プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

別府温泉 芝居の湯 - ここの真骨頂は多目的ホールの建築様式

 

9-14

762

別府八湯温泉道

No.99

別府

芝居の湯

 

白壁美しい施設は通称「芝居小屋」

 

平成28年3月27日訪問


ここ「別府市コミュニティーセンター」に併設された「芝居の湯」は、受付から浴室へ通ずる階段あたりに芝居小屋らしさがあるが、その真骨頂は多目的ホールにある。正面には芝居小屋のシンボルである「櫓」が掛けられており、これはかつては人寄せの太鼓をたたいた所で、幕府公認の小屋であることの証でもあった。また、回り舞台や観客席には「枡席」が設けられいて、江戸の伝統的「芝居小屋」の様式となっている。


ここは堀田温泉からの引き湯で、この距離を経てもはっきりとした硫黄香があるのが好ましい。しかし、分析書にはその片鱗も見いだせない。やや熱めの湯だが、別府温泉の初心者の方にもお勧めできるいい湯だ。



単純泉 、78.0℃、PH6.4、成分総量845mg
微弱白色・微弱混濁・少沈析物有・無味・微弱自然臭 H21.3.27 メタケイ酸119.3 遊離二酸化炭素329.3
別府市温泉供給事業石垣線

¥0

(3湯チケット)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府温泉 ホテル白菊 - ピカピカに磨き上げられた浴室はさすが!

 

9-13

761

別府八湯温泉道

No.23

別府

ホテル白菊

 

開放感あふれる大露天風呂「楠湯殿」

 

平成28年3月26日訪問


「風呂の日」の今日、ここは外せない。通常料金¥1,000のところ、¥260というお値打ちだ。ただ、このことをご存知の方が当然多く、少々混み合うのは仕方ないだろう。

この日はラッキーにも男湯が「楠湯殿」で、元プールであったという広い内湯と露天風呂でノビノビできた。


翌日、名人会事務所に注文してあった法被を受け取りに行くと、温泉道大名人の加藤厚子さんがおられた。彼女は白菊のベテラン従業員にして、(この時伺ったのだが)、名人位を88回達成して三代目「泉聖」となられた偉大な先輩だ。



白菊の浴室の清掃の行き届いていることっを感心して話すと、彼女もその事にいつも気を配っていると話してくれた。別府で一番きれいに掃除されているのがここ「ホテル白菊」なのだ。

単純泉、52.5℃、PH8.5、成分総量928㎎、加水

¥260

(風呂の日)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府鉄輪温泉 みどり荘 - 硫黄泉の2つのタイプ

 

9-12

760

別府八湯温泉道

No.64

明礬

みどり荘

 

3つの内湯と3つの露天はいずれも家族湯

 

平成28年3月26日訪問


この日は月に一度の「風呂の日」で、白濁硫黄泉を楽しむべくここを訪ねた。玄関先の「大寒桜」はすでに葉桜に変わっていた。


こんな天気のいい日は露天風呂がよかろうと、一番奥の湯屋に案内された。明るい陽光を浴びながら湯に浸かり、見上げると空はすこし薄いが爽やかなスカイブルーだ。


湯はPH2.7の酸性泉で、口に含むと酸味が強く、かなりのエグ味がある。この日は濁りが弱く、露天のためか硫黄臭も控えめで、やや薄い湯に感じられた。湯温は適温に調整されていて、心地よく浸かっていられた。硫黄泉には硫化水素型と硫黄型の2つのタイプがあり、ここは酸性硫黄泉で、微粒の硫黄が湯中に漂い、固まって底に沈むことは少ないようだ。

単純酸性硫黄泉(硫化水素型)、68℃、PH2.7、
成分総量481mg、無色・澄明・強酸味・強金気味
・強硫化水素臭 H21/10/30

¥300

(風呂の日)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府鉄輪温泉 渋の湯 - 子供たちが大喜びの「お接待」

 

9-11

759

別府八湯温泉道

No.38

鉄輪

渋の湯

 

いでゆ坂の歴史ある共同湯

 

平成28年3月21日訪問

鉄輪をぶらぶらしていると、あちこちで地区の皆さんが何かの準備に余念がない様子。どうやら今日は春の「お接待」があるようだ。


大分県立図書館豊の国情報ライブラリーより「お接待とは大師信仰から生まれた風習・行事で、寺社への参拝者に飲食物をふるまうことですが、一般には弘法大師を信仰する人々が、毎年旧3月と7月の21日に大師の像をまつり、参拝者に菓子やモチ・握り飯などを接待することをいいます。」

子供の頃、私の実家の地区にもこの風習があり、大きな袋を持って当番の家々を回り、お菓子をもらうのが楽しみだった。



渋の湯でやや熱めの湯に浸かっていると、入口の仏様へあげるお経が聞こえてきて、なぜか申し訳なく落ち着かない気分になった。

ナトリウム-塩化物泉、83.4℃、PH4.1、
成分総量4535mg、無色・澄明・弱塩味・無臭 21/3/10 メタケイ酸689.6

¥100


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府鉄輪温泉 ひょうたん温泉 - 別府港で帆船「日本丸」に出会う

 

9-10

758

別府八湯温泉道

No.41

鉄輪

ひょうたん温泉

 

世界初! 竹製温泉冷却装置を設置

 

平成28年3月21日訪問


9:15頃に到着すると、駐車場は満車に近く、連休の最終日らしい賑わいを見せていた。

浴室内はいつになく若者の姿が多く、卒業旅行のグループであろうかと、羨ましい思いにとらわれた。


この日の湯はいつもに比べ成分が薄く、塩味も鉄輪臭もほとんどなく、なぜだろうかと不思議な感がした。それと何か関係があるのか、中庭の飲泉口はちょろちょろとしか湯が流れていなかった。

 


やまなみ道路を下っていくと、別府国際観光港に帆船が停泊しているのに気づいた。近くまで行ってみると、航海訓練所の練習船「日本丸」だった。航海訓練所のFacebook「318日 日本丸 別府着  0935別府に入港しました。 雨の中の作業となりました。実習生は20日に知識テストを行い、2122日と休日です。 231000出港予定です。」 青空に白い船体がくっきりと映えて、美しい姿を見せていた。今度は帆をあげて公開する様子を見てみたいものだ。



ナトリウム-塩化物泉、101.2℃、PH3.3
成分総量3958mg
メタケイ酸453
無色・澄明・弱塩味・微弱鉄味・無臭 2009/11/21

¥0

(七段無料券)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

九重温泉館 見晴らしの湯 - 土日はバラ湯が楽しめる?

 

114

その他の温泉

大分県

九重町温泉館

見晴らしの湯

 

大分県玖珠郡九重町大字後野上17番地の1

 

平成28年3月20日訪問


天ケ瀬温泉からの帰りに、以前から気になっていたここに立ち寄った。九重町役場や健康福祉センター、スポーツ施設に併設されている。

脱衣所から7段ほどの階段を下りた先が浴室で、3つの円形の浴槽がある。入口に土日はバラ湯とあったが、バラは浮かんでいなかった。サウナも休止中で、なんだか「看板に偽りあり」の感がある。高台に立地して見晴らしが楽しめるかと思いきや、浴室の窓は1.7mほどの高さにあり、むしろ閉鎖感を感じた。

湯はアルカリ性単純泉で、成分総量181mg、温度は41℃でややぬるめだ。Ph9.6はかなりの高アルカリ性だが、源泉の供給量が少なく、なんとなくツルツルするかなぁという程度だ。

浴室の換気が悪く、それほど古い建物ではないが、柱の根元にかなり腐植が見られたのが気にかかった。

(画像は「Iナビおおいた」よりお借りしました)

アルカリ性単純泉、41.0℃、PH9.6、
成分総量181mg、
無色・澄明・無味・無臭 H21.1.28 メタケイ酸45mg

¥300


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

天ケ瀬温泉 みるきーすぱサンビレッジ - 3本の硫黄泉源泉を持つ贅沢

 

3-28

九州温泉道

No.147

大分県

天ヶ瀬温泉

みるきーすぱサンビレッジ

 

3本の自家源泉からヌルヌルの硫黄泉と

中性でマイルドな硫黄泉が味わえる

 

平成28年3月20日訪問


ここは昨年4月に新規加入した施設で、川沿いの旅館街から外れた、高台に立地している。幹線道路からのアプローチは両側に桜が植えられており、開花の時期を待っていた。

男女それぞれに大浴場と岩風呂があり、今回は大浴場の「月の雫」を選んだ。内湯は明るく開放的なタイル張りの浴槽と檜風呂、サウナが完備されている。また、急な階段を下りた先には露天風呂もあった。大浴槽は源泉掛け流しの単純硫黄泉らしいが、硫黄香も湯の花もほとんどなかった。小さめの檜風呂はやや熱めで、糸状の湯の花が舞っていた。露天風呂はややぬるめで、傾斜の緩やかな滝状の湯口から源泉が注がれている。


3つの源泉を持つとは贅沢なものだが、大浴場は加水のためか硫黄泉らしさがやや弱いのが残念だ。今回入浴を見送った岩風呂は2号源泉が使われていて、アルカリ性のぬるぬる感と、無数の白い湯の華、柔らかい硫化水素臭があるとの事なので、次回の楽しみにとっておこう。



3号源泉:単純硫黄泉、泉温65.1℃、PH7.1、
成分総量889mg、
無色・澄明・無味・微弱硫化水素臭 H26.2.14

¥400

(泉人優待券)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

天ケ瀬温泉 薬師湯 - 入浴料¥100の混浴露天風呂

 

113

その他の温泉

大分県

天ヶ瀬温泉

薬師湯

 

 大分県日田市天瀬町桜竹

 

平成28年3月20日訪問


天ケ瀬温泉には市営の混浴露天共同浴場が5つあり、いずれも料金は\100だ。天ケ瀬駅前から駅前温泉、薬師湯、神田湯、鶴舞の湯、玖珠川の対岸に益次郎湯だ。その内、鶴舞の湯と益次郎湯は夕方からの営業なので、今回は薬師湯に入らせていただいた。


川沿いの道をのんびりと歩いて行ってみると、ご夫婦が入浴中だったので、しばらく待つ事にした。それにしても旅館街の寂れ様は、どうしたものだろう。連休の中日というのに人通りはほとんどなく、閉まっている店も多い。共同浴場はいずれも混浴で露天、観光客には入りやすいものではないだろう。開放感は維持しつつも、何か工夫が欲しいものだ。


ようやく薬師湯に浸かったが、ややぬるめで無色・透明、硫黄の香りはうすく、さっぱりした湯だ。

硫黄泉(詳細不明)

¥100


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

天ケ瀬温泉 シャレー水光園 - 開放感あふれる河原の露天風呂

 

3-27

九州温泉道

No.51

大分県

天ヶ瀬温泉

シャレー水光園

 

川沿いに点在する露天風呂は天ヶ瀬名物

 

平成28年3月20日訪問


春爛漫の陽気に誘われて天ケ瀬温泉までやってきた。ここは「豊後三名湯」のひとつに数えられ、奈良時代に書かれた「豊後国風土記」に登場する古くからの温泉地だ。

玖珠川の両岸に温泉街があり、ここの自慢は河原に作られた大露天風呂「かじかの湯」だ。ただ、温泉宿としては先代女将の急逝のため、廃業してしまったようだ。


ホテルのロビーから階段を下りると、粗末な小屋掛けの脱衣所があり、かすかに白濁した湯が張られていたが、浴槽の半分は使われていないようだ。玖珠川の清流が間近に迫り開放感に溢れているが、対岸や下流の橋から丸見えでちょっと怯んでしまう。湯はやわらかな硫黄泉で、ほのかな硫黄香があり、シットリ感がある。しかし、あまりにも野放しの感があり、温泉施設としての在り様に多少の疑問を感じずにはいられない。



単純硫黄泉、泉温75.7℃、PH7.5、143ℓ/

¥500



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府鉄輪温泉 鬼石の湯 - メタケイ酸の含有量が凄い!

 

9-9

757

別府八湯温泉道

No.125

鉄輪

鬼石の湯

 

緑礬系の濃い食塩泉はさすが

 

平成28年3月13日訪問


鬼石坊主地獄に併設された施設で、よく手入れされたアプローチの小坂を登っていくと入り口に付く。浴室は内湯と露天風呂、そして階上露天と充実している。湯は成分総量4g超の塩化物泉で、メタケイ酸の含有量619mgは凄い!!ただ、加水ためか(熱交換による冷却は今も稼働しているのだろうか?)源泉の特徴が弱くなっているのが残念だ。何度か書いているが、坊主地獄の泥を使った「鉱泥湯」がここにできれば、より人気の施設になること間違いなし。


温泉カルテには、「無色透明だが褐色の付着物が少しある。Fe、SO2-によると思われる金気味・酸味・渋みがそれぞれ明確な特徴。NaClの塩味も強く感じられ、浴後の保湿感もある。弱い硫黄臭のほか独特の香りがある。多量のHSiOは保湿効果があると言われる。」と記載されている。



ナトリウム-塩化物泉、88.6℃、PH3.2、成分総量4896㎎、無色・澄明・弱金気味・弱塩味・無臭 H24.3.23 
加水、メタケイ酸619.0

¥400

(名人会割引)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行