プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

別府明礬温泉 湯元屋旅館 - 泥が溶け込んだ強烈な酸性泉

 

8-66

724

別府八湯温泉道

No.104

明礬

湯元屋旅館

 

独特の芳香、強烈な個性の絶品湯

 

平成27年12月6日訪問


この日の最後は明礬の湯元屋旅館、別府八湯でもここにしかない珍しい泉質の湯だ。

ここの源泉は自然湧出で、湧出量が9.1/分と少なく、この日は内湯のみ利用可能のようだった。浴槽には蓋が掛けられて冷めるのを防いでおり、蓋を開けるといつになく泥味が強く、灰白濁した湯が現れた。この泥のような物は、分析書には表れないものなのだろう。PH1.9で強烈な酸味があり、塚原温泉の湯に泥を溶かし込んだ感じだ。ピリピリとする独特の浴感があり、強い殺菌力があるという。




明礬温泉で産する「湯の花」は、草津温泉をはじめとする硫黄を主成分とするものとは異なり、ここの湯に豊富に含まれている鉄とアルミニウムが主成分で、他にはない珍しいものだ。

酸性-アルミニウム-硫酸塩泉、76.6℃、PH1.9
成分総量2481㎎、
弱乳白色・微弱混濁・強酸味・殆ど無臭

¥400


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント