海心堂の温泉逍遥

日本一のおんせん県おおいた(別府八湯温泉道、奥豊後温泉文化伝)を中心に、九州の温泉(九州温泉道)の入湯記録

長者原温泉 オーベルジュ・コスモス

Posted by 海心堂 on   0 


長者原温泉 オーベルジュ・コスモス
 

~目の覚めるようなオレンジ色の湯~

シニア・マイスター 甲斐心也

【この記事は温泉マイスター協会のメールマガジンに投稿したものを転載しました。 】

 今回はシニア・マイスターの甲斐が、大分県九重町の長者原温泉のオーベルジュ・コスモスを紹介します。

 九重飯田高原の玄関口である長者原、シーズンには多くの登山客で賑わいます。また、目の前に広がるタデ原湿原は、「山岳地域に形成された中間湿原では、国内最大級の面積を持つことなどから、国際的にも重要な湿地であると認められ、200511月に坊ガツル湿原とともに「くじゅう坊ガツル・タデ原湿原」として、ラムサール条約に登録(長者原ビジターセンターHPより)」されています。

 

 高原の木立の中に佇む小さな洋風旅籠のここは、県営の国民宿舎がリニューアルされて2011年にオープンしました。2017年2月19日の入湯記では、「浴室に入ると黄土色の内湯が目に入る。ここの湯は「長者原源泉」といい、近くの「法華院温泉別館 花山酔」と共用のようだ。鉄()を7.5mg含み、赤みの強い濁り湯となっている。露天風呂に出ると、やわらかな冬の陽光が燦々と差し込んで、目にも鮮やかなオレンジ色の湯が湛えられていた。」と記述していました。

 

 「おんせん県おおいた」で赤い湯といえば、まずは「血の池地獄」が思い浮かびますが、残念ながら足湯のみで入浴する事はできません。由布市の下湯平地区に「下湯平温泉 幸せの湯」という名湯がありましたが、残念ながら閉鎖されてしまいました。臼杵市の「鷺来ヶ迫温泉 俵屋旅館」の加温浴槽も見事なオレンジ色の濁り湯で、同じ九重町の「筌ノ口温泉 共同浴場」の湯や、竹田市久住の「レゾネイトクラブくじゅう 紅殻の湯」、由布市の「高崎山温泉 おさるの湯」の紅茶色の湯などがあげられます。

 

 

前回までは「単純泉」との表記でしたが、新しい分析書は「カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉」に変わっていました。長湯温泉の土類泉に鉄分をたっぷりと溶かし込めば、ここのような湯色になるのです。「カルシウム-硫酸塩泉」は旧泉質名では「石膏泉」です。また、遊離二酸化炭素を349mg含有する「重炭酸土類泉」でもあり、マグネシウムやカルシウムの土類成分が強く、保湿成分のメタケイ酸を349mgも含むものの、湯上りは肌にカサカサ感が残ります。硫酸塩泉は血圧の降下作用があり「脳卒中の湯」とされ、その鎮静効果から「傷の湯」「痛風の湯」ともされます。とにかく、複雑な成分を持つ個性的な湯なのです。

 

1枚¥1,000で長者原温泉郷の3湯が楽しめる「温泉手形」が発売されていますので、これを購入するとお得に湯巡りが楽しめます。

 

近くの民家に豊後国風土記の朝日長者伝説(長者原という地名も朝日長者に由来)に登場する「念仏水」があります。このあたりは昔、熱湯を吹き上げる地獄地帯だったのですが、長者が裏の合鴫山に財宝を埋め、秘密を守るため人夫や牛馬をこの地獄に投げ込んで殺してから、冷水が念仏を唱えるようにブツブツ湧き出したそうです。

 

 


長者原から牧ノ戸峠に向かう県道別府一の宮線沿いには、摂氏14℃の冷鉱泉の「寒の地獄温泉」や、酸性緑礬泉や硫黄泉の大露天風呂のある星生温泉九重星生ホテルの「山恵の湯」などの名湯が点在しています。





 

長者原温泉 オーベルジュ・コスモス 

大分県玖珠郡九重町田野2281

0973-79-2221

11:0015:00

\600


別府明礬温泉 照湯温泉

Posted by 海心堂 on   0 


12-59/1098  
別府八湯温泉道 No.128

別府明礬温泉 照湯温泉

 

♨別府市の温泉保護地域の範囲を市内全域に拡大した♨

 

平成31年3月24日訪問

 

 この日の最後は噴気造成泉のこちらです。

 江戸時代に豊後森藩久留島氏が一大温泉レジャーランドとして開発され、同時に「豊後明礬」として国内最大の明礬産地としても繁栄していました。

 現在は脇を流れる春木川の対岸の数多くの温泉熱発電所が建設され、大量の温泉と噴気を始終汲みだすため、温泉資源保護と住環境への悪影響が問題となっています。



 別府市の働きかけに答えて、「県環境審議会温泉部会(由佐悠紀会長)は、温泉掘削を許可する際の審議基準を定めた内規を改正し、別府市の保護地域の範囲をほぼ市内全域に拡大した。限りある温泉資源を保護し、持続的な利用につなげることが狙い。市内の保護地域を広げるのは1973年以来45年ぶり。12月1日から施行する。(中略)由佐会長は「温泉の使い方を変えていかなければ、今までのような利用はできなくなる。使用可能量が限界に近いことを認識し、今後は総量規制についても考えていく必要がある」と話している。(大分合同新聞2018/08/11朝刊)」と規制を強化しました。




 さて噴気造成泉の湯ですが、噴気の吹き込み量が少ないのか、それとも元の噴気に硫黄分が少ないのか、湯の花も見られずさっぱりとした湯でした。白濁で薫り高い硫黄泉として提供されればいいのにと、すこし残念に思います。



 

【分析書データ】単純泉、98.1℃、PH6.5、成分総量113mg、無色、微白濁、無味、無臭 H15.5.8

 

入浴料 200円

別府八湯 明礬温泉 鶴の湯

Posted by 海心堂 on   0 


32-4/238
 その他の温泉 大分県別府市鶴見

別府八湯 明礬温泉 鶴の湯

 

♨有志の方が野焼きを行ったとの事でした♨

 

平成31年3月24日訪問

 

 この日の2湯目は1年半ぶりに訪れたこちらです。

 車を停めて徒歩で向かうと、野湯を取り囲む草原が黒く焼かれていました。常連さんに尋ねると、今朝9:00から有志が野焼きを行ったとの事でした。ひと月もすれば草が芽吹いて、緑の草原になる事でしょう。





 この日の入浴者は野焼きを手伝うほどの超のつく常連さんばかりですが、みなさん全身が日焼けして肌が黒いのです。頻繁にここで3~4時間も過ごせば、そうなるのだなぁと妙に納得しました。




 奥の湧出口から湧き出す湯は無色・透明、ほんのりと硫黄香のある湯です。湯の花が見られないのはアルカリ性の硫黄泉のためです。湧出口での温度は47℃ほどで、上の浴槽はやや熱め、下の浴槽は適温でした。もちろん水はありませんので、熱すぎれば浸かる事は出来ませんが、適温からやや熱めで湧き出しているので大丈夫です。





 ここから直線距離で600mほど北西に鍋山の湯があり、その裏山は伽藍岳です。伽藍岳の山肌の向こうに火口と塚原温泉があり、距離にして2km弱といった所です。

 ボランティアの有志の手で大切に守られている現状に不満はありませんが、市有地であることからも市営温泉として整備するのもありだなぁと思いました。

 

【分析書データ】単純アルカリ性硫黄泉(不明)

 

入浴料 0円

別府温泉 的ヶ浜温泉

Posted by 海心堂 on   0 


12-58/1097  
別府八湯温泉道 No.177

別府温泉 的ヶ浜温泉

 

♨久留米市城島町は古くから酒造りが盛んでした♨

 

平成31年3月24日訪問

 

 すこし更新が滞りましたが、その訳は社命により久留米市での勤務を命じられ、単身赴任の準備に奔走していたからです。

 久留米市城島町(旧三潴郡)は、「兵庫の灘・京都の伏見・広島の西条とならぶ酒どころとして有名で、筑後川の豊かな水、美しい大粒の筑後米、芳香を放つ日田杉、愛情こまやかな三潴杜氏の技量、水運の便利さなどの利点に恵まれ、古くから酒造りが盛んでした。現在も8つの蔵元が個性あふれるお酒を醸し続けています。」と、「酒蔵びらき」のHPで紹介されています。その蔵元の一軒に出向する事になったという訳です。

 これからは筑後地方の温泉巡りと、その様子も報告していきますので、引き続きよろしくお願いします。

 さて、幹線道路に面して立つ北的ヶ浜公民館の1階にここがありますが、キリッとした熱めの湯で土類成分が豊富な重曹泉です。常連さんの会話によると、湯温の低下があるようでしたが、この日はやや熱めの湯加減でした。




 

【分析書データ】ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉、49.5℃、成分総量2116mg  H16.12.23

 

入浴料 100円

別府温泉 竹瓦温泉

Posted by 海心堂 on   0 


12-57/1096  
別府八湯温泉道 No.1

別府温泉 竹瓦温泉

 

♨「竹ん瓦ん湯」と呼ばれていました♨

 

平成31年3月9日訪問

 

 江戸時代の別府は幕府の天領で、そのかしこの海岸で自然湧出の湯が湧き出す鄙びた漁村で、砂浜でイリコを干す様が見られました。海岸近くでは生姜が盛んに栽培されていたという事です。


 別府が大温泉地となるきっかけは、明治4年に別府港が開港したことです。関西と結ぶ大阪開商社汽船の「益丸」が明治6(1873)年に就航、明治18(1885)年には宇和島航路が開通しました。そして、明治45(1912)年に大阪商船の紅丸1000tが隔日運行を始め、一大温泉保養地となって行ったのです。


 こうした時代を背景に竹瓦温泉は、明治12(1879)年に創設されました。当時は砂浜に半割の竹で屋根を葺いた小屋掛けだったらしく、「竹ん瓦ん湯」と呼ばれていました。


 入湯客の増加に伴い明治35(1901)年、大正2(1922)年に建て替えられ、今の建物は昭和13(1938)年の建築で、国の登録有形文化財に指定されています。


明治35年の建物

 ここは別府温泉のシンボルと呼ばれるだけに、敷地内に3本の自家源泉があります。男湯は「ナトリウム・カルシウム・マグネシウム塩化物・炭酸水素塩泉」、女湯は「ナトリウム炭酸水素塩泉」、砂湯は「ナトリウム・カルシウム・マグネシウム炭酸水素塩泉・塩化物泉」で、それぞれ泉質が異なるのです。



 朝夕の時間帯以外は観光で来られた方の入浴者が多いのですが、脱衣所のゴミ箱に受付で売られているタオルが使い捨てられているのを見ると、ちょっと悲しくなります。



 

【分析書データ】(男湯)ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-塩化物・炭酸水素塩泉、53.8℃、PH7.3、成分総量2516mg、微弱黄色・澄明・無味・微弱自然臭 21/3/9

(女湯)ナトリウム-炭酸水素塩泉、52.0℃、PH7.7、成分総量1294mg、無色・澄明・無味・微弱自然臭 H21.3.27

(砂湯)ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩・塩化物泉、52.5℃、PH8.1、成分総量1275mg、無色・澄明・無味・微弱自然臭 21/3/27


 

入浴料 0円

別府温泉 北浜温泉(テルマス)

Posted by 海心堂 on   0 



12-56/1095  
別府八湯温泉道 No.2

別府温泉 北浜温泉(テルマス)

 

♨プールの隣の塩湯はここの自家源泉です♨

 

平成31年3月9日訪問

 

 ここはそこそこのお値段で、内湯や屋外プールは循環・消毒なので、ある例外を除いて訪れる事はありません。例外とは4月の温泉まつりで無料開放された時です。けど、その際はかなり混雑するので、のんびりした気分にはなれないのです。

 今回は気分を変えて普通の日に尋ねてみて、かなり見直しました。

 屋外のプールは正式には「屋外健康浴」というそうで、飛び込みや遊泳は禁止されています。子供さんにはちょっと残念ですね。けど見晴らしがよく、人工海浜のスパビーチと別府タワーや別府湾、その先には高崎山が一望できます。南国植物のフェニックスが植えられているのもいいですね。



 内湯は高温浴は少し熱めで広々しています。うたせ湯が湯口となったミストサウナに続く細長い浴槽はぬるめです。



 露天風呂は市営給湯の引き湯が掛け流されて、「別府石」の壁面と階段状の滝、浴槽内は小石の研ぎ出しで、なかなかの凝り様です。



 白眉はプールの隣の塩湯で、ここの自家源泉で、成分総量1123mgは「塩湯」というには実力不足ですが、ほのかに温泉らしい香りがします。


 屋外エリアは水着着用の混浴ですが、この時期には湯から上がると水着がかなり冷たくなるのが残念でした。


 2階には見晴らしのいい展望休憩室があり、海風に吹かれていると「東洋のナポリ」気分に浸れます。


 

【分析書データ】(塩湯)ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉、49.5℃、PH8.7、成分総量1123㎎、無色・澄明・無味・無臭 21/3/5  メタケイ酸151

(内湯・露天)単純泉、58.5℃、PH6.9、成分総量727mg、無色・澄明・無味・無臭別府市温泉供給事業富士見線 H28.3.17  メタケイ酸151


 

入浴料 0円

別府鉄輪温泉 地獄原温泉

Posted by 海心堂 on   0 



12-55/1094  
別府八湯温泉道 No.45

別府鉄輪温泉 地獄原温泉

 

♨「美肌の湯」と呼んでよいもの♨

 

平成31年3月3日訪問

 

 その名も恐ろしき「地獄原温泉」ですが、かつてはこの辺りも高温の噴気が立ち上る地獄地帯だったのでしょう。貸間旅館の陽光荘の駐車場に「鉄輪地獄」があり、「湯煙が湧き立つその中央部に不動明王を祀り、あたかも地獄の入り口のような演出が施されていた。地獄の他にも温泉療養所なども建設され、湯治客で大変賑わっていた『フリー百科事典ウィキペディア』」そうです。

 お肌に優しい弱酸性で、天然の保湿成分のメタケイ酸を689.6mgも含むとなれば、「美肌の湯」と呼んでよいものです。



 北海道大学の阿岸名誉教授によれば、「きめの細かい美肌を作るには、皮膚表面の角質層に水分や脂を十分に保つことが大切で、特に皮脂細胞の角質化が促進されるとよいとされている。」としています。さらにカルシウムイオンとの相乗効果で、美肌に効果があるそうです。



 

【分析書データ】ナトリウム-塩化物泉、83.4℃、PH4.1、成分総量4535mg、無色・澄明・弱塩味・無臭 H21.3.10 市有渋の湯上泉源 メタケイ酸689.6

 

入浴料 100円

別府鉄輪温泉 温泉閣

Posted by 海心堂 on   0 


12-54/1093  
別府八湯温泉道 No.51

別府鉄輪温泉 温泉閣

 

♨元々は温泉山永福寺の宿坊だった♨

 

平成31年3月3日訪問

 

 2月に発売された「湯めぐりパスポートvol.1」を使ってこちらを訪問しました。冷たい雨の降る中ですが、2つ並んだ露天風呂の一つを使わせて頂きました。



 こちらの源泉は96.2℃の自噴泉で、湯を冷ますために加水されているため、鉄輪らしい塩味やダシ味は感じられませんでした。メタケイ酸の193mgは鉄輪では珍しく少ないなぁという印象です。



 こちらは鎌倉時代に時宗開祖の一遍上人が開いた温泉山永福寺の境内にありますが、元々は寺の宿坊だったそうです。

 一遍は念仏で鉄輪の地獄地帯を鎮め、湯治場としての鉄輪温泉を拓いた言われます。それは、一遍が「蒸し湯」の効用を知っており、とても入浴できない地獄を蒸し湯として使う事を勧めたという事なのです。永福寺の地名は「風呂本」で、「風呂」というのは本来、蒸し湯を表わす言葉なのです。

 

【分析書データ】ナトリウム-塩化物泉、96.2℃、PH5.2、成分総量3701mg、無色・澄明・弱塩味・無臭 H16.11.26 メタケイ酸193

 

入浴料 250円(湯めぐりパスポート半額)

該当の記事は見つかりませんでした。