プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

別府温泉 永石温泉 - 弘法大師の伝説がその名の由来

 

8-78

737

別府八湯温泉道

No.6

別府

永石温泉

 

一夜で湧いた庶民の産湯

 

平成28年2月7日訪問


この日は別府市・大分市を会場に、第65回別大毎日マラソンが開催されていて、高崎山付近には選手、大会関係者やマスコミに加えて、別大ウォークを楽しむ多くの家族連れが繰り出していた。

ここも湯が熱いことで知られているが、デジタルな温度以上に厚く感じるのはなぜだろう。無色透明で癖のない湯だが、熱すぎてゆっくり味わうことができない。


「永石」の名の由来は諸説あるが、『伝説によれば、弘法大師が西国巡錫の際に、日照り続きのこの地を訪れ、一杯の水を所望したところ、老婆が水を恵んでくれた。その老婆に感謝し、空に投石をすると、落ちた場所より湯水が湧き出したことから「投石(なげいし)の湯」とよばれ、後に「永石の湯」となった』(「別府ふるさとガイド」)とある。

弘法大師が水を所望し、その礼に湯が湧いたとはちょっと矛盾してるよね。

単純泉、48.9℃、PH7.8、成分総量888㎎、
無色・澄明・殆ど無味・殆ど無臭 21/11/30

¥100


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント