プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

別府堀田温泉 堀田温泉 - 明治期の堀田の記述

 

9-8

756

別府八湯温泉道

No.127

堀田

堀田温泉

 

山あいの里・堀田にある施設

 

平成28年3月13日訪問


堀田温泉は市営温泉では最も入浴客が多く、年間21万人(H24)で2位の浜脇温泉の19.5万人を引き離している。浜脇は地元の利用者が多いようだが、ここはわざわざやって来る入浴者が多いのではないだろうか。そのため、土日は混み合い洗い場の空きを待つ程だ。それと内湯の換気が不十分で、施設の老朽化に影響しないだろうかと気にかかる。


湯はかすかに硫黄香があり、湯の花が浮かんでいる。



堀田温泉は古くから噴気を高くあげる事で知られており、菊池幽芳の『別府温泉繁昌記』には「ここの温泉は単純の硫黄泉であるが、不思議な事には、地を掘れば到るところに地獄を湧出するにかかわらず、冷泉である。(中略)面白いのは地獄の火気をこれに通ずるとわけもなく温泉になってしまうことで、浴場にはちゃんとこの設備ができているのである。この点においてよほど変わった温泉たるを失わぬ」と噴気造成の事が記されている。この記述はとてもおもしろい。

単純泉,65.8℃,PH6.3,成分総量1057mg
無色・少沈析物有・無味・微弱自然臭 H21.3.6 
堀田貯湯タンク・塩素系薬剤使用

¥500

(湯巡りチケット)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント