プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

丹生温泉 和みの湯 - 「丹生」の地名の由来は

 

44-6

その他の温泉

大分県

丹生温泉

和みの湯

 

大分県大分市大字丹生1189

 

平成28年2月13日訪問


大分市丹生地区は鶴崎市街地から大野川を渡った対岸の河岸段丘の上にある。「丹生」という地名から、古代には水銀を産出していたものと想像され、近くの丹生神社由緒書には「往古白鳳時代の文武天皇二年(西暦六九八年)豊後國丹生郷より朝廷に朱沙を献上する」とある。また、近くの「丹生遺跡」は、昭和372月に旧石器が発見され、その後の発掘調査では「礫器剥片」が出土したそうだ。


この段丘上にはキャノンマテリアル大分工場があり、丹生温泉は工場進出時の地域おこしの一環として掘削・整備されたものだ。湯は化石海水を起源とする塩化物泉で、薄黄色の透明湯でかなり塩気が強く、浴後に湯冷めしにくい温まりの湯だ。



ナトリウム-塩化物泉、48.0℃、PH7.3、
成分総量5000mg、61L/min、
微弱黄色・澄明・弱塩味・弱金気味・微弱硫化水素臭

¥300


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント