プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

大分市大深度地熱温泉 天然町温泉 - PH8.9の淡い琥珀色のモール泉

 

 

117

その他の温泉

大分県

天然町温泉

 

PH8.9の淡い琥珀色のモール泉

 

平成28年6月12日訪問


Facebook
で紹介されていて、ここの存在を知った。「天然町」とは珍しい地名だが、大分市観光協会のHPによれば、「約500年前、九州地方で初めて浄土真宗の教えを伝えた天然上人(天然浄祐14421506)のお墓の場所が、東明野の天然町となっており、この地は天然塚と呼ばれています。」とある。

国道197号線から仲西陸橋を渡って明野方面に向かうと、子供服の西松屋の裏手の高台にここが見えてくる。



湯はPH8.9の淡い琥珀色のモール泉で、かなりのツルツル感がある。ほのかなモール臭が感じられるが、これを分析書は「微弱硫化水素臭」としているが、腐食物の香りであろう。



浴槽がコンクリート打ちっぱなしのため、床がツルツルと滑ってやや危険な感があるが、足し引きのないいい湯だ。


現在の「明野」の地名は比較的新しく、戦後に入植者によって命名されたそうで、それ以前の地名が「大分郡明治村猪野」であったことから、明治の「明」と猪野の「野」を取って、名付けられたという事だ。

ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉、51.9℃、
PH8.9、成分総量1034mg 
弱黄褐色・微弱白濁・殆ど無味・微弱硫化水素臭・微弱鉱物臭 H26.10.30 メタケイ酸181

¥300


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント