13-25/1179 別府八湯温泉道 No.67

亀川温泉 四の湯温泉

      

♨急な気温の低下のためか、どちらもぬるめ♨

 

令和3年12月18日訪問

 

 次の訪れたのは亀川温泉のこちらです。小判型の浴槽は真ん中で仕切られていて、奥が熱湯で手前がぬる湯なのですが、急な気温の低下のためか、どちらもぬるめです。同浴のご老人はいくら浸かっても温まれないとご不満の様子で、近くの平田温泉に行ってみようと言い出す始末です。

 


 「四の湯」という名前は、12代景行天皇が熊襲征伐の道中に伊予の道後、摂津の有馬、紀伊の牟婁と共に四霊泉と賞賛されたことに由来します。この景行天皇は「広大なる哉、この郡は。よろしく碩田国(おおきた)と名づくべし」といわれ、「大分」という地名の名付け親なのです。そして、熊襲征伐の後、今の長湯温泉あたりの土蜘蛛を退治したりしています。そのために行宮を建立しますが、その場所が「宮処野(みやこの)」で、今は宮処野神社がお祭りされています。

 


【分析書データ】単純泉、45.0℃、PH7.7、成分総量691mg、無色・澄明・無味・無臭 H30.8.3 メタケイ酸180

 

入浴料 200円

2021.12.25 Sat l 別府八湯温泉道 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿