プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

別府明礬温泉 鶴寿温泉 - みどり荘の大寒桜が見ごろを迎えた

 

9-5

753

別府八湯温泉道

No.57

明礬

鶴寿温泉

 

新源泉は硫黄の花舞う白濁湯

 

平成28年3月6日訪問


この日は春らしい温かい日和で、明礬温泉もうららかな陽気となった。この陽気に誘われてか、入浴客が次々と訪れ、脱衣所が込み合うほどだ。



一昨年の年末に新源泉となり、酸性硫黄泉に変わっているが、掲示されている分析書は従来のままだ。微粒の湯の花が舞う湯は、おだやかな硫黄香で、口に含むとかなり酸味が強い。湯温もやや低くなり、季節によってはギリギリ加水が不要となっている。


浴後に岡本屋売店に向かうと、湯の花小屋の建て替えのための竹材が積まれていた。向かいのみどり荘の早咲きの「大寒桜(寒緋桜と早咲きの大島桜の雑種)」は、濃いめのピンクの花が恥ずかし気に風に揺れていた。市街地より寒さの厳しい明礬も、春の訪れは近そうだ。



酸性・含鉄(Ⅱ、Ⅲ)-硫酸塩泉、61.8℃、PH1.7
成分総量1583㎎、
弱白色・弱混濁・強塩味・弱鉄味・弱自然臭 21/3/6

¥100(お賽銭)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント