プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

長湯温泉 山の湯かずよ - 源泉を冷ます工夫とは?

 

4-20

139

奥豊後温泉文化伝

NO.25

長湯

山の湯 かずよ

 

源泉を冷ます工夫とは?

 

平成28年10月29訪問


この日の一湯目は名湯の誉れ高いこちらの旅館。ところが、浴室に入ってみてびっくり、何やら異様な光景が広がっていた。

浴室の一番奥、露天風呂に面した大きなガラス窓に、温泉成分が付着して外が見えなくなっていた。天井近くに設置された湯口から勢いよく源泉が放出され、それを板のようなもので受けて、しぶきが飛び散るような仕組みになっていた。


ここの源泉は52℃あり、自噴で湧出量も豊富という恵まれたものだが、なんとか冷ましてたっぷりと浴槽に注ぎたいための工夫と見た。


石灰華の付きやすい源泉を、メンテナンスの手間を軽減して利用したい気持ちはわかるが、これでは炭酸成分が飛んでしまうし、なにより美観的に問題があろう。こうすればいいというアイデアを持ち合わせていないのが情けないのだけれど、何とかしてほしいものだ。

マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉、52.1℃、PH7.0、成分総量5927mg、
無色・澄明・炭酸味・殆ど無臭 22/6/22

¥500



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント