プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

じんわり温泉道 二酸化炭素泉

二酸化炭素泉
【この記事は勤務先の社内HPに投稿したものを転載しました。】
「じんわり温泉道」の第13回は「二酸化炭素泉」です。温泉水1㎏中に遊離炭酸1000mg以上を含むもの「二酸化炭素泉」といい、純粋な「二酸化炭素泉」は日本の温泉全体の0.6%しか存在せず、非常に珍しい泉質といえます。泉質名では「含二酸化炭素」と表現されますが、炭酸ガスが1kgの温泉に溶け込む量は、湯温40℃で約1,000mg、50℃で約900mgが飽和量ですから、40℃を超える「二酸化炭素泉」は理論的には存在せず、40℃以下のぬるめの湯となっています。

最初に紹介するのは、大分県竹田市の七里田温泉「下の湯」です。ここに初めて訪れたのは学生時代、サークルのキャンプの帰りでした。当時はまったく世間に知られておらず、地元民のみが利用する施設でした。時は流れて、今や全国的に知られるところとなっています。この日もオープン直後を狙って訪ねたにもかかわらず、常連客数人が開湯を待っており、さっそく6人で浸かると、いつも通りのすごい泡付きです。金気の強い湯は、この日38℃、こんなに温度が高いのに驚きましたが、これもオープン直後のためでしょうか。温泉談義に花を咲かせて、他の5人は2時間は浸かるそうですが、30分ほどで退散しました。

 
 次に紹介するのは同じく大分県竹田市の長湯温泉「ラムネ温泉館」です。ここはいつも混み合っている印象があって、つい足が遠のいてしまいますが、この日も駐車場はほぼ満杯です。屋外のラムネ湯は4~5人がのんびりと浸かっていましたが、後からやって来る客の中には「ぬるい」とすぐに出ていく人もいます。そうこうするうちに貸切となりました、日曜日にこんなこともあるのです。湯口付近に人が集まるので、慣れていない人は遠慮して遠い所に入ろうとするようです。途中、雨脚が強くなり、屋根代わりの布がたわんできましたが、広場のむこうの笹は青々と美しく、家族湯は2時間待ちの大盛況のようです。


最後は大分県九重町の筌の口温泉「山里の湯」です。建物は素朴な山小屋の佇まい、よくみれば久住登山道の元避難小屋「すがもり越え」の小屋守さんの経営です。浴室に入ると強烈な金気臭があり、炭酸臭はそれほどでもありません。浴槽は大小に仕切られ、小に源泉が注入されています。源泉からのパイプに綿袋をかぶせて湯中に沈めてあり、袋はガスでパンパンです。ゆっくりと透明で39℃湯につかると、たちまち体中に泡がつき、なるほど上質の炭酸泉です。大は35℃のぬるめで泡付きはありませんが、かすかに青みを帯びた美しい色をしている。七里田には及ばないものの、この湯温でこの泡付きは貴重です。


その他には、
 福岡県筑後市の船小屋温泉「船小屋鉱泉」、













 宮崎県高原町の「湯之元温泉」、













大分県竹田市の「赤川温泉」、













 大分市の「塚野鉱泉」、













臼杵市の鷺来ヶ迫温泉「俵屋旅館」が挙げられます。














テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント