プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

御前湯

 

 

奥豊後温泉文化伝

No.8

長湯

温泉療養文化館

御前湯

 

長湯温泉のシンボル!ドイツ文化薫る歴史的温泉館

 

平成27年1月24日訪問


大分学検定の参加賞を利用するためここを訪れた。

この日は一階が男湯で、ぬるめのお湯の印象がある長湯だが、大浴槽は44℃の熱めに調整されていた。いつもどおり、源泉の供給量は十分で、鮮度の良い湯が緑色に輝いていた。湯口付近でははっきりとした炭酸味が感じられ、「日本一の炭酸泉」の実力を示している。


長湯のもう一つの特徴が土類成分の析出物の造形だ。ここは良く手入れされていて、比較的析出物の少ない施設だが、それでも湯口や床は成分が付着して、赤褐色に変色、うろこ状の造形を見せている。

①マグネシウム・ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉、45.8℃、PH6.9、成分総量4817mg、炭酸水素イオン2337.1mg

②マグネシウム・ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉、29.7℃、PH7.3、成分総量2251mg、炭酸水素イオン1183.8mg

0円

(大分学検定参加賞)


テーマ:温泉
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント