プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

別府明礬温泉 岡本屋旅館 - リニューアルした岡本屋で贅沢三昧♪

 

10-80

932

別府八湯温泉道

NO.62

明礬

岡本屋旅館

 

リニューアルした岡本屋で贅沢三昧♪

 

平成29年7月23日訪問


7月某日、別府八湯名人会から「リニューアルした岡本屋で贅沢三昧♪」なるイベントのご案内があった。「昨年の地震から補修工事が終わった明礬温泉 岡本屋旅館さんから名人会の皆さんを無料ご招待したいとの案内がありました! 入浴、ランチ(たまごサンド・地獄蒸しプリン・鳥天・コーヒー)全て無料でご招待なのでお時間がある方は是非お越しくださいませ
」。なんとも太っ腹にして有り難いイベントで、もちろん参加させていただく事にした。



当日は13:00より、男子有志による風呂場の清掃が行われ、女子向けには岡本屋の湯の花を原料にした石鹸・クリームによる美肌レッスンが行われた。



その後はお待ちかねの庭園露天風呂での入浴。男女の参加者26人が、混浴で岡本屋自慢の「青磁色の神秘の湯」、単純酸性硫黄泉を楽しんだ。



そして、岡本屋売店名物の地獄蒸しプリン、タマゴサンド、とり天、りゅうきゅうにコーヒーの豪華ランチへ突入、その美味を存分に堪能した。岡本屋さん、ありがとうございました。


 

大分県立図書館の「豊の国情報ライブラリー」によれば、「別府で初めて明礬を作ったのは渡辺五郎右衛門で、江戸時代前期のことでした。その後、脇儀助(儀右衛門、儀左衛門とする資料もある)が明礬山を開きます。当時、明礬山は森藩と幕府領とに跨っていて、森藩側が鶴見明礬、天領側が野田村明礬と呼ばれていました。明礬の製造そのものは幕府が渡辺家に特許を与えて保護し、後に脇家に支配を任せていました。天保の改革(1830年)の際、幕府は製造を中止し、森藩の直営一本になります。幕末には、山奉行岩瀬謙吾が藩の代表として明礬製造を支配しました。明治維新からは、大分県の直営になりましたが、外国からの新技術を取り入れた他県産のものや輸入品に押され、明治17年、湯の花製造と旅館の開業に転向しました。その後、交通の発達とともに旅館も増加していき、明礬地域は湯治場として発展していきます。皮膚病に効くという湯の花の評判と相まって、昭和10年代と戦後の一時期、明礬温泉は黄金期を迎えることになります。」とある。

 

ここに出てくる「山奉行岩瀬謙吾」が岡本屋の先祖で、旅館の創業は1875(明治8)年、屋号は出身地である岡本村(現在の竹田市)から来ているそうだ。


 

さて、連日の猛暑で湯巡りがペースダウンしているが、ようやく別府八湯温泉道10巡目の十段完了。7/29は「湯~園地」のボランティア、8/6は「第7回別府八湯検定」に挑戦、暑い夏がまだまだ続きそうだ。

酸性・含硫黄-単純泉(硫化水素型)、74.4℃、
PH2.6、成分総量516mg、
無色・澄明・中酸味・弱硫化水素臭 H27.6.23
メタケイ酸153 HSO³21.4

¥0(特別ご招待)



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府柴石温泉 柴石温泉 - ジブリのスタンプラリー ご褒美は「オオトリ様」のオリジナルタオル

 

 

931

別府八湯温泉道

NO.80

柴石

柴石温泉

 

ジブリのスタンプラリー

ご褒美は「オオトリ様」のオリジナルタオル

 

平成29年7月17日訪問


ジブリ・スタンプラリーの2湯目は、この季節に露天風呂のぬる湯が心地よいこちら。早朝から駐車場は多くの車が止まっており、混み合うのかと思いきや、内湯には誰も入っていない。露天風呂に出てみると、6人のご老人が風呂場談義の真っ最中で、蒸し湯で時間をつぶすが上がる家気配がない。仕方ないので内湯のぬる湯に浸かったが、すっかり茹だってしまった。

 

別府温泉湯治場大辞典には、田島大機の『南豊温泉記』に、「後朱雀院の太子親仁親王(後冷泉天皇)、御重病に罹り、医治の道、絶へさせ給ひけるに霊夢に感ぜし為め、柴石温泉に御湯浴あれば、病ひ忽ち平ゆす。依て薬師如来の堂宇を建立し、長泉寺と名け給へり。」と記述している。

 


さて、スタンプラリーのご褒美は、「千と千尋の神隠し」に登場した「オオトリ様」のオリジナルタオルで、卵から孵化できなかったヒヨコの神様だそうだ。



(内湯)単純泉、51.7℃、PH6.7、成分総量881mg、無色・澄明・殆ど無味・殆ど無臭 H21.2.12

(蒸し湯)ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉、80.1℃、PH7.0、成分総量1353㎎、弱黄褐色、微弱混濁、無味、殆ど無臭 H22.2.16

¥100


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府亀川温泉 浜田温泉 ー ジブリのスタンプラリー ここの湯はいつでも熱い!!

 

10-79

930

別府八湯温泉道

NO.66

亀川

浜田温泉

 

ジブリのスタンプラリー 
ここの湯はいつでも熱い!!

 

平成29年7月17日訪問


この夏、大分県立美術館では「ジブリの大博覧会」が開催されており、別府八湯温泉道とタイアップのスタンプラリーが行われている。博覧会を見て、別府で2湯入浴すると、スタジオジブリ特製オリジナルタオルが貰えるとの事。ほぼ市営温泉が対象施設となっているので、早朝にここで入浴と相成った訳だ。


しかし、ここの湯はいつでも熱い!!この日も44℃を超える熱湯で、ご高齢の常連さんはなみなみと湯を汲みだし、身体洗いに余念がない。そして、最後に30秒ほど湯に浸かると悠然と引き上げてゆく。




建物の裏に防波堤の跡が残っているが、以前は海岸沿いの砂浜に建てられていたようで、その先には天然の砂湯があったという。「別府温泉湯治場大辞典」には、「亀川中央町の宮森静雄氏は 「浜田海岸には砂浜が多く、潮干狩をしたり、天然砂湯に寝たままで沖の白帆をながめた。その頃"亀川温泉夏が来りや、サノ、夏が来りゃ、浜田の砂湯で潮干狩とサイサイ潮干狩……"という唄がはやった」と、昔を回顧した。」との記述がある。

ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉、54℃、PH7.2
成分総量1699mg、無色・澄明・微弱塩味・無臭、H21.3.20

¥100


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

久住高原温泉 レゾネイトクラブくじゅう - 自然との「共生・共鳴」を図っている

 

5-2

150

奥豊後温泉文化伝

NO.15

久住

レゾネイトクラブ

くじゅう

 

自然との「共生・共鳴」を図っている

 

平成29年7月9訪問


久住高原の雄大な草原に、身を屈めるようにひそやかに、小さな家が身を寄せ合って集落を形作っているようなホテルだ。「Resonate」とは「(自然との)共生・共鳴」の意味で、大自然の生態系を守るため、建物は低く、外に人口の光を漏らさない配慮がされているそうだ。


ごく控えめなフロントから外廊下を下った先に、大浴場「紅殻之湯」があり、トラス構造で高い天井を確保し、開放感を演出している。以前は鉄分で赤みの強い湯だったが、成分に変化があったのか今は緑褐色だ。循環消毒されてといるが、内湯に塩素臭は感じられないが、控えめな広さの露天風呂でなぜかそれがあった。


大人の雰囲気のある素敵なお宿なので、一度は宿泊してその空気に浸ってみたいものだ。

マグネシウム・カルシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉 30.4℃ PH6.2 成分総量2626mg 
黄褐色・混濁・殆ど無味・無臭 H16.11.29

¥250

(久住の日半額)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

久住高原温泉 国民宿舎 久住高原荘 - 酸性硫黄冷鉱泉で炭酸泉でもある

 

5-1

149

奥豊後温泉文化伝

NO.11

久住

国民宿舎

久住高原荘

 

酸性硫黄冷鉱泉で炭酸泉でもある

 

平成29年7月9訪問


薄暗い木立の下を車を走らせ、久住山赤川登山口に到着すると、赤川荘は臨時休業で、しからばと久住高原荘に向かう。ロビーは法事の後の食事に訪れた方々が案内を待っていたが、浴室棟に通るとそこは貸し切りだ。


貼り紙に朝は白濁しているが、午後からは透明になると書かれていた。酸性の硫黄冷鉱泉で湧出量も少なめのため、タンクに貯めて置いた源泉を加温して浴槽に注いでおり、循環ろ過で硫黄の硫黄成分が徐々に取り除かれ、透明湯になるのだろう。遊離炭酸が1200mlも含まれる立派な「炭酸泉」でもあるのだが、ため湯と加温の過程で炭酸成分が放出されて、その痕跡がないのが実に残念だ。



含二酸化炭素・硫黄-カルシウム-硫酸塩泉 25.5℃ Ph5.6 成分総量3.441g 37.5L/m 
無色・澄明・弱酸味・微弱硫化水素臭 H9.7.2

¥250

(久住の日半額)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

久住高原温泉 め組茶屋ソーダの湯 - カトリックの日本八大布教地

 

144

212

その他の温泉

大分県

久住高原温泉

め組茶屋ソーダの湯

 

大分県竹田市久住町有氏4510-2

 

カトリックの日本八大布教地

 

平成29年7月9日訪問


この日は「久住の日」で、久住高原温泉の温泉施設の入浴料が半額になる。長湯を通って久住町に入ると、雨の勢いが強くなってきた。日田市や朝倉市の被災地の事を思うと、少しでも早く天候が回復することを祈らずにいられない。

この辺りに「朽網」という地名があり、大友宗麟の時代にここを納めた朽網宋暦は洗礼を受けルカスと名乗り、自分の屋敷に豊後で初の教会を建てたと伝わっている。家族、家臣、農民がキリスト教に帰依し、信者は300人を上回り、「日本八大布教地」(府内、平戸、博多、鹿児島、山口、京都、堺)のひとつに数えられており、「INRI」と刻まれた石製T十字が残っている。


雨に霞む田園風景を独りで眺めていると、降り続く雨の音と、炭酸を豊富に含む源泉の湧き出す音だけが聞こえてくる。薄緑色の湯は50.9℃あり浴槽での泡付きは無いが、湯口の炭酸臭と炭酸味は強烈だ。ややぬるめなので、ゆっくりと浸かる事が出来た。



マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉 50.9℃、PH6.8、成分総計4370mg、HCO3-1900mg、
84.2L/min、無色・澄明・中炭酸臭・中炭酸味 15.11.6

200円

(久住の日半額)



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府鉄輪温泉 ホテル風月HAMMOND - 大正時代の別府の海水浴場

 

10-78

929

別府八湯温泉道

No.49

鉄輪

ホテル風月HAMMOND

 

40年前の別府の海水浴場

 

平成29年7月2日訪問


こちらの内湯大浴場の男湯は「砥石風呂」と呼んでいるが、洗い場の床に砥石の様な石が張られているからだ。夕方になると窓から西日が差し込み、鉄分で赤く染まった浴槽を明るく照らし出していた。



 

今日新聞社の「懐かしの別府ものがたり」より、鉄輪の永福寺の先代住職の「鉄輪小記」にある別府の海岸の記述、「私達が子供の頃、大正年間で朝日村の頃は海岸線一帯何処でも泳げた。距離的関係で六勝園や亀川の海岸に泳ぎに行く事が多かった。歩いて行き歩いて帰る為だ。六勝園の方は石が多く、気を付けぬと貝殻で足を切った。砂浜で良いのが餅ケ浜の海水浴場で賑やかだった。当時の別府市内では北浜の天然砂湯があった処で、海水浴をしながら砂を掘ると下の方が温かだった。又現在の別府タワーの有る所辺りで泳いで居る人も多かった。旧大阪商船会社の有った処から浜脇方面には距離的に歩いて行く関係上遠いので行った事もなく、場所も記憶にない。あの近所の者は泳いで居たと思うが、魚釣りの人達が居った様だ。」 大正時代の記述だが、海水浴で砂浜を掘ると天然砂湯のおかげで温かかったというのが、すごいと言おうか、失った事が悔やまれる。

ナトリウム-塩化物泉、99.2℃、PH5.8、
成分総量1641㎎、無色・澄明・弱塩味・無臭、加水 17/5/26

¥0

(七段無料券)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府鉄輪温泉 おにやまホテル - 鬼山地獄の源泉は地下300mから泉温98℃の湯を毎分130Lも供給

 

10-77

928

別府八湯温泉道

No.48

鉄輪

おにやまホテル

 

鬼山地獄の源泉は地下300mから

泉温98℃の湯を毎分130Lも供給

 

平成29年7月2日訪問


7/1早朝、鬼石坊主地獄の温泉池に男性の遺体が浮いていたとの報道があった。そのため、地獄も鬼石の湯も7/2は臨時休業した模様。前日の閉演後に迷い込んだようで、外傷はないとの事だ。一日も早い事件解決を願わずにはいられない。

さて、ここの露天風呂は別府八湯でも有数の広さを誇るが、その源泉はワニの飼育で知られる鬼山地獄だ。鬼山地獄は100頭を超えるワニがいるが、この広大な温泉池の源泉は、地下300mから泉温98℃の湯を毎分130L以上も供給しているという。


程よい植栽の下のほの暗さと、奥の方は陽光が差し込みキラキラと湯面を輝かせている。弱酸性の塩化物泉はやや緑味を帯びた湯で、金気味があり、湯口の岩は褐色に変っていた。



ナトリウム-塩化物泉、82.6℃、PH4.6、成分総量4096㎎、
無色・澄明・弱塩味・弱硫化水素臭、加水 16/11/30

¥0

(七段無料券)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

塚原温泉 火口乃泉 - 伽藍岳の火口の地下に熱水だまりあり

 

10-76

927

別府八湯温泉道

No.100

塚原

塚原温泉

火口乃泉

 

伽藍岳の火口の地下に熱水だまりあり

 

平成29年7月2日訪問


突然の猛暑だ。湿度が高く、ムシムシとして不快だ。こんな日は体に染み渡るようなガツンとした湯で、シャキッとしようとここまで足を延ばした。

別府温泉地球博物館の「別府温泉辞典」の「伽藍岳」の項には、「別府温泉の熱源域と考えられている伽藍岳は、鶴見火山群の北端に位置し、「鶴見岳・伽藍岳」として活火山に認定されています。標高1045m、またの名を硫黄山と言います。主な噴出溶岩は粘性の高い角閃石安山岩で、山頂部は2つの溶岩ドーム(溶岩円頂丘)に分かれ、南西斜面は径300mほどの円弧状の崩壊地形になっています。崩壊地の内側には、過熱蒸気(120℃)を含む活発な噴気活動が見られます。また、強い酸性(pH 12)の温泉水が湧き出しており、その一部は塚原温泉の源泉に使われて、多くの入浴客に親しまれています。」とある。


また、NHKの「ブラタモリ」の中では、伽藍岳の火口の地下に熱水だまりがあり、亜硫酸ガスなどの有害な火山ガスはこの熱水に溶け込んでいるため、火口のガスはほぼ無毒であると説明されていた。


泉質は「酸性・含鉄(Ⅱ,Ⅲ)-アルミニウム-硫酸塩泉」で、酸化前の鉄イオンの緑色を呈する強酸性泉で、アルミニウムも多量に含有する「明礬・緑礬泉」だ。



酸性・含鉄(Ⅱ,Ⅲ)-アルミニウム-硫酸塩泉,
56.0℃,PH1.9,成分総量3582mg
H27.2.23
無色・澄明・中酸味・中収斂味・中金気味・殆ど無臭 水素イオン12.7 鉄Ⅱ47.5 鉄Ⅲ62.3 アルミニウム113
メタケイ酸406

¥500


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府温泉 ホテル別府パストラル - 岩風呂には「別府石」が使われているようだ

 

10-75

926

別府八湯温泉道

No.88

別府

ホテル

別府パストラル

 

岩風呂には「別府石」が使われているようだ

 

平成29年6月28日訪問


ここのある東荘園は境川右岸で、ここから北西800mほどの所に「石垣原古戦跡」があり、1500mほど先には黒田軍の本陣が置かれた実相寺山がある。両軍はこの境川を挟んで対峙した事だろう。

別棟の浴場に入ると、一人の先客があったがほどなく上がり、広々としたお風呂を独り占めできた。露天風呂に出てみると、これまで気づかなかったが、岩風呂には「別府石」が使われているようだ。「別府石」は正式には角閃石安山岩で、鶴見岳の火山活動に伴なう火砕流や土石流、扇山の山体崩壊などで流出したものだ。


湯は51℃の炭酸水素塩泉で、無色透明でさっぱりとしたものだ。ジャグジーもあり、これは沸かし湯らしいが、この浴槽をオーバーフローした湯が流れる床は、目地が明らかに赤褐色に変わっている。おそらく鉄分を多く含む井戸水が使われているのだろう。



ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉、51.2℃、PH8.0、
成分総量1253㎎、無色・澄明・無味・無臭 17/5/20

¥0
(七段無料券)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行