プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

小田温泉 山しのぶ - 昭和50年開湯の新しい温泉地

 

119

158

その他の温泉

熊本県

小田温泉

山しのぶ

 

昭和50年開湯の新しい温泉地

 

平成28年6月19日訪問


この日の最後は小田温泉のここ、観光組合のHPによれば、「開湯は昭和50年(1975年)「民宿夢の湯」の初代館主中村忠氏が、何度も温泉が湧く夢をみた為、試しに掘ったところ本当に温泉が湧き出た。夢を見て掘った温泉ということから「夢の湯」と名づけ営業を始めたのが、小田温泉の由来と言われている。」と、比較的新しい温泉地のようだ。


木立の中のアプローチを進むとフロントがあり、その先に広々とした中庭が広がり、これを囲むように客室や温泉棟が配置されている。

湯は60℃の炭酸水素塩・塩化物泉で、やや青みのある透明湯で、メタケイ酸が175mg含まれている。


立ち寄り湯は男女別の内湯と露天風呂があるが、この日は内湯のみの案内で少しがっかり。それにしても黒川・由布院風のお宿ばかりで、雰囲気やスタッフの対応など快適なのだが、少し辟易してしまう。


この後、白川温泉藤もとに向かったが、立ち寄り湯は臨時休業の貼り紙、渓流沿いの露天風呂が呼び物なだけに、この雨では仕方ないと諦めた。

ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉、60.1℃、
PH6.4、成分総量1780mg、
微弱黄色・微混濁・塩・金気味・弱硫化水素臭 H18.8.9 メタケイ酸270.0 鉄Ⅱ3.4  硫酸イオン175.1

¥500


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント