プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

大分市大深度地熱温泉 丹生温泉 和みの湯 - 明るい黄色のモール泉で、成分総量5g超の強塩泉。

 

 

3-34

266

九州温泉道

NO.154

大分県

丹生温泉

和みの湯

 

明るい黄色のモール泉で、
成分総量5g超の強塩泉。

 

平成28年6月12日訪問


ここは今年4月から新たに対象施設となった。大分市有の温泉で、キャノン大分工場が進出する際に、地元の要望を受けて作られた施設で、運営を社会福祉法人大分市福祉会に委託している。

大野川左岸の河岸段丘上にあり、広い敷地に建つ浴舎には、男女別の内湯と露天風呂がある。46.7℃の明るい黄色のモール泉で、成分総量5g超の湯はかなりの強塩泉だ。



大分市観光協会のパンフレットより、「最新の研究によれば、大分平野で湧出する温泉のうち、高塩分型の温泉水に含まれる炭酸成分のほとんどが深部に起源を持つ二酸化炭素とされ、従来の解釈であった堆積層中にあった海水とは異なる起源水の存在が明らかになりました。その供給源としてはフィリピン海プレートの沈み込みによって生み出された熱水と指摘されています。(中略)兵庫県にある有馬温泉も同様のメカニズムとされ、このような温泉は有馬型温泉と言われています。



ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉、46.7℃、Ph7.3、成分総量5324mg、微弱黄色・澄明・弱塩味・微弱鉱物臭 H25.3.8 メタケイ酸168

¥300


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント