プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

暮らしの中の竹工芸展

 

別府市竹細工伝統産業会館で恒例の「くらしの中の竹工芸展」が開催されており、見学してきました。

第51回を迎えた今年の県知事賞は遠藤元さんで、受賞作「花籠『熱』」は、細いひごを繊細に組んだ大作だ。昨年の豪快な作品とは一線を画す作風で、変幻自在の彼の実力を余すことなく示していた。


別府竹製品卸商業組合理事長賞の北原遙さんは大分竹細工訓練支援センターの2年生で、2階の作業場で実作中だったのでお会いすることができた。スレンダーで物静かなお嬢さんで、青物を繊細に仕上げた感性に惹かれて、その場で購入を申し込んだ。


惜しくも入賞を逃した原野幹男さんは、昨年の別府竹製品協同組合理事長賞の受賞者で、小品ながら繊細な編みの「手付き籠」を出品しており、これも購入を申し込んだ。
 
今年は出品者や作品数が微増しており、今後の若手の活躍が期待されるが、「やたら編み」やオブジェ風の作品が目立ったようだ。作品名を記したプレートに値段が標記されていたのは、作品を「売る」という側面においてよい工夫だろう。

テーマ:大分県情報
ジャンル:地域情報

Comment

非公開コメント