プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

別府明礬温泉 鶴寿泉 - ぬるいとの噂の鶴寿泉は、ぬるくない

 

793

別府八湯温泉道

NO.57

明礬

鶴寿泉

 

ぬるいとの噂の鶴寿泉は、ぬるくない

 

平成28年8月6日訪問


この週末は温泉関連のイベントが目白押し。85(金)は温泉マイスター協会の設立一周年記念講演会と懇親会、86(土)は別府八湯検定と名人会の定期交流会(参加せず)、87(日)は小倉薬師温泉でお掃除プロジェクト(参加せず)といった具合だ。


「第6回別府八湯検定」の終了後、湯温の低下で6/1より休業していた鶴寿泉が、8/1から再開したとの報で、しかも夏向きな38℃位の湯温とかで、早速訪ねてみた。


下に以前の分析書データを掲載したが、これに比べれば42℃の湯温は低いが、この時期に決してぬるいという訳ではなかった。薄く白濁した湯は微粒の湯の花が無数に舞っていて、その割にはさっぱりとした印象だ。


かつて明礬温泉には市営温泉が2つあり、硫黄泉の「地蔵泉」と酸性泉のここがその個性を競っていた。地蔵泉は湯温の低下で閉鎖されたままで、今鶴寿泉も存続の危機を迎えている。別府市には将来を見据えた抜本的対策を講じてもらいたいものだ。

酸性・含鉄(Ⅱ、Ⅲ)-硫酸塩泉、61.8℃、PH1.7
成分総量1583㎎、
弱白色・弱混濁・強塩味・弱鉄味・弱自然臭 21/3/6

¥100

(お賽銭)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント