海心堂の温泉逍遥

日本一のおんせん県おおいた(別府八湯温泉道、奥豊後温泉文化伝)を中心に、九州の温泉(九州温泉道)の入湯記録

鉄輪温泉 熱の湯温泉

Posted by 海心堂 on   0 


12-71/1131 
別府八湯温泉道 No.39

鉄輪温泉 熱の湯温泉

 

♨40℃そこそこのぬるい湯だった♨

 

令和元年12月8日訪問

 

 建物の裏、鉄輪断層の崖下に旧熱の湯泉源跡が残されています。「熱」というからにはかなり熱い湯が湧いていたのだろうと思っていたら、さにあらず、40℃そこそこのぬるい湯だったそうです。その証拠にすぐ下にここの湯を引いていた洗濯場跡があり、旅館の女中さんがタオルやシーツを洗っていたそうです。熱湯で洗濯はできませんからね。そのぬるい湯が体の熱を冷やしてくれたから熱の湯というのだそうです。



 それにしても噴気立ち昇る地熱地帯の鉄輪に、そんなぬるい湯が湧いていたというのが不思議です。断層崖から湧き出す湧水があり、それが温泉と混じりあってぬるい湯になったのでしょうか。



 今使われている源泉は永福寺の境内の側にあります。成分総量4.5g超の食塩泉で、メタケイ酸は689.6mg、PH4.1の弱酸性です。まさに美肌の湯と呼ぶにふさわしい泉質です。

 

【分析書データ】ナトリウム-塩化物泉、83.4℃、PH4.1、成分総量4535mg、無色・澄明・弱塩味・無臭 H21.3.10 市有渋の湯上泉源 メタケイ酸689.6

 

入浴料 無料

海心堂

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。