プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

赤川温泉 赤川荘 - 青白濁、硫黄香の冷鉱泉

 

 

奥豊後温泉文化伝

No.12

久住

赤川温泉

赤川荘

 

冷泉と加温の2種類が楽しめる

久住の自然に囲まれた秘湯

 

平成27年10月10日訪問


今月から毎月9日、10日は「久住の日」で旧久住町内の立ち寄り温泉施設の入浴料が半額になる。早速、車を走らせここへ向かった。

この地域の呼称として「久住」、「九重」の2つがあるが、「九重」は火山群全体を指し、「久住」は主峰の久住山(1,787m)を指すのが一般的だ。ここが国立公園の指定を受ける際、呼称を巡って激しい論争が起こり、最終的に「阿蘇くじゅう国立公園」とひらがなで表記する事で決着した。


ここの源泉は炭酸泉であり硫黄泉でもある珍しいもので、しかも硫酸イオンを982.3mgも含む濃厚なもの、お宿の玄関を開けたとたんに硫黄香が感じられるほどだ。




浴室内に26℃の冷鉱泉の掛け流し浴槽があり、今回初めてこれに入浴したが、爽快感があり夏にはお勧めだ。ただ、2359.9mgの遊離炭酸を含んでいるにもかかわらず泡付きが無かったのはなぜだろうか。

含二酸化炭素・硫黄-カルシウム-硫酸塩冷鉱泉(硫黄泉)、26℃、PH5.3、
成分総量4259mg、120L/min(自然湧出)、
無色・澄明・弱炭酸味・微弱酸味・弱苦味・強硫化水素臭・ガス発生有 h22.7.28 
硫酸イオン982.3、遊離炭酸2395.9

¥350

(「久住の日」半額)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント