プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

別府温泉 不老泉 - 記録に残る泉質の変化は

 

9-3

751

別府八湯温泉道

No.4

別府

不老泉

 

わずかにモール臭のある重曹系

 

平成28年2月28日訪問


平成26年8月に新築オープンしたここは、別府駅から徒歩圏内で、駐車場があり、新しく清潔で広々しているので、人気の施設となっている。

明治初めの文献には「硫黄、明礬気ヲ以テす」とあり、明治21年には「泉質ハ炭酸泉、性状ハ無色清澄ニシテ泉面ニ亜酸化鉄ノ薄膜ヲ浮ブ」と記されている。現在の泉質は単純泉で、150年ほどの間にずいぶんとおとなしいものに変わってきたようだ。


ここは新築ながら湯の出るカランはない(身障者、高齢者用のシャワー1基のみ)が、これは浴槽から湯を汲みだすことで湯の入れ替わりが起こり、浴槽を常に新鮮に保つためらしい。別府人は実に豪快に湯を汲みだすが、一説には一人50杯とも。洗面器一杯が2
とすると、100となり、この説の正しさが伺えるようだ。



単純泉,43.3℃,PH7.7,成分総量915mg
微弱黄色・澄明・殆ど無味・無臭 26/7/11
メタケイ酸200.0

¥100


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント