プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

柴石温泉 - 別府で一番ぬるい露天風呂

 

8-9

665

別府八湯温泉道

No.80

柴石

柴石温泉

 

色んな塩類の微妙なバランス

 

平成27年6月21日訪問


ここには80℃超の源泉を床下に流した蒸し湯があり、中に入るとまたたく間に汗が吹き出す。その後で体を冷やすための露天風呂があり、39℃ほどに調整されているが、別府で一番ぬるいお湯ではないだろうか。


塩化物・硫酸塩泉の湯はかすかな濁りがあり、味や香りはほとんど感じられないが、何とも複雑なものを持っているように思える。


菊池幽芳著の『別府温泉繁盛記』には、「芝石はわずかに二軒か三軒の温泉宿と一個の共同温泉、及び湯滝を有するほかには一軒の茶店もない山間の小温泉場である。しかし、ここの湯滝は別府各温泉場中の随一に位して、高さおよそ一丈ほどの温泉の滝が数条落ちているが、湯滝の前は急湍(たん)をなした清冽の渓水がさながら滝の如く流れ、湯滝の水はこれにそそぎ、前面の岩には枝振り面白き松が生えているので、すべてが絵のような景色である。(中略)自ら画中の人となって、湯滝を浴びる心持ちはほとんどたとえるものもない。」と記されている。



(内湯)単純泉、51.7℃、PH6.7、成分総量881mg、無色・澄明・殆ど無味・殆ど無臭 H21.2.12

(蒸し湯)ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉、80.1℃、PH7.0、成分総量1353㎎、弱黄褐色、微弱混濁、無味、殆ど無臭 H22.2.16

¥0
(
三湯チケット)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント