プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

湯平温泉 砂湯温泉

 

2-49

九州温泉道

No.50

大分県

湯平温泉

砂湯温泉

 

渓流に張り出した鄙びた共同湯

 

平成25年10月14日訪問


写真は上流の橋から砂湯温泉の建物を望んだもので、急流の花合野川に隣接して建っている。川とは反対側に浴室があり、せせらぎを望めないのは惜しい。源泉は80℃を超える劇熱で、2m四方の小さな湯船に少量づつ注がれているが、この時の湯温は50℃近く、とても浸かれるものではなかった。大量に加水してようやく浸かれたが、なにか冷ます工夫がほしいものだ。

 


観光協会HP「湯平温泉の開祖は鎌倉時代と言われています。現在のような温泉街の骨格が出来上がったのが江戸後期で、今から約300年前に工藤三助という人が現在の石畳を作ったのがきっかけです。それ以来、湯治場としての発展をつづけ、大正から昭和初期にかけて、一時代を築き上げます。 別府につぐ豊後の名湯として、また飲用泉として西の横綱に番付されたのもこの頃です」

ナトリウム-塩化物泉、81.9℃(39℃)、PH8.4、

成分総量1882mg

\200


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント