プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

牧ノ戸温泉 九重観光ホテル - 「天涯の湯」は無色・透明の湯が掛け流し

 

58-2

165

その他の温泉

大分県

牧ノ戸温泉

九重観光ホテル

 

「天涯の湯」は無色・透明の湯が掛け流し

 

平成28年7月18日訪問


この日の最後は牧ノ戸温泉のここ、長者原温泉郷の最上部にあり、豊富な蒸気井を利用した自家用地熱発電所を持っており、毎時900kwを発電している。

広いフロントは薄暗く、外観からも建物が老朽化しているのを窺わせる。暗い廊下を進んだ先に「天涯の湯」があり、無色・透明の湯が掛け流されていた。分析書は昭和38年の日付となっており、成分総量81mgはかなり薄い湯と言わざるを得ない。それでも硫化水素臭でもあれば納得しようもあるが、全くの無臭で何の特徴もない。



フロントには「温泉マイスター」の認定書が掲示されており、温泉に関する専門知識をお持ちの事と推察できるので、ガス成分の遊離硫化水素の源泉の扱いを一考してほしいものだ。

単純硫化水素泉、64.0℃、PH4.42、

成分総量81.41mgS38.2.25

¥0

(温泉手形)

テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント