プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

筌の口温泉 旅館新清館 - 大分県内屈指の黄金色の大露天風呂

 

272

九州温泉道

NO.60

大分県

筌の口温泉

旅館新清館

 

大分県内屈指の黄金色の大露天風呂

 

平成28年9月9日訪問


この日の3湯目は大分県内屈指の露天風呂のここ。木漏れ日の差し込む雑木林の中を進むと、素朴な東屋風の脱衣所があり、黄金色の湯を湛えた大露天風呂が広がっている。奥の湯口からは炭酸成分を含んだ源泉が大量に注ぎ込まれている。ここは自噴泉だそうで、これだけの湯が自然に湧き出しているとは、実に素晴らしい。





ここ筌ノ口温泉は、明治中期に大分牧場の創設、千町無田の開拓、硫黄山の採掘などにより大いに賑わったという。川端康成は1952年(昭和27年)10月に小野屋旅館に宿泊して、小説「波千鳥」の構想を練ったが、2003年に廃業し今や新清館が一軒宿となっている。また、ここの湯、隣の共同浴場、少し離れた山里の湯はいずれも名湯だ。

ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉、
48.8℃、PH6.6、成分総量3559mg、
無色・澄明・弱金気味・微弱金気臭 H9.3.9 
遊離炭酸750、炭酸水素イオン1249

0円
(九重九湯の日)



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント