プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

「2017おおいた遺産」モニターツアー 別府市・日出町編

 

 

2017おおいた遺産」モニターツアー

別府市・日出町編

 

 一般社団法人大分学研究会では、今年度「おおいた遺産」を巡るモニターツアーを5回シリーズで開催しています。その第一回は別府市・日出町編で、平成29年6月25日(日)に開催されました。

 「おおいた遺産」とは、大分合同新聞社が創刊120年を記念して、2007年から3年間にわたり、一般読者の489件の応募の中から、辻野功別府大学教授(当時)を座長とする選考委員によって選定された、未来に残したい大分県の景観、祭、建築など120件の遺産を言います。

 

 大分駅前を8:30に出発した貸し切りバスは、昨夜からの激しい雨の影響で、低く垂れこめた雨雲に覆われた別府市を目指します。


 別府駅前でここからの参加者と合流し、最初の訪問先の青山町にある「聴潮閣」へ向かいました。「聴潮閣」は銀行家で別府市商工会議所の初代会頭を務めた高橋欽哉により、1929(昭和4)年に自邸および迎賓館として建てられたものです。当初は浜脇の海岸沿いに建てられましたが、1989(平成元)年に現在地に移築され、2001(平成13)年には国の有形登録文化財に指定されています。2015(平成27)年末までは、洋画家の佐藤渓の作品を展示する美術館として一般公開していましたが、現在は閉館しており、この日は特別に見学させていただきました。


 木造2階建入母屋造りの主屋は、伝統的な和風建築ですが、一階にはアールデコ様式の応接間もあります。それほど広くはない中庭はモミジを中心とした木々が植栽され、落ち着いた雰囲気に包まれていました。二階の座敷は両側に広縁を持ち、窓の建具が戸袋にすべて収納できる開放的な造りです。


 

 次に向かったのは「内成の棚田」で、 平成11年度に農林水産省が認定した『日本の棚田百選』 に選ばれています。ここの棚田の歴史は古く、鎌倉時代の古文書に記載があるそうで、1000年以上も前から耕作されていたようです。9集落40軒の農家が、42haの田んぼを耕作しており、先人の知恵と労苦に敬意を表するとともに、これから先もこの美しい景色が残されてゆくための様々な支援が必要なのだろうと思いを致しました。


 

  薄暗い木立の中の道をぬけ、広々としたゴルフ場を過ぎて、次の目的地の「神楽女湖」に着きました。ここには80種、15,000本のハナショウブが植えられ、梅雨のこの時期に見頃を迎えていました。「湖」と名付けられているが、おじか山の麓に形成された中間湿原で、標高600m、周囲約1kmの湿地帯には、ヒツジグサ・オギなどの群落がみられ、カイツブリ・カワセミ・キセキレイなど野鳥も数多く生息しています。遊歩道をのんびり歩いていると、カイツブリの子育ての様子が観察できました。


 

 この後は鉄輪で地獄蒸しの昼食を取った後、大観山の湯けむり展望台で、「鉄輪温泉の湯煙」と別府扇状地を形成している鉄輪断層崖と堀田・朝見川断層帯を見学し、「明礬温泉の湯の花小屋」を目指します。


     

 「別府明礬温泉の湯の花製造技術」は2006(平成13)年に国の重要無形民俗文化財に指定されました。文化庁のHPによれば「この技術は、湯の花小屋という製造施設をつくり、その内部で噴気と青粘土を利用して湯の花の結晶を作り出す技術であり、製品である湯の花は薬として利用されたり、入浴剤として利用されてきた。(中略)湯の花が結晶化する過程をみると、まず噴気が藁と土の層を上昇する途中で冷えて水になる。それと同時に噴気に含まれていた硫化水素や亜硫酸ガスが酸化して硫酸となり、この水に溶けこむ。それが上昇して青粘土の層に入ると、青粘土に含まれているアルミニウムや鉄と化合して硫酸塩となり結晶として表面に現れる。これが明礬温泉で湯の花と呼ばれているものである。」とあります。つまり、明礬の湯の花は水に溶けやすく、入浴剤として優れた性質を持っています。草津温泉などで売られている湯の花は、水溶性でないためあまり湯に溶けず、この点がここのものとは全く違います。


 

 別府市での視察はここまでで、これから日出町に向かいます。十文字原を過ぎて鹿鳴越山の山道に入ると、雨脚が急に強くなり、予定していた「ザビエルの歩いた道」の見学を断念し、「日出殉教公園と日出藩成敗場跡地」を目指します。


 1619(元和10)年、日出木下藩の家老:加賀山半左衛門は藩主よりキリスト教の棄教を命ぜられますがこれに従わず、5歳の息子のディエゴとともにこの地で処刑されました。平成19年に半左衛門親子がカトリックの福者に列せられ、その記念にここに殉教公園が作られました。江戸時代初期のカトリック信仰の記録はそのほとんどが焼き捨てられて、外国人宣教師の記録がヨーロッパに僅かに残されているだけですが、1599年の豊後のキリシタンの数は約12,000人と報告されているようです。

 

 次に向かったのは日出暘谷城三の丸跡に立つ国の重要文化財の「的山荘」です。ここは山香町の馬上金山の採掘で財を成した成清博愛が1915(大正4)年に建てた別邸で、文化庁HPによれば「主屋は大勢の来客を接待するための大型の広間を持ち,生活のための書斎部と家政部それぞれを海に向けて配し,景観を活かした配置とする。全体を堅実な和風の意匠でまとめているが,外観には入母屋造を多用して巧妙な階調をつくり,内部は良材による精緻な造作で格調の高い空間を達成するなど,意匠的に優れている。土蔵や正門などの附属施設や大規模な庭園も,近代における雄大な別邸の有り様を示すものとして高い価値を有している」としています。




 

 本日最後は日出城址です。日出藩3万石の初代城主の木下延俊は、豊臣秀吉の正室おねの兄で、細川忠興(ガラシャの夫)の妹加賀を正室としました。関ヶ原の合戦では義兄忠興の助言に従い徳川方に就き、1601(慶長6)年に日出に入国すると直ちに築城に取り掛かり、3層の天守閣と5つの二層櫓や平櫓が築かれました。廃藩置県に伴いすべての建物が取り壊されましたが、鬼門櫓だけが取り壊しを免れ、領内仁王の中村家屋敷内に移築されており、平成25年に場内の現在地に復元されました。風水の鬼門である東北の隅を欠いた全国的にも稀な建築物です。


 

 このツアーでは別府市教育委員会の永野さんと、日出町観光協会の方が同行していただき、専門的な説明があり、よい勉強になりました。次回の開催は8月27日で宇佐市・豊後高田市を巡ります。

                



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府温泉 西鉄リゾートイン別府 - 露天風呂の浴槽の底は「別府石」?

 

10-72

917

別府八湯温泉道

No.132

別府

西鉄リゾートイン

別府

 

露天風呂の浴槽の底は「別府石」?

 

平成29年6月18日訪問


幹線道路に面して立つビジネスホテルだが、「リゾートイン」と称するだけあって、ちょっと高級感があるこちら。フロントでカードキーが渡され、これで浴場のロックを解除して脱衣所に入る。広い浴室は内湯と露天風呂の2漕で、広いガラス窓で仕切られて開放感がある。


露天風呂の浴槽の底には「別府石」らしき石が敷き詰められているが、これが本当に「別府石」なら貴重だ。その先には落ち着いた植え込みがあり、自然光が差し込む立派な造り。内湯は木枠で、湯底には粗削りの岩が使われていて、これもなかなかいいものだ。


ビジネスホテルの大浴場とあらば、循環・消毒は致し方ないのかもしれないが、なにしろ湯の供給量が少なすぎるのでは。設備が素晴らしく、分析書上の湯の素性が良いだけに、別府の温泉としては残念だ。

 

これで10巡目の九段完了。

ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩泉、
53.1℃、PH7.3、成分総量2245㎎ 
無色・澄明・弱塩味・無臭 H27.8.17 メタケイ酸199

¥0
(七段無料券)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府温泉 べっぷ好楽 - モール系重曹泉で、かすかな色味を感じる

 

10-71

916

別府八湯温泉道

No.30

別府

べっぷ好楽

 

モール系重曹泉で、かすかな色味を感じる

 

平成29年6月18日訪問


かつて、浜脇から関の江海岸に至る別府の海岸線は、白砂青松の遠浅の海でそこかしこに砂湯が湧きだす別府の名所だった。その後、埋め立てや護岸の整備、国道の拡張などにより、天然砂湯はその姿を消し、自然の海岸は上人が浜の一帯にわずかに残されているにすぎない。


ここは清潔に整えられた脱衣所と浴室が、頑丈な入口で隔てられているが、浴室自体が建物本体に組み込まれているので、湿気を遮断するための処置なのだろう。また、浴槽のど真ん中に太い柱があるのも、やはり同じ理由にのだろう。


ここもやはりモール系重曹泉で、かすかな色味を感じる。時期的に源泉の供給量を絞っているのか、ツルツル感はほとんど感じられなかった。

ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩・塩化物泉、
48.6℃、PH7.8、成分総量1323㎎、
弱黄褐色・微弱混濁・殆ど無味・微弱金気臭 21/10/27

¥0
(七段無料券)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府温泉 ゆわいの宿竹乃井 - かすかな色味とモール臭、ツルツルの浴感

 

10-70

915

別府八湯温泉道

No.24

別府

ゆわいの宿竹乃井

 

かすかな色味とモール臭、ツルツルの浴感

 

平成29年6月18日訪問


午後は北浜の旅館・ホテルの湯巡りで、最初に訪れたのはこちら。

ここは「鶴水園」と呼ばれ、大正4年に起工し、昭和3年に開かれた中外博覧会の会場として利用された22,000坪もの埋め立て地で、別荘地や住宅地として売りに出されたそうだ。



北浜地区の源泉は別府の中でも震度が深く、モール系の重曹泉が多い。ここの湯もそれで、かすかな色味とモール臭があり、ツルツルの浴感を持っている。露天風呂のぬるめの湯が心地よく、海風がそよそよと吹き抜けて、ほてった体を冷ましてくれた。


露天風呂から辺りを見回すと、駐車場となっている土地が目立つ。高度経済成長期に会社の慰安旅行や修学旅行の団体客で賑わった大型ホテルが、その後の旅行客の好みの変化について行けず、その跡地が駐車場はコンビニに姿を変えているのだ。

ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉、55.5℃、PH8.2、成分総量1397mg、微弱黄色・澄明・微弱塩味・無臭 H27.6.25 メタケイ酸203

¥0
(七段無料券)



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府温泉 臨時 清島アパート指湯 - 「ジ温泉カタログ写真展」スタンプラリーのゴール

 

10-69

914

別府八湯温泉道

臨時

別府

清島アパート指湯

 

「ジ温泉カタログ写真展」スタンプラリーのゴール

 

平成29年6月18日訪問


「ジ温泉カタログ写真展」スタンプラリーのゴールは、別府児童館や別府カトリック教会の近くにあるこちら。戦後すぐに建てられた木造の3棟22室のアパートに、9人のアーティストが居住し、1階をアトリエにして創作活動を行っている。築70年の建物はさすがボロく、なぜ彼らがここを拠点にしているのかは私には理解不能だが、別府の町が彼らを呼び寄せるのかもしれない。


この日の番台さんは映像作家の寺澤佑那さんで、「ままごと」をテーマに映像作品を制作されているそうです。彼女と「指湯すごろく」に興じ、顔出し看板で記念写真を撮り、ご褒美に特製タオルまでいただいた。


アパート内を案内してくれたのは「旅する服屋さん メイドイン」の行橋智彦さんで、写真展の期間中、会場の一つの「茶房たかさき」の庭に穴を掘っているそうで、マスターがFBに、「現在1.7mくらい堀った底の砂地から水が湧き出ましたが、なんとなんと・・・掘り上げた砂から硫黄の香りが・・・。水の深さが40cmくらい常時たまります。もしかして朝見に温泉が・・・バラ園に露天風呂でも創ろうかな~」と投稿されていた。

 

¥0


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府明礬温泉 湯屋えびす - 未だに完全復旧とは言えない様だ

 

10-68

913

別府八湯温泉道

NO.60

明礬

湯屋えびす

 

未だに完全復旧とは言えない様だ

 

平成29年6月18日訪問


「知られざる九州の名湯・秘湯」を紹介する「ジ温泉カタログ写真展」の会場の湯巡りも大詰め、明礬の名湯のこちらを訪ねた。

見晴らしのいい3階の休憩スペース「天空の癒し」に「歴史・由緒がある温泉」「景色・建物・内装が良い温泉」をテーマとした写真が飾られ、窓辺には日本画家の大平由香里女史による「えびす屋さんからみえる別府の風景画」の小品が展示されていた。


ここのHPを見て驚いたのだが、昨年の熊本地震で本館の厨房が被害を受け、宿泊客への食事の提供を行っていないとの事だ。地震直後には屋根瓦が被害を受け、ブルーシートが掛けられているのを目にしたが、未だに完全復旧とは言えない様だ。


この日の男湯は1階の露天風呂で、降り注ぐ明るい日差しの下で白濁の硫黄泉をいただいた。分析書ではPH2.8の酸性硫黄泉だが、それほど酸味は強くなく、弱酸性~中性の印象だ。浴槽内で源泉の噴気を吹き込んでおり、白濁度が高いが香りは控えめだ。


途中から貸し切りとなったので、広い浴槽を独り占めして素晴らしい湯を存分に楽しんだ。

単純酸性硫黄泉(硫化水素型)、64.5℃、PH2.8
溶存物質計587mg、10L/min(自然湧出)、
弱白色、弱混濁、強硫化水素臭

¥700

(割引ちらし)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

地獄ハイキング 実相寺山・鉄輪コース・レポート

 

地獄ハイキング

実相寺山・鉄輪コース・レポート

 

 別府温泉地球博物館主催の地獄ハイキングは、平成29年6月10日(土)、温泉マイスター限定で実相寺山・鉄輪コースでの開催でした。

 梅雨の晴れ間の好天に恵まれ、実相寺山平和記念搭入口バス停に13:30に集合し、京都大学地球熱学研究施設の竹村教授、本日ガイドデビューの若松君子さん、参加者5名と事務局の杉本さんの総勢8名で出発進行!!

 

 

明豊高校野球部の練習グランドを横目に見ながら標高169mの実相寺山の頂上を目指しますが、いきなりの上り坂に息が切れます。林の中の道路を抜けると、日本山妙法寺の本堂と仏舎利塔が見えてきました。


 「仏舎利」とは、本来、釈迦の遺骨・遺灰・毛髪等ですが、大変に貴重なもので入手も困難な事から、遺骨によく似た宝石や貴石等を代替品とする事が多い様です。また、日本各地の寺院の五重塔や三重塔、金閣寺の舎利殿なども仏舎利塔に当たります。

 ここからの眺めは雄大で、一番奥に鶴見岳・内山・伽藍岳の峰々が連なり、その手前には大平山(通称 扇山)のなだらかな稜線に続く別府扇状地が広がり、南には堀田・朝見川断層崖の連なりが見渡せました。


  実相寺山は約30万年前の噴火で形成されたドーム型火山の跡で、大観山や高崎山と同時代の古い時代の火山です。

 また、大友家と黒田家が争った石垣原合戦においては、黒田軍の 本陣が置かれた事でも知られています。ちなみに大友軍の本陣は南立石の海雲寺あたりに置かれました。

 大平山は地震による山体崩壊の跡と考えられ、人の手により毎年、山焼きが行われてきたため、今の様な姿になっているとの説明がありました。

 

 山を下り、実相寺山の山裾を鉄輪方面に進むと、噴火当時の溶岩が冷え固まった角閃石安山岩の露頭が見られます。


 この先に温泉の噴気が見られます。この辺りの源泉は噴気沸騰泉で、ここで見られるような「気液分離装置(セパレーター)」によって熱水だけを取り出し、温泉として各戸に配湯されています。


 別府市の鉄輪・明礬・北中に広がる「湯けむり・温泉地景観」は国の重要文化的景観に選定されていますが、これは「地域における人々の生活又は生業及び当該地域の風土により形成された景観地で我が国民の生活又は生業の理解のため欠くことのできないもの(文化財保護法第二条第1項第五号より)」と規定され、天然記念物のような人の手の入っていない文化財とは違い、温泉資源の多面的な利用の在り方を示す文化財といえます。

 

 ここから馬場、新別府の住宅街を進み、春木川河畔に出ました。「新別府」は大正3年から昭和初期に温泉付き高級別荘地として一区画300坪で分譲されました。


 「別府の地獄を観光資源として最初に活用したのは鉄道技師の千寿吉彦氏で、明治末期に日豊本線の敷設工事で来別していた。「千寿はこのような扱いを受けていた海地獄を別荘地の泉源という全く新しい発想によって買収したのである。恐らく新たな湯口を掘削するよりは経済的にも有利であったと考えられるし、この頃には既に規制の網も掛かり始めていたことも背景にあったであろう。(中略)明治43年(1910)海地獄を覗き見していた湯治客に対して、海地獄の管理人が二銭を徴収したことが始まりとされる。つまり、これまでの「厄介もの」が「見せ物」に転換したのである。」(別府市編 「文化的景観 別府の湯けむり景観保存計画」より)


 春木川を渡り、北中の噴気沸騰泉の源泉を見て、鉄輪の旅館街に入ります。NHKの「ブラタモリ」で紹介された市営「熱の湯温泉」裏の断層崖を見て、旧富士屋旅館前の「別府石」の石畳を見学しました。






 「かつて別府のいたるところには、鶴見岳をはじめとする火山から、火砕流や土石流として、流れ出してきた安山岩がころがっていました。現在も、道路工事や宅地造成などで土地を掘り返すと、安山岩の転石がたくさん出てきます。人びとは、それらを別府石と呼んで大事にし、いろいろな石材に使ってきました。」(別府地球博物館編「別府温泉辞典」より)

 

 次に鉄輪温泉を拓いたと言われる一遍上人開山の温泉山永福寺と境内の源泉を見て、ゴールの大谷公園に到着しました。

 

 大谷公園は浄土真宗大谷派の22世法主の大谷光瑞(鏡如上人)示寂の地です。光瑞は明治35年から三度に渡り西域探検隊を結成し、シルクロードの仏跡の発掘調査を行いました。弱冠39歳で法主を辞任しますが、実は西域探検には多額の費用がかかり、これが西本願寺の財政を危機に陥れ、その責任を問われ罷免されたのが真相のようです。また、インドの古代仏教建築を思わせる石造風の外観の東京・築地本願寺は、光瑞が建築史家の伊藤忠太に設計を依頼し、建築したものです。戦後、病を得て別府で療養し、昭和23年に鉄輪のこの地で亡くなりました。


 今回は最初の実相寺山の登りを除いては、ほぼなだらかな下りの全長4,000mほどのコースでした。岩石に詳しい若松さんの案内で、楽しく歩き切る事が出来ました。参加者の皆さん、お疲れ様でした。
                       



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府温泉 寿温泉 - 大正13年当時の市有温泉の規定

 

 

912

別府八湯温泉道

NO.10

別府

寿温泉

 

大正13年当時の市有温泉の規定

 

平成29年6月11日訪問


この日の最後は市街地の飲み屋街にあるこちら。ここは大正13年に市有温泉として今の建物になるまでは女性専用であった。当時の市有温泉は、並湯は無料、上等湯は有料であった。当時の市の規定には、「1.入場料をとってはならない。特別な設備を施した場合は市長の承認を得て徴収してもよい。 2.区民代表は、温泉家屋を市長の指定した火災保険に入れ、受け取り人は市長とすること。 3.区民代表は、管理維持上必要な経費は支出しなければならない。」と定められていたという。

ここの写真展のテーマは、「地元に根付く共同浴場」で、趣深い各地の共同浴場が紹介されている。


初めは貸し切りだったが、すぐに次々と入浴者が訪れ、ホールではにぎやかな会話が交わされていた。


近くの名人会事務所は、2階の大改装作業中で、近々、集会ができるよう整備を始めたようだ。

ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-炭酸水素塩泉、51.5℃、PH7.3、成分総量1129mg、42.9L/min
無色・澄明・無味・殆ど無臭 H21.9.29

¥100


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府堀田温泉 立ち寄り湯 夢幻の里春夏秋冬 - 写真展のテーマは「真っ白な温泉」「色付きの温泉」

 

 

911

別府八湯温泉道

NO.193

堀田

立ち寄り湯

夢幻の里春夏秋冬

 

写真展のテーマは「真っ白な温泉」「色付きの温泉」

 

平成29年6月11日訪問


次は堀田温泉の名湯のこちら。谷川にかかる橋の上から川の上流を眺めると、すっかり色を増した若葉が光り輝いていた。

露天の「虹の湯」は木漏れ日を浴びて、青白い硫黄泉が目にまぶしい程だ。噴気と山水で適温に調整された湯は、それほど強くはないが、馥郁たる芳香を放っている。しばらくすると同浴の方が来られ、後でわかったのだが、開催中の写真展の主催者の大迫氏だった。


ここの写真展のテーマは、「真っ白な温泉」「色付きの温泉」で、まさにここに相応しい展示となっていた。また、昭和初期に活躍した画家の吉田初三郎の資料と別府の鳥瞰図が展示されており、興味深く拝見した。


浴後に大迫氏と名人会の井上さん、若女将の容子さんと温泉談義に花が咲き、いつもの事だが長居を決め込んでしまった。

単純硫黄泉(硫化水素型)64.8℃、PH6.28
成分総量575mg
強白色・弱混濁・微弱塩味・強硫化水素臭 2015.9.25

¥260

(名人会割引)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府柴石温泉 長泉寺薬師湯 - 浴室内の壁にはここを訪れた方々が撮影した写真が一面に張られていた

 

 

910

別府八湯温泉道

NO.85

柴石

長泉寺薬師湯

 

浴室内の壁にはここを訪れた方々が

撮影した写真が一面に張られていた

 

平成29年6月11日訪問


今回も引き続き「知られざる九州の名湯・秘湯」を紹介する「ジ温泉カタログ写真展」の会場のとなっている施設訪問を続けている。

この日の最初は柴石温泉にある浄土宗長泉寺の「薬師湯」。ここは山号を「朱湯山」といい、「血の池地獄」から山号が付けられたことは明白だ。古くは八幡竈門神社の神宮寺の一つであったようで、今は鉄輪にある「かまど地獄」は昭和30年代まではこの辺りにあり、地獄の噴気で蒸米を作りお供えしていたことに由来する。


庫裏の玄関で先代の大黒さんにご挨拶をし、さっそく湯を頂くとかなりぬるめで、しばらくは源泉が多めに注がれるよう調整して、ゆっくりを湯を味わった。浴室内の壁には展示の写真パネルの他に、ここを訪れた方々が撮影した写真が一面に張られていた。


前々から気になっていたのだが、ここの隣にサークル・ワンという会社の事務所があり、敷地内に湯貯桝らしき物があり、覗いてみると血の池地獄の湯とおぼしきものが溜まっている。赤い泥を沈殿させた上澄みの湯を入浴に使っているのだろうか?機会があれば確かめてみよう。



含食塩酸性泉、PH2.9、約101(噴気)、地下熱水150

¥0

(お布施)



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行