プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

天野川温泉 天然温泉 天の川 - 市街地のスーパー銭湯の本物食塩泉

 

15-2

168

その他の温泉

大分県

天の川温泉

天然温泉 天の川

 

市街地のスーパー銭湯の本物食塩泉

 

平成28年8月15日訪問


立秋を過ぎたとはいえ連日の猛暑、しかも梅雨明け以来一滴の雨も降らない日々が続いている。この陽気に別府のアチチ湯は辛く、大分市内の施設を訪ねることにした。


最初は南大分地区にあるここ、朝9:00から夜中の2:00までの長時間営業のいわゆるスーパー銭湯だが、湯は本物だ。2本の源泉を持ち、いずれも成分が12g超の食塩泉で、鉄分もかなり含有している。遊離二酸化炭素が1号泉は450mg、2号泉は600mgあり、重炭酸土類泉といえるだろう。ただし、湯口でも炭酸味が感じられることはない。


大分市の大深度地熱温泉には3つのタイプがあり、ひとつは黒褐色でツルツル感のあるのモール泉、ひとつは透明で癖のないモール泉、もう一つが土類性の強塩泉だ。ここは数キロ離れた賀来地区のキャセイホテルの湯を彷彿とさせる強塩泉で、寒い時期には湯冷めしにくい湯だ。

1号泉:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉、54.0℃、
PH6.8、成分総量12428mg、
微弱黄褐色・微弱白濁・中塩味・弱金気味・微弱炭酸味・弱鉱物臭、45L/min 22.7.26
メタケイ酸229 遊離二酸化炭素453 Fe2.7

2号泉:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉、52.5℃、
PH6.8、成分総量12807mg、無色・澄明・強塩味・中炭酸味・中炭酸味・中金気味・殆ど無臭、44L/min 22.7.26
メタケイ酸224 遊離二酸化炭素601 Fe4.9 

¥400



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント