/299 九州温泉道NO.147 福岡県

田主丸温泉 みのう山荘

 

♨湧出量250L/分の自噴泉♨

 

令和3年12月3日訪問

 

 5年半ぶりの再訪です。耳納連山の中腹で筑後平野を見下ろす抜群のロケーションを誇っています。施設のパンフレットには、「なにもない、贅沢。あるのは、地下1800mから噴き出る、熱も水も加えない源泉掛け流しの温泉。そして、筑後平野を一望できる、自然の豊かさ。そこにあるものを大切にした、小さな安らぎの空間。」とあります。



 すべてが繊細な気遣いで手入れされていて、その清潔感には感心します。湯はほとんどクセのない弱アルカリ性単純泉ですが、湯温の調整が適切で、やや熱めの内湯とややぬるめの露天が、適温で楽しめました。内湯ではヒノキの湯縁から洗い場に流れ出る湯の様子が、とてもきれいに思えました。



 パンフレットに掘削深度が1800mの自噴泉とありますが、聞いたこともないような深さをよくあきらめずに掘ったものだと、ここに温泉がほしいとの執念すら感じます。と思ったら別のサイトで、「実はオーナーの父は井戸や温泉の掘削事業を長年手掛け、温泉の神様とまで呼ばれた人」だそうで、標高800mの高台で温泉を掘削したのも頷けます。そして得られたのが、湧出量(この場合は湧出量で問題なし)250L/分の自噴泉という訳です。

 



【分析書データ】弱アルカリ性単純泉、50.2℃、Ph、成分総量683.5mg、

無色・澄明・無味・無臭 H23.2.21

 

入浴料 ¥850(今年7月より値上げ)
2021.12.08 Wed l その他の温泉(九州) l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿