

別府八湯温泉道

No.1

別府

竹瓦温泉

 

ここぞ別府! 玄関的存在の名湯 

 

平成27年11月14日訪問


久しぶりにここを訪れたが、いつもになく湯の濁りが強く、熱めなのはいつも通りだ。


竹瓦温泉はこの界隈の楠温泉や紙屋温泉、不老泉に比べるとその歴史は新しく、明治12(1879)年の創設だが、その頃、海岸の砂浜に湧き出ていた温泉に、地元の漁師が山から切り出してきた竹で屋根を葺いたのがその名の由来だ。

その後、明治35年に平屋瓦葺の浴舎に建て替えられ、大正2年に2階建ての浴舎となり、昭和13年には玄関に豪華な唐破風造りの屋根を持つ現在の社寺風温泉建築となった。


また、贅沢にも3つの源泉を持ち、男湯はナトリウム・カルシウム・マグネシウム-塩化物・炭酸水素塩泉、女湯はナトリウム-炭酸水素塩泉で、砂湯はナトリウム・カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩・塩化物泉といい、泉質まで異なるという豪華さだ。

ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-塩化物・炭酸水素塩泉、PH7.353.8℃、成分総量2516㎎、
微弱黄色・澄明・無味・微弱自然臭 21/3/9

¥100


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府温泉 べっぷ野上本館 - 名湯「浜の湯」と「鍾乳乃滝」

 

8-58

714

別府八湯温泉道

No.33

別府

べっぷ野上本館

 

男湯の滝の成分析出は別府一

 

平成27年11月14日訪問


今日は鉄輪で「NPO法人別府八湯温泉道名人会」の臨時総会が開催されるので、その前にここを訪れた。フロントから数段下った脱衣所には、「浜の湯」のいわれや「鍾乳乃滝」の由来などが丁寧に説明されている。


浴室に入ると青いきれいな浴槽が目に飛び込み、洗い場の変色具合、旧別大電車の軌道敷石に温泉成分が付着した様子が、否応なく湯心を高めてくれる。源泉は建物の床下にあるそうで、無色・透明でサッパリとした湯が豊富に掛け流されている。


温泉道に理解のあるお宿で、いつでも修行者を快く迎えてくれるのが有り難い。

ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉、55.8℃、PH7.2
成分総量1225㎎、無色・澄明・無味・無臭、H15.11.4

¥0(七段無料券)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

陽だまり温泉 花の湯 - 平日日中がお得だ

 

8-57

713

別府八湯温泉道

No.175

周辺

陽だまり温泉花の湯

 

生花&湯の花!滑らか硫黄系

 

平成27年11月13日訪問


全9室の家族湯専用の施設だ。通常は一室が¥1600だが、平日日中のみ一人¥550で利用できるのが有り難い。この日も何組かご夫婦で利用されていたようだった。


元が温室なので、明るくて開放感があり、劇熱の湯はほんのり硫黄香があるのが好ましい。分析書に湧出量が3.3
/分とあり、噴気の噴出が多い源泉ではと想像した。


一番手前の「さくら」はサウナ付きのようで、次回はここを試してみよう。

ナトリウム-塩化物泉、99.0℃、PH8.6、成分総量4272mg

¥550


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

鉄輪 すじ湯温泉 - 湯治専用温泉とはお別れ

 

 

別府八湯温泉道

No.142

鉄輪

すじ湯温泉

 

貸間旅館街のド真ん中の共同湯

 

平成27年11月13日訪問


ここにはお別れの入浴にやってきた。

別府でも珍しい湯治専用の温泉で、水道はなく石鹸やシャンプーの利用は禁止されている。


この形態は日常の入浴には使えず、まさに療養のための温泉であり、利用者の減少を食い止めることができなかったようだ。

いつもここの周りにたむろしていた野良猫たちはどうなってしまうのだろうか。建物の前にある源泉からは、今も湯気が立ち上っていた。



塩化物泉

¥100


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

鉄輪温泉 神丘温泉 豊山荘 - 泉質名が「含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉」に

 

8-56

712

別府八湯温泉道

No.129

鉄輪

神丘温泉 豊山荘

 

別府一、ニのつるつる硫黄泉

 

平成27年11月13日訪問


お宿の受付で「温泉本」の百円割引券を出すと¥200でいいと言われた。ありがたい事なのでそのままにしたが、何か腑に落ちない感があった。

ここの湯は95.6℃の劇熱で、PH9.1は別府一の高アルカリ性だろう。そのためツルツル感があるが、湯中で手のひらをこすり合わせると、その感じが強く感じられる。


宿のHPに平成24920日の分析書が掲載されていて、泉質が「含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉」となっていた。残存物質量が1032mgなので、ぎりぎりのところで塩類泉になったり、「単純硫黄泉」になったりするようだ。しかも地下170mから自噴しているそうで、すばらしい源泉だ。



単純硫黄泉(硫化水素型)、95.6℃、PH9.1
成分総量970㎎、無色・澄明・無味・硫化水素臭 H16.2.18 メタケイ酸263 硫酸イオン292

¥200
(温泉本割引券)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

堀田温泉 別府ホテル芙蓉倶楽部 - 新源泉はますます美肌の湯に磨き

 

8-55

711

別府八湯温泉道

No.123

堀田

別府ホテル

芙蓉倶楽部

 

しっとりやわらかな湯

 

平成27年11月13日訪問


小雨の降り続く生憎の天気で、堀田あたりまで登ってくると霧に包まれていた。


落ち着いた雰囲気のフロントで案内を乞い浴室に向かうと、浴室の窓からしっとりと霧に包まれた屋外の様子が眺められた。

ここの湯は今年の8月に新源泉となり、源泉温度・PH・成分総量ともに高くなっており、ますます美肌の湯に磨きがかかったようだ。分析書にもあるが、湯はかすかな乳白色の濁りが感じられた。浴室の床の変色からは鉄分の存在も感じさせる。


平成14年4月に大分県トラック協会が買収したとの記事を見つけたが、今は別の経営体になっているようだ。

ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・塩化物泉、65.6℃、
PH8.3、成分総量1269mg、
弱乳白色・中混濁・無味・
無臭 H27.8.19 メタケイ酸156

¥0(温泉本無料券)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府温泉 南的ヶ浜温泉 - 自家源泉の土類泉

 

8-54

710

別府八湯温泉道

No.181

別府

南的ヶ浜温泉

 

湯量豊富な独自源泉の塩類泉

 

平成27年11月8日訪問


この日の最後は、海門寺温泉から北へ徒歩数分ほどの南的ヶ浜温泉。ここは自家源泉で、敷地内から土類泉が湧き出している。


ここも公民館に併設された共同浴場だが、建物はかなり古く、浴室もかなりの傷みがある。今も脱衣所の床が抜けそうで、注意書きが張ってあった。こんな共同湯に出会うと、建て替えとなった時に、存続できるだろうかが気にかかる。


鉄輪のすじ湯温泉は、運営が赤字のため今月末で閉鎖が決まった。掃除の人を雇うための毎月4万円が捻出できないためという。行政の支援は必要だが、それ以上に利用者の減少が深刻なようだ。

ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉、57.3℃、
成分総量1832.3mg

¥100


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行