プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

温泉民宿 水分

 

101

その他の温泉

大分県

温泉民宿 水分

 

玖珠郡九重町野上3735-2

 

平成27年7月6日訪問


99℃の硫黄泉と聞き尋ねてみたが、露天風呂に掲示されているのは単純泉で、浴感としても硫黄の存在は感じられない。


露天風呂のすぐ横に源泉の噴気孔があり、「八郎地獄」との石碑が立っていた。どうやら、温泉として湧出しているのは、成分総量113mgの単純泉で、噴気を吹き込んで造成すれば硫黄泉になるようだ。

 


新聞報道によれば、この辺りに大規模な温泉施設が建設されるようで、整地された丘陵地に大量の噴気が立ち上り、トラックや重機が立ち働いていた。

2014.12.4朝日新聞「地熱を有効利用する大規模な温浴レジャー施設が九重町内に建設されることが決まり、事業主体の神戸物産(本社・兵庫県稲美町)と地元の九重町が2日、地域おこしと環境保護に関する協定書を締結した。掘削に成功した2本の温泉から噴出する熱水は毎分800リットル。今月中に工事を始め、来夏に営業を始める計画だ。神戸物産の沼田昭二CEO(最高経営責任者)によると、将来的にはさらに温泉を増やし、世界最大の約1万平方メートルの棚田式露天ぶろ「ホットラグーン大分」を開設してアジアなどからも観光客を誘致したいという。」

単純硫黄泉(詳細不明)

\300



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント