プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

堀田温泉

 

8-4

660

別府八湯温泉道

No.127

堀田

堀田温泉

 

玉子スープ状の白い湯の花

 

平成27年6月7日訪問


本日の最後はここ、市営温泉で最も入浴者数が多いのが堀田温泉で、この日も駐車場に空きがないほどの盛況ぶりだ。

ここでは「芝居の湯」と「柴石温泉」に入れるお得なチケットを購入した。

この日の内湯は薄墨を思わせる濁り湯で、白い湯の花が乱舞していたが、なぜか硫黄香は感じられず、ひょっとして塩素消毒の影響だろうか。


露天風呂は吹き抜ける風が心地よいが、湯の花は舞ってはいなかった。外壁にツバメが巣をかけて、子育ての真っ最中、親鳥を呼ぶ小鳥の声が響き渡っていた。

 


大正4年発行『別府大観』より「別府中町元標より一里十丁、観海寺温泉場の西北約二十丁の処、鶴見嶽の東麓にあり。西南北の三面は囲むに岡巒を以てし、東方一面開けたり。谿間処に熱泉噴出す。上騰する白烟は濛々として濃霧の罩たるが如し。而して硫気鼻を衝く之を俗称して堀田の地獄と云ふ。浴場は石を以て周囲を畳み温泉一隅の地底より湧出す。泉質は単純硫黄泉にして白濁不透明臭気甚し。」

単純泉,65.8℃,PH6.3,成分総量1057mg
無色・少沈析物有・無味・微弱自然臭 H21.3.6 
堀田貯湯タンク・塩素系薬剤使用

\500

(三湯チケット)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント