海心堂の温泉逍遥

日本一のおんせん県おおいた(別府八湯温泉道、奥豊後温泉文化伝)を中心に、九州の温泉(九州温泉道)の入湯記録

亀川温泉 亀陽泉

Posted by 海心堂 on   0 


/1122 
別府八湯温泉道 No.69

亀川温泉 亀陽泉

 

♨大分市はラクビー一色に染められています♨

 

令和元年9月22日訪問

 

 いよいよ「ラグビーワールドカップ日本大会2019」が開幕しました。準決勝2試合を含む5試合が行われる大分市は、ラクビー一色に染められています。



 商店街にはメイジェイが歌うユーミンの名曲「ノーサイド」がひっきりなしに流され、大分駅のコンコースには「バラの地球儀」が飾られています。駅南の「大分いこいの道広場」は「ファンゾーン」となり、約1000㎡の大型テント内に260インチの大型スクリーンを設置、定員534席でパブリックビューイングの会場となります。パルコ跡地の「祝祭の広場」には屋台街の準備が進み、ここも試合中はパブリックビューイングの会場となります。





 ユーミンの「ノーサイド」は、1984年1月の全国高校ラグビーの決勝、天理対大分舞鶴戦がモデルで、「長いリーグ戦しめくくるキックはゴールをそれた」は、後半ロスタイムにゴールを決めた舞鶴は、18-16の2点差に迫り、決まれば同点で両校優勝となるゴールキックが外れた場面として描かれています。

 

 さて、亀陽泉ですが、昭和初期には「千人風呂」と呼ばれるほどの大きさを誇ったのですが、数年前の建て替えで市営温泉となり、規模も大幅に縮小されました。無駄に広い玄関ロビーと狭小の休憩コーナー、脱衣所も浴室も残念なほどの狭さです。



 古文書によれば、「白亀塚の南一丁余を距ル或部分ノ土地、毎年栽培スル作物ノ早熟スルヲ奇トシ。明治二十七年ノ春里人ト謀リ試掘セシニ、果セル哉、霊泉湧出ノ箇所二口掘ス、諸人其一チ歳以前ノ旧記ノ虚ナラサルヲ驚駭欣喜シ吉辰ヲトシ、沐浴身ヲ清メ、香焚地ヲ潔メ、以テ茲ニ温泉場ヲ再其スルニ至ル、即チ今ノ亀陽泉是ナリ」とあります。この辺りは作物が早く育つので、里人が掘ってみたところ霊泉が湧き出したとの事で、面白い言われです。

 

【分析書データ】単純温泉、51.4℃、PH7.4、成分総量739㎎、無色・澄明・無味・無臭 H28.7.1 メタケイ酸193

 

入浴料 ¥210

玄竹温泉 鷹取の湯

Posted by 海心堂 on   0 


51-3/262
 その他の温泉 福岡県久留米市田主丸町森部106-3

玄竹温泉 鷹取の湯

 

♨福岡県一の高温度(63.6℃)の源泉♨

 

令和元年9月8日訪問

 

 耳納連山の山麓にある日帰り入浴施設です。



 掃除の行き届いた脱衣所を出ると、2漕の露天風呂が現れます。奥の浴槽に湯口があり、福岡県一の高温度(63.6℃)の源泉が注がれています。溶け込んだ成分はわずかでさっぱりとした泉質ですが、明確なツルツル感があるのが特徴です。手前の浴槽は奥からオーバーフローした湯で、ツルツル感はこちらでより強く感じられ、不感温度にまで冷まされているので、本を読んだりスマホでゲームをしたりと、のんびりとした空気が流れていました。



 地下1500mから湧き出る自噴源泉は、毎分260Lの湯量で不足はありません。この時期は源泉の供給量を絞っており、供給量の多い冬場の方が湯の特徴がより明確なのかもしれません。

 

【分析書データ】アルカリ性単純泉、63.6℃、PH?、成分総量350mg、260L/min、1600m掘削自噴

 

入浴料 ¥500


筑後川温泉 旅館ふくせんか

Posted by 海心堂 on   0 


3-45/294 
九州温泉道NO.161 福岡県

筑後川温泉 旅館ふくせんか

 

♨その日がどちらの浴室かを確認してから入浴される事をお勧めします♨

 

令和元年9月16日訪問

 

 原鶴温泉にほど近く影の薄い筑後川温泉ですが、筑後川の中州の旅館街には6軒の旅館と立ち寄り湯施設が軒を連ねています。開湯は1955(昭和30)年と比較的新しく、その時代に建てられた昭和の香りのする施設ばかりのようです。



 男女日替わりの大浴場に行くと、浴室内は薄暗くまったく川の眺望がありません。目の前に家族風呂を増設したため、こんな事になっているようです。この日の女湯は露天風呂付きで川が見通せたようです。



 「ミルキィの湯」とはなぜと思ったら、源泉は微細な泡とともに湧き出し、白く見えることからこう呼ぶのだそうです。この日の女湯大浴場の露天風呂ではその状態が体験できるそうです。ですから、その日がどちらの浴室かを確認してから入浴される事をお勧めします。

 

【分析書データ】アルカリ性単純硫黄泉、45.5℃、PH8.8、成分総量690mg、374L/min、無色・澄明・無味・微弱硫化水素臭 H30.1.22 メタケイ酸46,硫酸イオン1.8,チオ硫酸0.9

 

入浴料 ¥500

明礬温泉 鶴寿温泉

Posted by 海心堂 on   0 


/1121 
別府八湯温泉道 No.57

明礬温泉 鶴寿温泉

 

♨湯は明礬温泉の代名詞の無色・透明の酸性泉♨

 

令和元年9月14日訪問

 

 久留米からの帰省途中に立ち寄りました。

 途中でスーツケースを持った若い方がこられました。お話を伺うと、東京の会社に勤務していて、昨日は大阪出張だったので、今朝フェリーさんふらわぁで別府に着き、今日は一日明礬温泉を堪能する予定とか。

 別府国際観光港からバスで別府駅へ、そこからAPU行きのバスに乗り換えてここまで来たそうで、なかなか面倒なルートだなぁ。

 夕方には熊本に向かうそうで、久大線は2年前の熊本地震以来、不通区間があり、大分からバスで向かわざるを得ず、これも面倒なルートです。



 湯は明礬温泉の代名詞の無色・透明の酸性泉で硫黄の湯の花が沈殿しています。PH2.2は強酸性で、水素イオン6.4が影響しています。鉄分もⅡが7.4、Ⅲが1.0と緑礬泉の要素もありますが、それほど金気味は強くありません。



  この湯が無料で入れるのが別府の奥深さです。

 

【分析書データ】単純酸性泉、56.8℃、PH2.2、成分総量800mg、無色・澄明・中金気味・強酸性味 H31.3.12 メタケイ酸199 水素イオン6.4 鉄Ⅱ7.4 1.0

 

入浴料 無料(お布施)

大分市温泉 錦温泉

Posted by 海心堂 on   0 


51-3/262
 その他の温泉 大分市錦町2丁目315

大分市温泉 錦温泉

 

♨我が家から最も近い天然温泉の一つ♨

 

令和元年9月8日訪問

 

 今回の入湯で通算1,800湯に達しました。

 ここは我が家から最も近い天然温泉の一つで、徒歩15分といった所でしょうか。市街地の住宅街にある温泉銭湯で、創業60年の老舗です。




 浴室に入ると奥に3つ浴槽が並んでいます。左はぬる湯(40℃)で、真ん中が源泉掛け流しのあつ湯(43℃)、右は井戸水の水風呂です。




 ここの湯は泉温48.6℃の薄黄色のモール泉で、かすかな塩味、弱いモール臭があります。冷温交互浴がお勧めだそうで、夏には水風呂の爽快さがたまりません。

 湧出量が220L/minと余裕があり、冬場などは大量掛け流しで熱すぎるほどです。

 

【分析書データ】ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉、48.6℃、PH8.38、成分総量2220mg、220L/min、微黄褐色・澄明・微塩味・殆ど無臭  H19.11.7

 

入浴料 ¥380

別府温泉 トキハ別府店 足湯

Posted by 海心堂 on   0 


166/261
 その他の温泉 大分県別府市北浜2丁目9

別府温泉 トキハ別府店 足湯

 

♨「コト消費」を提案するデパートの足湯♨

 

令和元年9月8日訪問

 

 ふるさとのデパート「トキハ別府店」がついに賭けに出たようです。「ゆのまち百貨店」と銘打ち、大規模なリニューアルを実施、従来のデパートのイメージを一新するものとなっています。

 1階の大屋根のあるオープンスペース「ブルーテラス」はイベントスペースとして賑わいを生み出す空間になっています。また、「おんせん市場」やBEAMSとのコラボの「ベップニュースタンダート」は、大分土産や工芸品を展示販売しています。



 地下1階はフードホール「湯けむり横丁」として、別府冷麺の名店「六盛」ととり天発祥の「東洋軒」が出店、関アジ・関サバの海鮮丼の「佐賀関食堂」とともに郷土の味を発信しています。

  この階には天然温泉の足湯が設けられ、買い物途中に休憩したり、ゆったりと読書をしたりとくつろぎのスペースになりました。この湯は自家源泉のようで、以前からあったものを今回、有効活用したのでしょう。



 4階には「別府こどもあそびめぐり」と名付けられた室内遊具で遊べるコーナーが設けられました。

 最上階7階のレストラン街には、大衆演劇場の「ふらり劇場別府座」がオープン、昼夜2回の公演で多くのファンを集めています。



 ここは「買い物の場」から「体験の場」となり、「コト消費」を提案し、地元住民だけでなく、観光客にも親しまれる場所となった様です。

 

【分析書データ】ナトリウム-炭酸水素塩泉、30.0℃、PH6.6、成分総量1203mg 微弱黄色・微弱白濁・弱金気味・殆ど無臭 R1.93 メタケイ酸235mg

 

入浴料 無料

 


柴石温泉 長泉寺 薬師湯

Posted by 海心堂 on   0 


12-67/1120 
別府八湯温泉道 No.85

柴石温泉 長泉寺 薬師湯

 

♨国の名勝に指定されている間欠泉♨

 

令和元年9月1日訪問

 

 2湯目は龍巻地獄の湯に浸かれる長泉寺さんです。山号は「朱湯山」で、いかにも血の池地獄からの由来を感じさせます。



 龍巻地獄は国の名勝に指定されている間欠泉で、分析書が掲示されていないのですが、「酸性-ナトリウム-塩化物泉」で鉄分を含むようです。血の池地獄が硫酸塩泉ですから、恐らくこちらも同様でしょう。



 私が子供の頃は15分間隔で吹き上げていたのですが、今は45分間隔になっています。これは地中の湯だまりが徐々に大きくなり、湯がたまるのに時間がかかるようになったからです。その代りに一回の噴出量は増えているのだそうです。蓋が掛けられていて10mぐらいしか吹き上がりませんが、本来は50mも吹き上げる力があるらしく、蓋があるので興ざめの感があります。

 

【分析書データ】含食塩酸性泉、PH2.9、約101℃(噴気)、地下熱水150℃

 

入浴料 無料(お布施)

鉄輪温泉 かまど地獄 足湯

Posted by 海心堂 on   0 


12-66/1119 
別府八湯温泉道 No.176

鉄輪温泉 かまど地獄 足湯

 

♨塩化物泉の青湯は全国的にも珍しい♨

 

令和元年9月1日訪問

 

 今回は地獄めぐりの温泉池の湯2湯に入ってみようと思います。

 現在、別府地獄組合に加盟しているのが、海地獄・鬼石坊主地獄・かまど地獄・鬼山地獄・白池地獄・血の池地獄・龍巻地獄の7施設で、他に有料で公開されているのが本坊主地獄・山地獄・明礬地獄・紺屋地獄の4施設です。そのうち入浴できるのは、かまど・鬼山・龍巻・本坊主の4つです。鶴見地獄は道路から見ることができます。海地獄・血の池地獄は足湯が提供されていますが、全身でお湯を感じてみたいものです。



 かまど地獄は1丁目から6丁目まで6つの温泉池があり、1丁目は坊主地獄もどきの熱泥地獄、2丁目は鬼が仁王立ちしている噴気地獄、3丁目はコバルトブルーの美しい池、4丁目も熱泥地獄、5丁目はブルーグリーンの一番大きな池、6丁目は血の池地獄のような赤い熱泥地獄です。



 入浴できるのはコバルトブルーの3丁目の湯で、湯に溶け込んでいたケイ酸が徐々に凝固してシリカとなり、このシリカが青い光を反射するので、青く見えるのです。この塩化物泉の青湯は全国的にも珍しく、別府・由布院・熊本のはげの湯、和歌山の雲取など数えるほどしかありません。メタケイ酸が豊富なので美肌効果があり、ほのかな塩味と、独特の芳香があります。





 

【分析書データ】ナトリウム-塩化物泉、86.4℃、PH1.7、成分総量1583mg、弱白濁・弱混濁・弱塩味・弱自然臭 21/3/27

 

入浴料 400円

該当の記事は見つかりませんでした。