プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

霧島温泉 霧島新燃荘

 

2-86

九州温泉道

No.100

鹿児島県

霧島温泉

霧島新燃荘

 

 

 

平成26年9月22日訪問


お宿からえびの高原へ向かう上り坂の途中にあり、20分ほどの行程だ。途中、ようやく雨も上がり、丸尾の滝や桜島の山容を望むことができた。




前回は新燃岳の噴火で休業を余儀なくされており、ここの入湯は見送らざるを得なかったが、今回ようやくリベンジできた。ここは新燃山麓の標高920mにあり、秘湯ムードにあふれている。途中にも噴煙を上げるガレ場地帯があり、火山帯のパワーを感じることができる。

建物は谷川に沿って建てられ、上流の砂防ダムは硫黄成分で白く変色しており、濃厚硫黄泉への期待が高まる。


脱衣所の先に内湯があり、青白濁の湯が湛えられている。やや熱めの44℃、硫黄香に包まれて至福の気分だ。露天風呂は混浴だが、濁り湯のためあまり気にならない。足元から湧き出しているようで、浴槽のあちこちから泡が立ち上っている。


濃厚湯で硫化水素ガスの発生が多いため、15分以内の入浴を進める掲示があり、湯の濃さを存分に感じることができた。



単純硫黄泉(硫化水素型)、62.7℃、PH5.9、
成分総量1649mg、
微白色・微濁、無味・硫化水素臭 H20.9.17

¥100

(じゃらん割引券)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント