プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

じんわり温泉道 炭酸水素塩泉

炭酸水素塩泉
【この記事は勤務先の社内HPに投稿したものを転載しました。】

「じんわり温泉道」の第14回は「炭酸水素塩泉」です。
 温泉水1㎏中の溶存物質量が1
,000mg以上あり、陰イオンの主成分が炭酸水素イオン(HCO3-)のものを「炭酸水素塩泉」といいます。そもそも温泉には3つの塩類泉があり、炭酸水素塩泉、塩化物泉と硫酸塩泉がそれに当たります。塩類泉の定義はとても難しくここでは省略しますが、炭酸が酸性でガス化したものが炭酸ガス(CO2)で、中性~アルカリ性でイオン化したものが炭酸水素イオンです。


 炭酸水素塩泉は旧泉質名では「重曹泉」と「重炭酸土類泉」に分類されており、よく「美肌の湯」「美人の湯」とよばれるのはツルツル感のある重曹泉を指すことが多く、佐賀県の嬉野温泉がその代表です。また、「重炭酸土類泉」は鉱物系ミネラルの溶けだした湯で、苦みやエグミのある濁り湯になることが一般的で、大分県の長湯温泉がその代表です。

 

最初に紹介するのは、鹿児島県姶良郡湧水町の吉松温泉「鶴丸温泉」です。ここのすぐ先は熊本県、となりの京町温泉は宮崎県で、3県にまたがるひとつの温泉地帯のようです。古びた建物を進むと、鮮やかなサギ(鶴丸温泉だから鶴かも)のタイル画の浴室、楕円2漕の浴槽には甘い香りの真っ黒の湯が湛えられています。泉質は純重曹泉で、モール泉と呼ぶこともありますが、その色の濃さは他では類を見ない深いものです。ツルツル感とコーラのような色、甘いモール香が素晴らしく、露天では腐食性の湯の花が多量に舞っています。


 



次に紹介するのは大分県竹田市の長湯温泉「長湯歴史温泉伝承館 万象の湯」です。斉藤雅樹著「続・大分の極上名湯」で「極上名湯」に選ばれたほどに成分の濃厚さは特筆すべきものがあり、浴槽は言う及ばず、浴室全体がコテコテの析出物に覆われています。とはいえ、高圧洗浄機で日々洗い上げた結果であり、清潔感があるのが好ましいですね。露天風呂は芹川越しに田園風景を望み、ややぬるめの湯をゆっくりと味わえます。「ぷくぷく風呂」と呼ぶ炭酸冷鉱泉では弱い泡付きがあり、鉄分とカルシウムが化合した褐色の浮遊物が、ふわふわと舞いおどる様が面白いですよ。



最後は熊本県人吉市の人吉温泉「華まき温泉」です。人吉の市街地から20分ほど山手の田園地帯のただ中にポツンとここがあります。淡い金色の湯は34.1℃の重曹泉で、37℃に加温されていながら、湯口近くではしっかりとした泡付きがあるのは驚きです。鉄分もかなりあり、浴槽は鉄錆色に染まっています。香りはほとんどなく、この泡は二酸化炭素由来ではなく窒素らしいのですが、それでこの泡付きはどういうことなのでしょう。PH8.36はツルツル感が強く、隠れた名湯です。







その他には、福岡県大川市の大川温泉「貴肌美人緑の湯」、

宮崎県都城市の「湯穴(つあな)温泉」、

大分県中津市の錦谷温泉「せせらぎの郷 華じ花」などが挙げられます。


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント