プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

湯平温泉 銀の湯 - 唯一の自家源泉はおとなしい湯

 

108

その他の温泉

大分県

湯平温泉

銀の湯

 

大分県由布市湯布院町湯平351番地7

 

平成26年8月29日訪問


2湯目は5か所の共同浴場で唯一、自家源泉が使われているここだ。


湯平温泉の開基は鎌倉時代と言われ、江戸時代後期に工藤三助が現在の石畳を作ったのがきっかけで発展を遂げた。昭和30年から40年代に最盛期を迎え、当時は大分ー湯平間を「大湯鉄道」が走り、駅前には客待ちのフォードのタクシーが列を成していた。ただ、そのころより湯量が減少し始め、昭和45年からは町営の集中管理方式で配湯されるようになっている。

ここの湯は成分総量600mgの単純泉で、無色透明のおとなしい湯だが、加水のためかツルツル感は感じられなかった。



アルカリ性単純温泉、56.8℃、PH8.8、

成分総量600mg 自家源泉

¥0

(入湯手形)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント