プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

七里田温泉館 下の湯 - 地震の影響で名湯が危機!!

 

4-4

奥豊後温泉文化伝

NO.6

久住

七里田温泉館

下の湯

 

地元の人に愛され続ける、

こじんまりとした歴史ある湯

 

平成28年4月29訪問


ここが地震の影響で休業しているとの情報を聞き、尋ねてみた。やはり、温泉館の入り口には「休業中」の張り紙があったが、「木の葉の湯」は通常通りの営業だ。受付の方に伺うと、湯量が低下し、泡付きが弱くなっているので休業しているとの事だった。「よければ無料でいいので、後で感想を教えてください」とのありがたい言葉をもらい、早速浴舎へ向かった。


常連の先客が一人おられ、浸かってみると確かにいつもの泡付きではない。泡は付くのだが、泡が徐々に大きくなって、次々と肌から離れていく感じがないのだ。湯温も34℃ほどで、いつもよりぬるめだ。浴槽の縁から流れ出る湯の量はいつもと同じぐらいで、湯量の低下は気にするほどではない様だ。


浴後、無人の女湯を覗いてみると、湯が濁っており、オーバーフローする湯もごくわずかで、こちらの影響が深刻のようだ。ここは自噴泉なので、元通りになるのを待つしかない様だ。はやくいつもの泡付きを取り戻すことを心から願いたい!!!



含二酸化炭素-マグネシウム・ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉,36.3℃(38℃),PH6.3
成分総計4443mg/kg
(うち遊離炭酸 1113mg/kg)

¥0

(地震の影響で休業中)





テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府温泉 ホテル別府パストラル - この間の長野別府市長の頑張りは

 

9-23

771

別府八湯温泉道

NO.88

別府

ホテル別府

パストラル

 

閑静な立地で開放感にひたれる

 

平成28年4月23訪問


この日の最後は東荘園の別府パストラル。別府や由布院は地震の影響で観光客が激減し、今後の観光への影響が懸念されるところだが、両市の旅館・ホテルはほぼ通常営業に戻っている様子だ。ただ、大分自動車道の全線開通は予想以上に時間がかかりそうだ。

受付を済ませる間もフロントやロビーに人影はなく、広い浴室も無人。係りの方に尋ねると、建物や温泉に被害はなかったとの事だった。


別府在住の友人によれば、熊本が震源の地震は横揺れが激しく、大分中部を震源とする地震は下からドォーンと突き上げるように揺れるそうだ。


長野別府市長のFaceBookの投稿(2016.4.25)より
地震の状況は落ち着いていますが、確かに完全に安全ですとは言えません。ですが、ある旅館の女将さんが言っていました。『来ていただいたお客様の安全は私たちが守る』 言葉に込められた強い決意を感じます。風評被害という言葉があります。別府観光はまさに今その状況です。ほとんどの宿泊施設は元気に営業していますし、観光施設も元気です。しかし風評でお客さんの姿が別府のまちから消えています。 皆さんからも、『別府は元気に営業中です!』とまずはアピールしていただきたいと思います。お願いいたします。 
 

この間の長野市長の八面六臂の頑張り、特にその行動力と情報発信力に敬意を表すばかりだ。

ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉、51.2℃、PH8.0、
成分総量1253㎎、無色・澄明・無味・無臭 17/5/20

¥0

(七段無料券)



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府鉄輪温泉 地獄原温泉 - 活断層の存在が

 

9-22

770

別府八湯温泉道

NO.45

鉄輪

地獄原温泉

 

鉄輪の典型湯は新しくて快適

 

平成28年4月23訪問


次に鉄輪へ向かうと、立ち上る湯けむりはいつも通りだが、「みゆき坂」は人影もまばらだ。


ここはいつも通りの無色透明の食塩泉が掛け流しで、貸し切りでやや熱めの湯を味わう。ここの湯は「金龍地獄」からの引き湯と聞いていたが、張られている分析書は「別府市有鉄輪泉源外」となっていて、源泉が変わったようだ。


今回の熊本地震で、中央構造線、別府-島原地溝帯、別府-万年山断層帯といった断層の存在が注目を浴びることになったが、400年前の文禄5年(1596年)に慶長伊予地震(7/9)、慶長豊後地震(7/12)、慶長伏見地震(7/13)が続けて起こり、いずれもM7以上の大地震であったとされている。

改めて、火山と活断層の存在が温泉という恩恵もたらす半面、地震・火山噴火・津波などの災害の危険性も秘めている事を忘れてはならないと思う。

ナトリウム-塩化物泉 86.4 PH4.4、成分総量3507mg、無色・澄明・微弱塩味・無臭 17/7/4 メタケイ酸547.1

¥100


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府亀川温泉 四の湯温泉 - 地震の影響でカボチャスープのよう

 

9-21

769

別府八湯温泉道

NO.87

亀川

四の湯温泉

 

やわらか湯が充つ鄙び湯

 

平成28年4月23訪問


4/16の地震発生以降、入浴を休止していたここが再開したとの報を聞き、早速訪ねてみることにした。午後2時の開湯を待ちかねたように組合員さんが集まってこられ、地震の事や温泉の事など、にぎやかに風呂端会議が始まった。


浴槽を見て吃驚した、いつもは一部のくもりもないほどに澄み渡っているここの湯が、黄土色に濁ってまるでカボチャスープのようだ。それでも地震直後に比べれば、ずいぶん色が薄くなったという。


後で管理人さんに伺ったところによると、ここには2本の源泉があり、山側の源泉の濁りがひどく、50mも離れていない海側の源泉にはほとんど濁りはないそうだ。濁りは地中の泥のようなものが混じっているためだろうから、浴感はザラザラするものと思っていたが、実は驚くほど滑らかなで無味無臭だった。


「これもいいなぁ!」と思うのは無責任な感想なのだろうけど、こんな劇的な変化があるのも、温泉がまさしく天然自然の賜りものなのだなぁと思った。

単純泉、47.8℃、PH7.8、成分総量748.7mg、
無色・澄明・無味・無臭 H20.7.20

¥100



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

レゾネイトくじゅう 紅殻之湯 - 炭酸味と土類泉特有の渋みとエグ味

 

4-3

奥豊後温泉文化伝

NO.15

久住

レゾネイトくじゅう

紅殻之湯

 

標高865m、
高台の草原で久住の空と山を独り占め

 

平成28年4月10日訪問


この日の最後はここで、駐車場にはかなり台数の車が止まっていた。浴室に向かうとここも無人、¥2700のランチバイキングのお客様なのだろうか。


ここの温泉はその名も「紅殻之湯」で、以前はかなりの赤みの強い湯だったが、この日は褐色の濁り湯で赤みはなし。飲泉口で湯を口に含んでみると、遊離炭酸580mgの炭酸味と土類泉特有の渋みやエグ味が感じられた。明るいガラス張りの内湯は、太陽光が差し込み清潔で快適、露天風呂はかなり小さめで物足りない感がある。



源泉温度が低いので加温は致し方ないが、循環・消毒がいただけない。お高い貸し切り湯なら掛け流しというもがちょっと残念だ。

マグネシウム・カルシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉 30.4℃ PH6.2 成分総量2626mg 
黄褐色・混濁・殆ど無味・無臭 H16.11.29

¥250

(「久住の日」半額)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

久住高原コテージ 満天望温泉 - 晴れた日の眺望、星空の美しさは絶品

 

4-2

奥豊後温泉文化伝

NO.13

久住

久住高原コテージ

満天望温泉

 

湯船に浸かって絵画のような景色を楽しむ

 

平成28年4月10日訪問


次に向かったのはこちら、テントサイトには家族連れがチラホラおり、それぞれに春の訪れを楽しんでいた。


浴室に向かうとそこは無人、眺めのいい露天風呂を独り占めだ。ただ、生憎のお天気で阿蘇山は薄靄の向こうに霞んで見えた。ここは成分総量3g超の炭酸水素塩泉だが、わずかに黄色味があるだけで、浴感はずっとあっさりしている。案内板によれば、内湯は加温・消毒ながら掛け流し、露天は循環ありだそうだ。


その名も「満天望温泉」で、晴れた日の眺望や星空の美しさは、数々の雑誌の読者アンケートで絶賛されているのだが、湯質にこだわる何かが欲しいものだ。

ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉、47.2℃、
PH7.4、成分総量3132mg、
微弱黄褐色・澄明・無味・無臭 19/7/19

¥300

(「久住の日」半額)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

赤川温泉 赤川荘 - 炭酸泉で硫黄泉の濃厚・レアな冷鉱泉

 

4-1

奥豊後温泉文化伝

NO.12

久住

赤川温泉

赤川荘

 

冷泉と加温の2種類が楽しめる

久住の自然に囲まれた秘湯

 

平成28年4月10日訪問


毎月9日10日は「久住の日」で、久住高原リゾート温泉組合の 「立寄り入浴12施設」が半額で入浴できる。春爛漫の高原を味わおうと出かけてみると、あいにくの花曇りの天候で人でも少な目だった。


久住といえばやはりここは外せず、込み合うことを覚悟していたが先客は一人で、すぐに貸し切りになった。雄飛の滝を望む露天風呂はさすがに冷たく、加温の内湯でゆっくり温まった後、内湯の冷泉に浸かると底に沈殿した硫黄成分が分厚く堆積していた。


ここは炭酸泉で遊離炭酸の含有量は1200mgを超えており、泡付きがあってしかるべきだが、ほとんどそれがない。浴後、女将さんに話を伺うと、やはり源泉をタンクに貯めてから浴槽に注いでいるとの事だった。是非とも源泉を直接、湯船に注いでほしいとお願いした次第だ。


フロントに「奥豊後温泉文化伝」の第5弾が置いてあり、今年4月1日から3年間が期限で、竹田市内の30施設が対象となっている。



含二酸化炭素・硫黄-カルシウム-硫酸塩冷鉱泉(硫黄泉)、26℃、PH5.3 成分総量4259mg
120L/min(自然湧出)、
無色・澄明・弱炭酸味・微弱酸味・弱苦味・強硫化水素臭・ガス発生有 h22.7.28
硫酸イオン982.3、遊離炭酸1395.9

¥350

(「久住の日」半額


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府観海寺温泉 長命泉 - 硫黄と鉄分の不思議なコラボ

 

79-3

その他の温泉

大分県

観海寺温泉

長命泉

 

大分県別府市南立石本町2組

 

平成28年4月3日訪問


杉乃井ホテルの前の道を上り詰め、海雲寺を右折した奥にここがある。ここはいわゆる「ジモ泉」で、祭り期間中だけ入浴が許される貴重な湯だ。


湯小屋の一帯は硫黄の香りが漂っており、いやがうえに気分が盛り上がる。ここは噴気造成泉で、杉乃井ホテルにも供給されている。浴室に入ると、白濁の湯と赤く染まった洗い場のタイルが目に飛び込んでくる。分析書の掲示がなく詳細は不明だが、硫黄泉で鉄分を豊富に含むとは珍しい泉質だ。おそらく鉄分のある山水に硫黄の噴気を当てて作られているので、こうなるのだろう。


本日の湯巡りはこれにて完了、3湯とも贅沢にも貸し切りで頂けた。

この後は、祭りのフィナーレ、駅前通りでのパレードと「別府八湯温泉道名人会」が揃いの法被で参加する湯かけ祭りに向かうことにする。



単純硫黄泉(分析書の掲示なし)

¥0
(温泉まつり無料)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府観海寺温泉 復興泉 - 万病に効く「薬師湯」源泉

 

116

その他の温泉

大分県

観海寺温泉

復興泉

 

大分県別府市観海寺3組

 

平成28年4月3日訪問


杉乃井ホテルの手前で観海寺橋を渡り、急坂を上り詰めると、宝形造の美しいお堂が崖にへばりつくように立っている。これが観海寺薬師堂で、このお堂の下からこんこんと湯が湧き、「薬師湯」とよばれ万病に効くと信仰を集めている。


この薬師湯を引いているのがここ「復興泉」で、昭和6年の観海寺大火からの復興を祝してこう呼ぶようになったようだ。脱衣所・浴室ともに狭く、2人同時の脱衣は厳しそうだ。湯は無色・透明の単純泉で、香りもなく、ややぬるめの湯だ。目の前の民家のご婦人が、「温まりましたか」とお声をかけてくれたが、真冬はぬるくて入れないこともあるそうだ。この湯を引く松葉屋ではほのかな硫黄香があるので、日によってはかぐわしい香りを楽しめるのかもしれない。



単純泉(詳細不明)

¥0
(温泉まつり無料)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府観海寺温泉 向原温泉 - 硫黄の香り濃厚な堀田の引き湯

 

115

その他の温泉

大分県

観海寺温泉

向原温泉

 

別府市南立石2区5組

 

平成28年4月3日訪問


「べっぷフロマラソン」を一日で打ち止めにしたのは、普段は組合員専用の温泉が、温泉まつりの期間中だけ解放されるので、そちらも回りたいと思ったからだ。ここは普段から一般開放されているが、やはりこの期間中は気兼ねなく入れてもらえる。


湯屋の前に3台分の駐車場があり、その奥に満開の桜の木、そしてお薬師様の祠がある。脱衣所から急な階段を5段ほど下りた先に浴槽があり、無色・透明の湯が湛えられている。ここは堀田からの引湯で、距離が近いためか硫黄の香りが濃厚で、よく見ると糸屑状の湯の花も舞っていた。やや熱めの湯で、小雨交じりの天候にうれしい一湯だ。



単純温泉、58℃、pH6.0、溶存物質計481mg
堀田貯湯タンク H15.1.9

¥0
(温泉まつり無料)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行