プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

あさくら温泉 グランスパアベニュー - 驚愕のPH10.0の湯

 

3-31

260

九州温泉道

NO.149

福岡県

あさくら温泉

ホテルグランスパ
アベニュー

 

美肌の湯 なごみの湯 やすらぎの湯。

 

平成28年5月28日訪問


昨年手に入れた「泉人優待券」の期限が今月末まで、大分県内の施設は制覇済みなので、福岡県南部の温泉を訪れることにした。

この日はあいにくの雨模様で、大分道は濃い霧に覆われていた。


ここは今年4月に新たに対象となった施設で、甘木市街地のビジネスホテルの大浴場が、立ち寄り湯として開放されているものだ。成分総量201mgの単純泉だが、驚きのPH10.0のツルツル湯で、ほのかな硫黄香がある。源泉は30.4℃でぬるいため加温され、一つは42℃、もう一つは36℃で、これには綿ぼこりの様な白い湯の花が舞っていて浴感がよい。6:30~23:00が営業時間となっており、いつでも利用できるのも好感が持てる。



アルカリ性硫黄単純泉、30.4℃、PH10.0、

成分総量201mg、882ml/min、

微白色・微濁・僅かな苦味・弱い硫化水素臭 H19.6.29

¥0
(泉人優待券)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府柴石温泉 長泉寺薬師湯 - 朝見神社の石鳥居が倒壊の危機

 

9-29

777

別府八湯温泉道

NO.85

柴石

長泉寺薬師湯

 

龍巻地獄引き湯で酸性サッパリ系

 

平成28年5月22訪問


今回の柴石三泉のラストはここ、庫裏でおばあちゃんに挨拶し、記名とお賽銭をあげ浴舎に向かう。幸い地震の影響はなかったそうで、ボロい(失礼!)浴舎もいつものままだ。ここは山号を「朱湯山」といい、昭和43年、現在地に移転するまでは、血の池地獄の傍にお寺があったそうだ。


湯は竜巻地獄からの引き湯が掛け流しで、この日は湯温が46℃あり、バケツに汲み置きされた温泉を加えてもかなり熱めの湯だ。短時間しか浸かれないが、PH2.9の酸性泉はピリピリ感があり、身体に染み渡るようだ。


帰りに朝見神社の「万太郎清水」を頂こうと寄ってみると、水汲み場のある裏参道の駐車場が閉鎖されていた。石の鳥居が鉄骨で覆われていて、地震の影響で倒壊の危険があるとの張り紙があり、5月末まで復旧工事が行われていた。思わぬところで地震の爪痕に巡り合ってしまったが、一日も早い復旧を願いたい。



含食塩酸性泉、PH2.9、約101(噴気)
地下熱水150

¥100
(お賽銭)


テーマ:格安旅行(航空券・鉄道・高速バス)
ジャンル:旅行

別府柴石温泉 血の池地獄足湯 - 血の池地獄に観光客が一人もいない

 

9-28

776

別府八湯温泉道

NO.153

柴石

血の池地獄足湯

 

多量のミネラル。摩訶不思議な個性

 

平成28年5月22訪問


この画像に注目してほしい。別府温泉を代表する国の名勝「血の池地獄」に観光客が一人もいないのだ。約20分ほど一人きりで足湯に浸かり、この熱泉を眺めていた。血の池軟膏の売り場のおねえちゃんも手持無沙汰のようで、地震以来ずっとこんな状態だと嘆いていた。ところで、この池の色に注目してほしいのだが、地震前よりも赤みを増している様に思えるのだ。一番奥の湯が湧きだす所までも色付いて、池全体が赤くなっている。


しばらくすると貸し切りバスで中国からの観光客が到着、にぎやかさが戻ってきた。


ここの赤い色は湯に含まれる鉄分によるが、分析表の鉄イオンはⅡ、Ⅲ合わせて4.2mgで、鉄泉の要件である20mgにははるかに及ばないが、口に含むと酸味ともに鉄味が感じられる。

酸性-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉、53.0℃、PH2.7、成分総量2539mg、微弱褐色・微弱混濁・無臭 18/3/23

¥200
(名人会割引)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府柴石温泉 柴石温泉 - 露天風呂は別府で一番のヌル湯

 

9-27

775

別府八湯温泉道

NO.80

柴石

柴石温泉

 

色んな塩類の微妙なバランス

 

平成28年5月22訪問


ここへ来るまでの道中は、今度の地震でズレが生じたと言われている「鉄輪断層」の断層崖の上に作られた道路を進むことになる。道路から山手の北鉄輪の住宅地には、いまだに屋根をブルーシートで覆った家屋が数多く見られ、地震の爪痕を残していた。

ここの受付で被害はなかったかと尋ねてみると、露天風呂の石組みがズレて湯が漏れるようになり、隙間をふさぐ応急措置が必要になったとの事だった。いつも混み合うここだが、この日は意外なほどに空いており、観光客の足が遠のく「風評被害」がここにも影響しているようだ。


ここの露天風呂は別府で一番のヌル湯だろう。この日も37℃の不感温度で、いつまでも浸かっていられる湯加減だ。



(内湯)単純泉、51.7℃、PH6.7、成分総量881mg、無色・澄明・殆ど無味・殆ど無臭 H21.2.12

(蒸し湯)ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉、80.1℃、PH7.0、成分総量1353㎎、弱黄褐色、微弱混濁、無味、殆ど無臭 H22.2.16

¥0
(湯巡りチケット)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

長湯歴史温泉伝承館 万象の湯 - 長湯温泉の「石灰華」の秘密

 

4-9

奥豊後温泉文化伝

NO.26

長湯

長湯歴史温泉伝承館

万象の湯

 

現代版 湯治場再生 心を洗う記憶の中の湯治場

 

平成28年5月15訪問


この日の最後はここ、併設の「クワバタ・キッチン」で昼食後、温泉棟に向かった。浴槽に入って「アレッ」と思った。なんだか湯船が異様に浅いのだ。以前から浴槽に付着する「石灰華」が見どころの一つになってはいたが、底に堆積したスケールがここまで成長したようだ。


別府温泉地球博物館の「別府温泉辞典」では、「石灰華」を以下の様に記述している。「炭酸カルシウム(CaCO3)を主成分とする沈殿物で、温泉水から二酸化炭素(CO2)が逸散すると、炭酸水素イオン(HCO3-)とカルシウムイオン(Ca2+)の間に下のような反応が起こり、CaCO3が沈殿します。(中略)石灰華は中性よりアルカリ性側の温泉でしか沈殿しません。また、沈殿するためには、両イオンがそれ相当の濃度でなければなりません。そのような条件を備えた泉質は、かなりの量のCa2+を含む炭酸水素塩泉です。それが多量のCO2を含む炭酸泉なら、上の反応が効率よく起こります。大分県の長湯温泉では、石灰華のテラスを観察することが出来ます。」


ここの湯の成分の濃さがなせる業だが、やはりここの湯は素晴らしい。

マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉、49.3℃、

成分総量5895mg

¥300

(温泉文化伝割引)



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

長野温泉 ながの湯 - 意外な「長湯」の地名の由来

 

4-8

奥豊後温泉文化伝

NO.20

長湯

長野温泉

ながの湯

 

女性に人気の柔らかいお湯

 

平成28年5月15訪問


長湯の旅館街からは2km程離れたのどかな農村地帯の素朴すぎる浴舎のここは、湯がいいのと入浴料が安いので人気の施設だ。といっても人気のあるのは3棟の家族湯で、わずか¥200の大浴場が混んでいることは稀だ。


脱衣所にはいると、ゴボッゴボッという源泉が炭酸成分を伴って湧き出す音が聞こえてくる。薄暗い浴室は不思議な色の濁り湯が満たされており、大量の源泉掛け流しだ。源泉温度が44℃ほどなのでこの日はやや熱めだが、湯口付近に陣取ると炭酸ガスで頭がくらくらするほどその濃度を感じられる。


「長湯」という地名は、ここ長野地区と湯の原地区の地名を合成して出来たもので、ここには岡藩3代目藩主の中川入山公のお茶屋があり、温泉と蛍狩りを楽しんだと伝えられている。

マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉、43.9℃、
PH6.6、
成分総計3360mg、187.2L/min

¥200



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

温泉療養文化館 御前湯 - 長湯温泉の泉質の特徴

 

4-7

奥豊後温泉文化伝

NO.18

長湯

温泉療養文化館

御前湯

 

長湯温泉のシンボル!ドイツ文化薫る歴史的温泉館

 

平成28年5月15訪問


長湯のシンボルであるここは、贅沢にも3本の源泉を持っている。この日の男湯は3階浴場なので、温度46.8℃、遊離二酸化炭素918.4mgと最も高い源泉だ。炭酸ガスが1
の水に溶け込む量は40℃で1000mと言われており、この源泉はほぼ飽和量のCO²が溶け込んでいることになる。


もう一つの特徴はマグネシウム、カルシウムなどのミネラル成分を豊富に含む含土類重曹泉であることだ。そのため湯は黄色とも緑色ともいえる濁り湯で、浴槽への析出物の付着が多いのだ。重曹泉はアルカリ性を示す事が多く、ツルツル感があり美肌の湯ともいわれるが、長湯では土類成分のためか浴後にはややカサカサ感を感じるようだ。



①マグネシウム・ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉、46.8℃、PH7.5、成分総量4817mg、炭酸水素イオン2584.9mg、遊離二酸化炭素918.4mg

②マグネシウム・ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉、29.7℃、PH7.3、成分総量2251mg、炭酸水素イオン1183.8mg、遊離二酸化炭素243.9mg

¥300

(温泉文化伝割引)



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

九酔渓温泉 二匹の鬼 - 渓谷の眺めは雄大で開放感がある

 

60-2

その他の温泉

大分県

九酔渓温泉

二匹の鬼

 

玖珠郡九重町田野947

 

平成28年5月4日訪問


ここの露天風呂は「共同露天風呂」と表記されており、料金も\200と格安だ。地区の住民に安く開放しているのだろうかと思うが、この地区にそれほどの住民がいるとも思えないのだが。


落ち着いた雰囲気のお宿のフロントで受付をし、少し下った先に3つの家族風呂と男女別の露天風呂がある。渓谷の断崖上に風呂が設けられており、眺めは雄大で開放感がある。湯は薄めの重曹泉だが、源泉の供給量がすごい。手前の洗い場を滔々と流れ去り、もったいなく感じるほどだ。この日は時折、突風の吹くあいにくの天候で、屋根からはがれた木の皮が浴槽に入り込むのが残念だったが、貸し切りでいい湯といい眺めを存分に堪能した。



ナトリウム-炭酸水素塩泉、51.4℃(43℃)、
PH7.8、成分総量1474mg H18.6.15

¥200


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

筌ノ口温泉 筌ノ口共同浴場 - ¥200で24時間利用できる

 

9-3

その他の温泉

大分県

筌ノ口温泉

筌ノ口共同浴場

 

玖珠郡九重町田野

 

平成28年5月4日訪問


筌ノ口温泉のここと隣の新清館さんは、いわゆる重炭酸土類泉だ。この名湯に24時間、しかもわずか\200で利用できるのが有り難い。少し離れた山里の湯は鉄分豊富な炭酸泉で、どれも名湯ぞろいだ。


ちょっと変わった形の湯口から注がれる源泉は無色透明で、飲泉するとはっきりとした炭酸味と金気味がある。20人に優に入れそうな浴槽は、酸化して黄土色になった濁り湯が湛えられている。43℃ほどのやや熱めの湯で、浴後は汗がなかなか引かない程によく温まる。カランというにはあまりに素朴な洗い場の2つの蛇口にも源泉が使われており、これが最も明瞭に特徴が出ているようだ。



ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉、46.6℃、PH6.6、成分総量3341mg、無色・澄明・中金気味・弱炭酸味・無臭 21/10/21

¥200


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

寒の地獄温泉 寒の地獄旅館 - 肝心の硫化水素は揮発していた

 

28-2

その他の温泉

大分県

寒の地獄温泉

 

玖珠郡九重町田野257

 

平成28年5月4日訪問


次に向かったのは星生ホテルからはすぐのここ、開湯は160年余り昔の嘉永2年といわれ、摂氏14℃、毎分2000
湧出する冷泉に入浴するのが眼目だ。ただし、冷泉にそのまま浸かれるのは夏季の7月から9月までの3ヶ月のみで、それ以外の時期はこの冷泉を温めた旅館のお風呂に入れることになっている。


旅館の玄関で案内を乞い浴室に向かうと、中庭の中央にこの冷泉が流れる小川があり、真っ白に染まった川底の上を透明度の高い源泉が流れている。家族湯の切石の湯に案内され、入ってみると36℃ほどでぬるすぎる。慌てて服を着てフロントに声をかけると、同じく家族湯の檜の湯に案内された。ここも40℃ほどでややぬるめだ。それ以上に残念なのは硫黄の痕跡すら感じられないことだ。冷泉を薪のボイラーで温めているのだが、恐らく温めすぎで肝心の硫化水素は揮発してしまっているのだろう。湯の扱いに心づかいが感じられなかったのが残念だ。



単純硫黄冷鉱泉、13.6℃、PH4.6、
成分総量431mg、無色・澄明・殆ど無味・
中硫化水素臭、2160L/min 20/8/7

¥500



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行