プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

武雄温泉 元湯

 

2-70

九州温泉道

No.11

佐賀県

武雄温泉

元湯

 

国指定重要文化財の楼門をくぐって行く温泉

 

平成26年7月20日訪問


自宅を出て2:45、最初の目的地のここに着いた。
早朝とあって比較的空いていたが、この季節はここの熱めの湯につかるのはちょっとという人も多いのかもしれない。


立派な梁の高い天井の造りで湯気抜きは万全、古くからの温泉場の実力だろう。
ここの楼門・新館は、佐賀出身の明治の大建築家:辰野金吾の設計で、先ごろ復元された東京駅も彼の設計だ。この東京駅のドームには十二支の内の8つのレリーフが飾られており、残りの4つの在処が話題となったが、それはここの楼門に飾られていたのである。

湯は循環・消毒で、ツルツル感がある。6:30~24:00の営業時間は地元で愛されているからだろうが、是非とも掛け流し浴槽の設置を望みたい。
別館の殿様湯は白黒の大理石が市松模様を描くモダンなもので、¥3800と破格のお値段だが順番待ちになるほどの人気らしい。

単純泉、49.6℃(あつ湯44.6℃、ぬる湯41.3)
PH8.57、成分総量521.9mg420L/min

¥400


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント