プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

船小屋温泉 川の駅恋ぼたる - 析出物の存在感と独特な香り

 

263

九州温泉道

NO.140

福岡県

船小屋温泉

川の駅 恋ぼたる

 

茶褐色のかけ流しの温泉。
美肌作用の高い美人の湯。

 

平成28年5月28日訪問


次に訪れた船小屋温泉は炭酸泉として知られているが、ここは遊離二酸化炭素が890mgで、わすがに規定量を下回り、二酸化炭素泉とはいえないようだ。しかし、茶褐色の濁り湯はインパクト大で、特に露天風呂の鍾乳石を思わせる析出物の存在感には度肝をぬかれる思いだ。


それと独特のにおい、分析表ではアンモニアや臭素がわずかに含まれており、鉄さび臭と硫黄臭とが混じりあって、得も言われぬ香りを放っている。


成分総量6900mgの湯は配管のメンテナンスが問題となるが、ここでは源泉の配管と加温のための熱水の配管が別になっており、ときどき「アチチ」となってしまうので注意が必要だ。

「日本一の炭酸泉」を宣言しているのは大分県の長湯温泉だが、ここの湯は杵築市の「山香温泉風の郷」の湯に近いもののようだ。

マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉、33.8℃、Ph7.8、成分総量6900mg、黄白色・混濁・弱硫化水素臭・強金気味・弱渋味 H22.12.2

¥500



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント