プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

別府明礬温泉 明礬湯の里 - 泉質名の表記についての不思議なきまり

 

9-57

807

別府八湯温泉道

NO.59

明礬

明礬湯の里

 

泉質名の表記についての不思議なきまり

 

平成28年9月28日訪問


今年は秋になって雨が多く、関東・東北地方では豪雨による災害発生の報道もある。この日も降ったり止んだりの天気で、明礬は深い霧に包まれていた。


この辺りは4月の熊本地震でかなりの被害があり、高台から眺めるとブルーシートに覆われた屋根がそこ此処にあり、ここの本館は屋根の修繕工事の最中だった。


この空模様で入浴客も少なく、ゆっくりを湯を楽しむ事が出来たが、なぜか硫黄の香りが薄く、ちょっと物足りない感があった。源泉に雨水が多く流れ込んだためなのか、むし暑い日が続いているので源泉の供給量が絞られているのか、真相は不明だ。


掲示の分析書では泉質を「酸性・含硫黄-単純温泉」と表記しているが、「単純硫黄温泉」と表記されている物も散見する。ここでは特殊成分の水素イオンを表わす「酸性」が付くため、ついでに「含硫黄」もこのように表記する不思議な決まりがあるようだ。

酸性・含硫黄-単純温泉、64.4℃、PH2.3、
成分総量864mg、無色・弱白濁・弱収斂味・強硫化水素臭 H27.3.24 水素イオン 5.0 硫酸イオン470 メタケイ酸160.8

¥0
(七段無料券)



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府鉄輪温泉 地獄原温泉 - シロアリ被害で大規模補修、明るい雰囲気に変わった

 

806

別府八湯温泉道

NO.45

鉄輪

地獄原温泉

 

シロアリ被害で大規模補修、
明るい雰囲気に変わった

 

平成28年9月22日訪問



この日の最後はこちら、建物の大規模改修が終わったと聞いて尋ねてみた。シロアリの被害で柱や土台がボロボロになっており、4月の地震でよく倒れなかったものだとの声が聞かれたほどだったそうだ。まさに地熱地帯の真上にある建物ゆえ、シロアリもさぞや過ごし易かったことだろう。浴槽や洗い場は前のままだが、壁は白く塗り直され、天井は白木の杉板張りに、天井が大きな吹き抜けになって、明るい雰囲気に変わっていた。


ここも以前は金龍地獄からの引き湯だったが、今は渋の湯源泉に変わっていた。上人湯の源泉に比べると鉄分が少ないようで、さっぱりとした印象だが、さすがに塩化物泉は浴後に体を冷ますのに苦労するほどに、よく温まる湯だ。

ナトリウム-塩化物泉、83.4℃、PH4.1
成分総量4535mg

無色・澄明・弱塩味・無臭 H21.3.10 
市有渋の湯上泉源

¥100


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府鉄輪温泉 上人湯 - 「市有鉄輪源泉」のメタケイ酸にビックリ!!

 

9-56

805

別府八湯温泉道

NO.44

鉄輪

上人湯

 

「市有鉄輪源泉」のメタケイ酸にビックリ!!

 

平成28年9月22日訪問


祭りの行列を見送って、次に訪れたのは鉄輪地獄蒸し工房の隣のここ。


塩味と金気味のある湯に浸かっていてふと思い出したのが、ここも以前は金龍地獄からの引き湯だった事だ。ここは渋の湯より高所にあるので、渋の湯源泉は引けないはずで、浴後に分析書を確認すると、「市有鉄輪泉源」と記載されていた。ビックリしたのがメタケイ酸が734.0mgも含まれている事。これまで渋の湯が日本一と思っていたが、ここはそれを大きく上回る。


鉄輪の湯は塩化物泉で一般に「温まりの湯」といわれるが、弱酸性である事とメタケイ酸を多量に含有することは特筆に値する。弱酸性は人の肌と同じで肌に優しく、メタケイ酸を多く含む湯は天然の化粧水とも呼ばれ、美肌効果が期待できる。

 

メタケイ酸の効能について、北海道大学の阿岸祐幸教授の「温泉と健康(岩波書店、642009)」を引用する。「メタケイ酸は、温泉泥(ぺロイド)、特に火山灰(ファンゴ)の主成分であり、熱の伝導率が低いことから保湿効果がある。また、肌の表面を滑らかにするため美容にも応用される。きめの細かい美肌を作るには、皮膚表面の角質層に水分や脂を十分に保つことが大切で、特に皮脂細胞の角質化が促進されるとよいとされている。人の皮膚から培養して得られた細胞を、メタケイ酸とカルシウムイオンが高濃度に含まれている温泉中で培養すると、その相乗効果で角質化が促進されたという報告もある(熱海温泉と有馬温泉の温泉水で実験)。」

ナトリウム-塩化物泉、83.4℃、PH4.2
成分総量4664mg

無色・澄明・中塩味・弱金気味・殆ど無臭 H22.2.2 

市有鉄輪泉源 メタケイ酸734.0

¥100



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府鉄輪温泉 熱の湯 - 一遍上人像を渋の湯にお入れする「湯あみ法要」

 

9-55

804

別府八湯温泉道

NO.39

鉄輪

熱の湯

 

一遍上人像を渋の湯にお入れする「湯あみ法要」

 

平成28年9月22日訪問


この日の二湯目はここ、入浴料無料で目の前に無料の駐車場まであるので、地域の皆さんに人気の施設で、いつもは客足が絶えることがないのだが、この日はちょっとだけ貸し切りになった。源泉温度が83.4℃と劇熱のため常時加水されているが、食塩泉の実力を失うことはない。また、メタケイ酸が689.6mgも含まれており、国内でも1,2位を争う保湿の湯だ。


そうこうするうちに永福寺の「一遍上人法要」が終わり、稚児行列に先導され上人像を乗せたお室が「渋の湯」に着いた。白装束の仕丁に抱きかかえられた上人像を湯船にお入れする「湯あみ法要」の後、むし湯前広場で華やかな衣装に身を包んだ稚児らが柄杓で湯をかけ、一遍上人に感謝を奉げた。








ナトリウム-塩化物泉、83.4℃、PH4.1
成分総量4535mg

無色・澄明・弱塩味・無臭 H21.3.10 
市有渋の湯上泉源

¥100


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府鉄輪温泉 鉄輪むし湯 - 内湯の源泉が金龍地獄でなくなった訳

 

9-54

803

別府八湯温泉道

NO.40

鉄輪

鉄輪むし湯

 

内湯の源泉が金龍地獄でなくなった訳

 

平成28年9月22日訪問


9/21~23は一遍上人が地獄地帯を鎮めて鉄輪温泉を開いた事に感謝を奉げる「湯あみ祭り」が開催されている。

この日の一湯目は一遍ゆかりの「鉄輪むし湯」、無料開放を明日に控えているためか貸し切り、おかげで蒸し釜内の撮影ができた。


薬草のセキショウが敷き詰められた蒸し釜の中で、8分間寝転んでいると全身から大量の汗が噴き出してくる。その後、内湯で汗を流すのだが、これが心地よく、体が軽くなったようだ。


ここの内湯は金龍地獄からの引き湯だったはずだが、どうやら「市有渋の湯上泉源」に変わったようだ。また、むし湯の噴気は別源泉で、99℃の単純泉だ。

金龍地獄は900/minの凄まじい湧出量を誇るが、所有しているひょうたん温泉がバイナリー発電事業者に源泉を貸し出し、賃料を得ているそうで、ここの源泉が変わったのはそんな訳のようだ。

 

毎日新聞 20130830日 地方版より、「別府市鉄輪地区の金龍地獄を所有するユーネット(河野純一社長)と、新エネルギー開発会社ベターワール ド(東京都千代田区、ダニエル・コックス社長)がこのほど、敷地内で温泉熱発電に取り組むことで基本合意した。一方、石原伸晃環境相も29日、九重町にあ る国内最大の地熱発電所「八丁原地熱発電所」を視察。政府が精力的に支援に乗り出すと表明した。本県の地熱資源に熱い視線が注がれている。」

ナトリウム-塩化物泉、83.4℃、PH4.1
成分総量4535mg

無色・澄明・弱塩味・無臭 H21.3.10 
市有渋の湯上泉源

¥510


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

長湯温泉 宿坊 翡翠の庄 - 高級旅館なれど大浴場なし

 

4-19

138

奥豊後温泉文化伝

NO.27

長湯

宿坊 翡翠の庄

 

高級旅館なれど大浴場なし

 

平成28年9月19訪問


この日の最後は長湯ダムを望む高台にある高級旅館のこちら。宿のHPによれば、「当宿は総面積3万坪弱の敷地内に開門してから二十四年間一日も絶やすことなく薪を焚き続けたかやぶき屋根の母屋を中心とし、宮大工作りによる宿泊棟、自家高濃度炭酸源泉かけ流しの温泉、御食事処など全30棟の施設を全長300メートルの渡り廊下で結び構成されております。」とある。


重厚なかやぶき屋根の母屋で受付を済ませ、長い外廊下を歩いて「小さな男女別浴場」を目指す。源泉掛け流しにするため大浴場を作らなかったとはあっぱれ!みどり色ともおうど色とも言える濁り湯は、やや熱めでかすかに金気味とエグ味がある。


ここの様な高級旅館でも温泉の給排水の配管がむき出しなのは、日々のメンテナンスを考えると致し方ないのだろうが、なにか一工夫あってしかるべしと思ったことだ。

ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉、49.5℃、pH7.0
成分総量3662mg、無色・澄明・微弱金気味・殆ど無臭、50/min、地下600メートルから動力揚湯 20/6/30

¥200

(温泉文化伝割引)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

長湯温泉 大丸旅館 ー 与謝野鉄幹・晶子夫妻の歌碑がある

 

4-18

137

奥豊後温泉文化伝

NO.38

長湯

大丸旅館

 

与謝野鉄幹・晶子夫妻の歌碑がある

 

平成28年9月19訪問


次に訪ねたのは長湯温泉随一の老舗旅館「大丸旅館」だ。落ち着いた雰囲気の玄関から長い廊下を進むと浴室棟があり、芹川を見下ろすように、小さいながら小ざっぱりとした浴槽がある。折からの雨に川は水量を増し轟々と流れていたが、対岸を通行する人の姿はなく、ゆっくりと時間が流れてゆく。


ここの湯は46.7℃の湯温で身体に泡が付くことはないが、飲泉すれば炭酸味と金気味に加えて重曹のエグ味があり、なかなか複雑な味がする。長湯らしい美しい濁り湯は、表面にカルシウムの被膜が張り、これも一つの見どころになっていた。


昭和7年8月に長湯温泉を訪れ、ここに宿泊した与謝野鉄幹・晶子夫妻は、「芹川の 湯の宿に来て 灯のもとに 秋を覚える 山の夕立 (鉄幹)」、「湯の原の 雨山に満ちその雨の 錆の如くに 浮かぶ霧かな (晶子)」の歌を残し、ここの一角に歌碑が建てられている。



マグネシウム・ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉、46.7℃、
PH6.8、成分総量4658mg、
無色・澄明・中金気味・炭酸による刺激臭 20/1/16

¥300

(温泉文化伝割引)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

長湯温泉 水神の森 - 看板犬の「シロ」の姿が

 

4-17

136

奥豊後温泉文化伝

NO.24

長湯

水神の森

 

看板犬の「シロ」の姿が

 

平成28年9月19訪問


大型の台風16号が近づいているが、その動きは遅く、雨が降ったり止んだりの状態が続いている。

長湯の温泉街からは少し外れの山中にあるここは、霧雨にいつもの見晴らしも蕭条と煙っていた。


浴室に入ると、まずはかなり強い炭酸臭が鼻につく。いつもながらゴボゴボと音を立てて湧き出す源泉は、泉温48℃にして遊離炭酸を989mgも含み、炭酸泉と呼んでも差し支えないレベルだ。しかも鉄(Ⅱ)の含有量も療養泉の基準を満たしている。重曹やメタケイ酸も十分に含まれるため、見た目の印象と異なり。しっとりとした保湿感も感じられた。




いつもロビーに寝転んで出迎えてくれる看板犬の「シロ」の姿がないので、気になってスタッフに尋ねたところ、2年半前に天寿をまっとうしたとの事。先週母を亡くしたばかりの身にとっては、ちょっと悲しい知らせだった。

含鉄(Ⅱ)-ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉、48.4℃、Ph6.8、成分総量5648mg、HCO³3260mg H19.7.25

¥400

(温泉文化伝割引)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府温泉 此花温泉 - 大火からの復活!薬師様も微笑んで

 

9-53

802

別府八湯温泉道

NO.180

別府

此花温泉

 

大火からの復活!薬師様も微笑んで

 

平成28年9月18日訪問


ここは先の光町大火で被災し閉鎖を余儀なくされたが、翌年には見事再建された。その経緯は以下の過去記事で、「2010年1月の別府光町大火で焼け落ちた此花温泉は、2011年2月26日に関係者の尽力により蘇った。地区の方々にとっては憩いと社交の場であり、まずは温泉復活をとの声が多く、各方面からの義援金も合わせての再建である。改めて別府市民の温泉との絆の深さに感心し、心より再建をお祝いしたい。雲泉寺からの引き湯は前と変わらぬ透明、アチチで心地よい。贈り物の木製の湯桶と椅子には別府八湯の刻印があり、思わず「これほしい」と思わせるもの。入り口に安置されたやさしい顔の薬師様も微笑んでおられた。(2011.3.26)」。


事情は異なるが、現在、梅園温泉も再建に向けて様々な方々が尽力されておられる。ここと同様、薬師如来様の微笑む顔を早く拝見したいものだ。



アルカリ性単純泉、65.0℃、PH 8.0
成分総量819mg(雲泉寺タンク)、無色澄明・無味・無臭

¥100


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府温泉 錦栄温泉 - 「別府湯どころ 湯でもつ都 ぶざま不作法みせまい すまい」

 

9-52

801

別府八湯温泉道

NO.15

別府

錦栄温泉

 

「別府湯どころ 湯でもつ都 

ぶざま不作法みせまい すまい」

 

平成28年9月18日訪問


こちらは午前中の開湯時間が6:30~9:30と短かく、午後の再開時間も16:00と遅いので、なかなか訪問の機会がなかった。ところがこの日の昼過ぎに前を通りかかると「営業中」の看板が出ている。受付の貼り紙によると、6:30-9:30、16:00-22:30は火・金のみで、その他の5日は6:30-22:30を通しで開けているとの事だ。


それではと早速、湯をいただいた。やや熱めのアルカリ性単純泉で、浴後になかなか汗が引かず、さすがの温まる湯だ。浴槽や洗い場のタイルなどに傷みはあるが、掃除が行き届いて気持ちの良い浴室だ。


壁に掲げられた「別府湯どころ 湯でもつ都 ぶざま不作法みせまい すまい」の標語が秀逸で、別府人の誇りが垣間見えるのが嬉しい。

単純泉、65.8℃、PH8、成分総量819㎎(雲泉寺タンク)、H21.3.18

¥100



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行