海心堂の温泉逍遥

日本一のおんせん県おおいた(別府八湯温泉道、奥豊後温泉文化伝)を中心に、九州の温泉(九州温泉道)の入湯記録

久留米温泉 天然の湯 あおき温泉

Posted by 海心堂 on   0 


3-41/288 
九州温泉道NO.5 福岡県

久留米温泉 天然の湯 あおき温泉

 

♨ほのかな硫黄香と強烈なツルツル感♨

 

令和元年5月28日訪問

 

 久留米に赴任して初めて、地元の温泉を訪ねました。勤務先からは車で10分ほどの城島町上青木、麦秋の田園地帯の真っただ中にぽつんとここがあります。



 以前、休日の日中に訪ねたら駐車場の空きがないほどの大盛況だったのですが、この日はそこそこ程度の込み具合でした。が、サウナから出てこられたご老人の話声の大きい事、しかも延々と話し続けられるのに辟易してしまいました。

 湯は源泉温度65℃の食塩泉を熱交換器で適温まで冷まし、内湯の小浴槽に注ぎ込まれています。ほのかな硫黄香と強烈なツルツル感があり、このツルツル感は露天風呂が最も強く感じられました。この日は塩分が弱いように感じましたが、この場所にこれだけの名湯があることが驚きです。



 

【分析書データ】含硫黄-ナトリウム-塩化物泉、65.0℃、PH8.4、成分総量1570mg、200L/min

 

入浴料 500円

別府温泉 梅園温泉

Posted by 海心堂 on   0 


/1104  
別府八湯温泉道 No.14

別府温泉 梅園温泉

 

♨有志の熱い熱意と温泉愛好家の募金により再建♨

 

令和元年5月18日訪問

 

 この日の最後は昨年12月に2年半ぶりに再開場したこちらです。2016年4月の熊本地震で浴舎が傾き、隣の家にもたれかかったため、敢え無く取り壊されてしまいました。温泉組合は組合員の減少と高齢化のため再建を断念しましたが、有志の熱い熱意と温泉愛好家の募金により、ついに再建できたのです。

 2年半の間に入口の建物が取り壊されて駐車場となったため、かつての秘湯感はすっかり薄れてしまいましたが、源泉は以前のままです。足湯も作られて、町中で一休みできる場ともなっています。




 湯は重曹泉系の単純泉で、小さめの湯船にもったいないほどの量が掛け流されています。かすかに金気があるのが、かつての別府の湯らしく、今では貴重なものとなっています。

 


【分析書データ】単純泉、46.3℃、PH7.4、成分総量914mg、微弱黄色・澄明・弱金気味・殆ど無臭 H30.11.16 メタケイ酸213 鉄Ⅱ1.0

 

入浴料 200円

別府温泉 べっぷ野上本館

Posted by 海心堂 on   0 


12-60/1103  
別府八湯温泉道 No.33

別府温泉 べっぷ野上本館

 

♨今はなき別大電車を思い出します♨

令和元年5月18日訪問

 

 ここへ来ると今はなき別大電車を思い出します。別大電車は1900(明治33)年に九州初、全国5番目の電気鉄道として開業しました。1972(昭和47)年に別大国道の混雑緩和のため、大分県の要請により廃止となりました。大分駅前と亀川駅前を結ぶ総延長18.4kmの路線で、大分駅前に高崎山のお猿が「ただいま〇〇匹」と掲示されていました。今も残っていれば江ノ電並の人気物であったかもしれず、残念でなりません。

 こちらの男湯の湯滝として、別大電車の敷石が使われています。何故か湯が流されていないのが残念ですが。




 湯は無色透明の重曹泉ですが、青いタイルを一層輝かせているように見えます。





 洗い場にかわいい石鹸置がありました。垂れた水が排出されるようになっていて、よい工夫だと思いました。

 


【分析書データ】ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉、55.8℃、PH7.2、成分総量1225㎎、無色・澄明・無味・無臭、H15.11.4

 

入浴料 0円(BE@BEPPU無料)


別府温泉 錦栄温泉

Posted by 海心堂 on   0 


12-59/1102  
別府八湯温泉道 No.15

別府温泉 錦栄温泉

 

♨「よごすまい ぶ作法すまい みなのお湯」♨

 

令和元年5月18日訪問

 

 こちらは別府市温泉供給事業の雲泉寺貯湯タンクからの引き湯ですが、これは堀田地区で湧水に噴気を当てて作った噴気造成泉です。噴気造成泉は温泉地の湧出量に加算されませんので、毎分87,000Lといわれる別府市の温泉湧出量の他に、かなりの量の造成泉が配湯されています。「給湯先は条例の規定により公共施設に限られ、公営浴場63か所及び保育所、学校、公立病院、福祉施設など23か所であり、一部を振興センターに家庭給湯用として分湯している。」との事で、配管の総延長は35kmにも及ぶそうです。



 さて、こちらは平日はお昼前後に清掃時間がありますが、土日は通しの営業になっている有り難い施設です。「よごすまい ぶ作法すまい みなのお湯」「別府湯どころ 湯でもつ都 ぶざまぶ作法 みせまいすまい」との標語は秀逸です。


 

【分析書データ】単純泉、65.8℃、PH8、成分総量819㎎(雲泉寺タンク)、H21.3.18

 

入浴料 100円


別府鉄輪温泉 みかゑり温泉

Posted by 海心堂 on   0 


12-59/1101  
別府八湯温泉道 No.43

別府鉄輪温泉 みかゑり温泉

 

♨温泉卵は結構レアなもの♨

 

令和元年5月1日訪問

 

 今年のGWは10連休とあって、あちこちで関西以東のナンバーを付けた車に出会います。そして、どこも混み合っているはずなので、こちらを尋ねました。

 ここに来るときは生タマゴを持参して、地獄蒸しタマゴを作ります。そういえば、龍谷大学の山田誠さんの研究によれば、「温泉卵(固ゆで)を作るのに適した80℃以上の温泉は、200ヶ所程度とそれほど多くはありません。さらに、温泉卵(半熟)を作るのに適した温度(70℃〜80℃)を持つ源泉となると、100ヶ所程度と、さらに少なくなります。」とあり、結構レアなものだと驚きました。

 別府八湯ではどこでも見かけるのですが、明礬の湯屋えびすの「黒タマゴ」、鉄輪のかまど地獄の「温泉ピータン」、塚原の火口乃泉の「むし卵」などは白身の表面に色が付いていて個性的です。また、明礬の照湯は3個¥100と格安です。



 ここの湯は食塩泉ですが、露天風呂の湯口が赤く変色しているのは、鉄分が含まれているからです。よく温まる湯で、夏には浴後の汗が止まらないのが玉に瑕です。

 

【分析書データ】ナトリウム-塩化物泉 82.0 PH=? 溶存物質計2833mg

 

入浴料 300円

長湯温泉 長生湯

Posted by 海心堂 on   0 


169
 奥豊後温泉文化伝 No.37

長湯 長生湯

 

♨洗い場の床には析出物は付いていません♨

 

平成31年4月29日訪問

 

 長湯温泉の竹田市営温泉のひとつで、芹川に面して立ち、目の前に長湯名物の「ガニ湯」があります。

 鄙には稀な建物は、建築家山口隆史氏の設計で、ドーム状の屋根や三角形の窓などお洒落なものです。

 浴室はほの暗く、高窓から差し込む光で湯面が照らされていました。

 湯は成分総量4.5gの重炭酸土類泉で、炭酸水素イオンが2141mgmも含まれています。暗い緑色の湯が大量に注がれ、贅沢なほどの掛け流しになっています。




 浴槽の側面は石灰華が付着して、ザラザラガサガサ状態になっていて、成分の濃さを物語っています。ただし、浴槽をオーバーフローした湯は側溝に流れ出し、洗い場に流れる事はないので、床には析出物は付いておらず、この工夫は好ましいものです。



 

【分析書データ】マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉、42.5℃、PH6.8、成分総量4492mg、炭酸水素イオン2141.8mg

 

入浴料 200円

長湯温泉 クアパーク長湯

Posted by 海心堂 on   0 


164/252
 その他の温泉 大分県竹田市直入町長湯3041-1

長湯温泉 クアパーク長湯

 

♨真っ白な塗り壁と白いテント地の屋根が印象的♨

 

平成31年4月29日訪問

 

 長湯温泉に新しい市営の温泉利用型療養施設「クアパーク長湯」が4/25にオープンしましたので、早速訪ねてみました。当初予定からは半年遅れてのオープンで、戸建て形式の宿泊棟14棟は6/2開業予定との事です。



 このクアハウスは、建築界のノーベル賞ともいわれるプリツカー賞受賞の坂茂氏の設計です。外観は四角形の木製の躯体に楕円形のお皿のような屋根を載せた2階建てです。入り口は屋根のあるオープンな構造で、緩やかなスロープが2階の脱衣所に続いています。



 脱衣所は塗装されたシナベニア張りで、簡素な印象です。浴室に入ると、真っ白な塗り壁と白いテント地の屋根が印象的です。左手がシャワーとカランの洗い場で、右手に内湯の大浴槽と、奥に窓のないオープンな(すだれが掛けられてますが)中浴槽が並んでいます。

 湯は長湯らしい濁り湯の重炭酸土類泉です。なんと源泉が5本もあり、目的によりブレンドして利用されているようです。この湯は石灰華が付着する性質なので、白い壁や屋根が染まってしまわないかが心配です。



 2階の脱衣所で水着に着替え階段を下ると、運動浴エリアです。屋内には楕円形の運動浴槽があり、そのまま屋外に進むと緩やかに蛇行する歩行浴槽に続くます。寝湯や露天風呂・ジャグジー・サウナもあり、喉の渇きをいやす飲泉場までありました。



 別棟のレストラン棟は円柱が立ち並ぶ直方体の建物で、竹田産の食材を使ったヘルシーな定食や丼物、肉の「山」と魚の「川」と名付けられたミニコース「彩」が味わえるとの事です。

 

【分析書データ】1号泉:ナトリウム・マグネシウムー炭酸水素塩泉、42.6℃、PH7.0、成分総計5015mg、無色・澄明・弱炭酸味・微弱金気味・殆ど無味 H30.11.1 C02 526

 

入浴料 500円

原鶴温泉 延命館

Posted by 海心堂 on   0 


163/251
 その他の温泉 福岡県朝倉市杷木志波15-2

原鶴温泉 延命館

 

♨アルカリ性・硫黄・炭酸の美肌成分が三拍子そろった名湯♨

 

平成31年4月27日訪問

 

 アルカリ性・硫黄・炭酸の美肌成分が三拍子そろった名湯で、九州温泉道の加盟施設だったのですが、なぜか脱退してしまいました。

 浴室は筑後川に面しており、小さめの露天風呂からは川面が眺められます。開放感のある浴室というのはなかなか難しいもので、外からも丸見えになるので、首から下までは目隠しが必要になり、湯中から眺めは望めません。

 弱アルカリ性硫黄単純泉の湯は40℃ほどの温めで、明瞭なツルツル感があります。鉄分も含まれているようで、浴槽は赤く染まっていました。



 二酸化炭素の泡付きがあり、小さめの露天風呂ではさらにそれが激しくなります。分析書では遊離二酸化炭素は3mg、鉄分は無しとなっていましたが、いささか納得がいきませんでした。



 湧出量は毎分220Lと十分で、無料の足湯もあります。以前、プールの在った中庭には家族風呂が建築中でした。

 

【分析書データ】単純温泉 45.6℃ pH8.0 成分総計590mg 220L/min、無色・澄明・硫黄臭・無味 H17.4.1

 

入浴料 500円

原鶴温泉 やぐるま荘

Posted by 海心堂 on   0 



3-41/288 
九州温泉道NO.181 福岡県

原鶴温泉 やぐるま荘

 

♨巨石を積んで作った岩風呂は迫力満点♨

 

平成31年4月27日訪問

 

 原鶴温泉での2湯目は、今年から加盟施設となったこちらです。これまでは原鶴からは「ビューホテル平成」の土類重曹泉だけだったので、原鶴らしい湯が選ばれたということでしょう。選定委員の推薦の言葉として、「これぞW美肌の湯!日本名湯百選の湯力に癒されよう。」とありました。

 建物はかなり老朽化していて、浴室までの廊下も薄暗く、脱衣所では清潔感が感じられません。鉄骨造りの温室のような大空間に、巨石を積んで作った岩風呂は迫力満点です。浴室の広さの割には浴槽は小さめで、真冬には寒く感じるのではないかと心配になりました。





 湯は46.7℃の単純泉は、毎分200Lの湯量があり、これで温度が維持できるのかもしれません。が、「W美肌の湯」といった湯力を感じることは出来ませんでした。



 

【分析書データ】単純泉、46.7℃、PH7.9、成分総量710mg、無色・澄明・無味・微硫化水素臭 H24.11.7 メタケイ酸56.9
 

入浴料 600円


原鶴温泉 光泉

Posted by 海心堂 on   0 


163/250
 その他の温泉 福岡県朝倉市杷木久喜宮1870-3

原鶴温泉 光泉

 

♨湯はヌルヌル感の強いアルカリ性単純泉♨

 

平成31年4月27日訪問

 

 「平成」から「令和」へ、10連休の初日は大分へ帰省の道すがら原鶴温泉に立ち寄りました。

 最初に訪れたのは温泉銭湯のこちらです。5m四方の浴槽が一つだけの簡素な施設ですが、湯はツルツル以上のヌルヌル感の強いアルカリ性単純泉です。さらに豊富な湯量で源泉が掛け流されているのが好感が持てます。カランの湯も源泉が使われており、いくら洗ってもタオルのヌルヌルが取れません。



 ただ、これだけシンプルな設備で¥500とはやや強気な感がありますが、温泉地の少ない福岡県においては相場なのかもしれません。



 大型連休中にもかかわらず人影はまばらで、昭和の香りを残す静かな温泉街では、夏には鵜飼いや花火大会で賑わう様です。

 

【分析書データ】弱アルカリ性単純泉

 

入浴料 500円

該当の記事は見つかりませんでした。